TOP > グルメ > ふわふわティラミスクリームにあまおう♡ 毎年人気のいちごスイーツが今年も登場(うきは市)

ふわふわティラミスクリームにあまおう♡ 毎年人気のいちごスイーツが今年も登場(うきは市)

2022.02.17

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。カフェ大好きなライター・ayu.latteです。

いちごの季節になると外せないのが、フルーツの里・うきは方面のカフェです。

今回ご紹介するのは、たくさんのカフェを巡っている私が何度もリピートしている大好きなお店です。

田園風景にぽつんとあるかわいらしいカフェ「jingoro(ジンゴロウ)」(うきは市)

うきは市内から少し山手に上がった場所にあるカフェ『jingoro(ジンゴロウ)』。

木造のおしゃれな外観から、ワクワクが止まりません。

jingoro外観

画像:ayu.latte

以前は駐車場が砂利だったのですが、アスファルトに貼り替えられていて、停めやすくなっていました。

jingoro看板

画像:ayu.latte

店内は、大きな窓から明るい光がたっぷりと差し込み、気持ちもなんだか明るくなります。

jingoro店内

画像:ayu.latte

去年とは少しレイアウトが変わっていました。ピアノ横の席もステキです。

jingoro店内

画像:ayu.latte

店内入って右手には、木工作家の山口和宏さんによる作品、カッティングボードなどの木の道具から、テーブル、椅子など大きな家具も販売されています。

オーダーの待ち時間にチェックするのも、とても楽しいですよ。

jingoro店内

画像:ayu.latte

待望のシーズン到来!「あまおう苺のティラミス」

この季節の『jingoro』といえば、看板スイーツの『あまおう苺のティラミス』(660円)が欠かせません。2022年も年明けから登場しました。

jingoroあまおう苺のティラミス

画像:ayu.latte

ふわふわのティラミスクリームの上に、うきは産のあまおうスライスがたっぷり。砕いたピスタチオの彩りもキレイ。

このビジュアルだけでも、おいしさが伝わってきます。

jingoroあまおう苺のティラミス

画像:ayu.latte

スプーンがすっと差し込めるほど柔らか。中には、紅茶しみしみのスポンジが隠れています♡

jingoroあまおう苺のティラミス

画像:ayu.latte

実は毎年少しずつマイナーチェンジを繰り返しているそうで、今年はいちごの甘酸っぱさを引き立てるハーブやスパイスを使っているとのこと。毎年食べている方なら、違いがきっと分かるはず……! わざわざでも食べに行きたくなる味わいです。

jingoroあまおう苺のティラミス

画像:ayu.latte

例年、提供は「あまおう苺の酸味が楽しめる時期」限定。お店のInstagramで確認してください。

ドリンクの一番お気に入りは…

ドリンクは、静岡県富士市の紅茶屋『teteria(テテリア)』の茶葉を使用した紅茶が揃っています。

私含め、友人たちの中でも大人気なのが『ラベンダーミルクティー』(660円)です。

jingoroラベンダーミルクティー

画像:ayu.latte

私は普段甘いドリンクは苦手で、砂糖やシロップを抜いてもらうことも多いのですが、このラベンダーミルクティーだけは別。デフォルトで少量の砂糖が使われているのですが、そのままで絶対飲みたくなるんです。

もちろん、砂糖が必要のない方には抜くことも選択可能ですので、オーダー時にお伝えくださいね。

このラベンダーミルクティーをはじめ、紅茶の茶葉(1パック1,080円)も販売されています。

jingoroで販売する「teteria」の茶葉

画像:ayu.latte

お店で飲んで、気に入って購入する方も多いそう。おいしい淹れ方も記載されているので、おうちで再現することもできますよ。

焼き菓子や定番もお忘れなく

焼き菓子も種類豊富に揃っています。

jingoro焼き菓子

画像:ayu.latte

テイクアウトはもちろん、お店でイートインもできますよ。

レモンケーキやサブレ、マフィンなど、いろいろあるので選ぶのも楽しいです。

jingoro焼き菓子

画像:ayu.latte

ほかにも、大人気の『チーズケーキ』(572円)や、

jingoroチーズケーキ

画像:jingoro

『クレームブリュレ』(730円)など、おいしいスイーツがたくさん。ドリンクは紅茶以外にも、コーヒー、レモンスカッシュなども揃います。

jingoroクレームブリュレ

画像:jingoro

福岡市内からは車で約1時間。ドライブがてら、立ち寄ってみませんか?(文/ayu.latte)

<店舗情報>
jingoro(ジンゴロウ)
住所:福岡県うきは市吉井町鷹取1557-3
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【2022年1月27日~3月6日福岡県にまん延防止等重点措置が適用されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は、感染防止に関する行政の対応やお店の営業内容などをご確認の上、感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte
※画像/jingoro

  #スイーツ をまとめてチェック!
#筑後周辺 #カフェ #グルメ 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選