TOP > グルメ > どこから見ても「あまおう」がぎっしり! 大人気いちごパフェが今年も登場(福岡市中央区西中洲)

どこから見ても「あまおう」がぎっしり! 大人気いちごパフェが今年も登場(福岡市中央区西中洲)

2022.02.06

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ 福岡のトレンド情報に敏感なcodeです。

今回は、福岡市中央区西中洲にある『Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ)』のランチといちごスイーツをご紹介します。

カジュアルにワインを楽しむならここ!おしゃれワインレストラン&バー「Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ)」(福岡市中央区西中洲)

地下鉄空港線「中州川端」駅から徒歩2分、天神中央公園の中にある『Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ)』。

“ワインの街”として知られるフランス・ボルドー市と姉妹都市である福岡市の交流30周年を記念して企画された、日本で唯一のボルドーワイン委員会(C.I.V.B)公認のワインレストラン&バーです。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) 外観

画像:code

つまり、福岡の食文化とボルドーのワインを一緒に楽しむことができるお店なんです。

店内からは、那珂川や外の景色を眺めながら食事をすることができます。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) 店内

画像:code

カジュアルな雰囲気なので、気軽に立ち寄ることができるのもうれしいです♪

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) 店内

画像:code

色鮮やかなワンプレートスタイルのランチ

ワインはもちろん、食事も人気。今回は、17時まで限定の「ランチメニュー」をご紹介します。

まずは『Sunday Curry(サンデーカレー)』(1,100円)。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) Sunday Curry(サンデーカレー)

画像:chippachapus

もともと『博多シーフード うお田』で日曜日のみ販売されていたカレーをボルドー風にアレンジしていることから『Sunday Curry』というそう。

『チキンカレー』と『グリーンカレー』の2種類があり、上の写真は『チキンカレー』です。

柔らかくなるまで煮込まれたチキンと季節野菜がごろっと入っていて具だくさん! スパイスの風味がクセになる絶品カレーでした。

2つ目は『バインミープレート』(968円)。別添えの「ナンプラーソース」を好みでかけながらいただきます。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) バインミープレート

画像:code

『バインミー』はベトナムの定番サンドイッチで、こちらのお店では野菜をメインとした具材がたっぷりサンドされています。

パクチーやバジルなどの香草が苦手な方は、あらかじめ抜いてもらうこともできますよ。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) バインミープレート

画像:code

パンには手作りレバーパテが塗ってあり、濃厚な味わい。ナッツやピクルス、鶏ハムなどもあり、一度にいろいろな味を楽しめました。

マヨネーズにハーブソースやマスタードなどを混ぜたソースがかかった『うふまよ』もついています。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) バインミープレートのうふまよ

画像:code

そして3つ目は『チリコンカンプレート』(1,210円)。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ)チリコンカンプレート

画像:code

人気店『パンストック』の『スペシャリテパン』と『十九世紀バケット』の2種類のパンと、少しピリ辛なチリコンカンが相性抜群。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ)チリコンカンプレート

画像:code

チリコンカンをはじめ、鶏ハム、オリーブ、うふまよなど、ワインのおつまみとしてもぴったりなものが詰まったワンプレートでした。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ)チリコンカンプレート

画像:code

中まで「あまおう」がぎっしり♡大人気のパフェが今年は一足早く登場!

昨年大好評だった『あまおういちごパフェ』(1,980円)が、今年も1月18日から登場しています(17時以降はチャージ料500円、ワンドリンク制)。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) あまおういちごパフェ

画像:code

グラスの中が見えないほどきれいに敷き詰められた『あまおう』に、食べる前からワクワクしました。

中は、上からマスカルポーネクリーム、チョコレートショップの博多ロッシェ、塩ミルクアイス、手作りシュトロイゼル、ピスタチオアイスという構成。

今年から「手作りシュトロイゼル」が加わり、さらにパワーアップしているそう♪

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) あまおういちごパフェ

画像:code

上にはお花の形のようにあまおうが盛り付けられています。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) あまおういちごパフェ

画像:code

あまおうを堪能したあとは、塩味のあるシュトロイゼルや濃厚なピスタチオアイスへと味変。

あまおうとアイスがメインなので、全体的にさっぱりしていて食べやすく、ぺろっと食べてしまうおいしさでした!

別添えの「ボルドー赤ワインの練乳ソース」は好きなタイミングでかけて食べてくださいね。甘いものが好きな方は、たっぷりかけるのがおすすめです。

Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ) あまおういちごパフェ

画像:code

『あまおういちごパフェ』は、5月頃までの期間限定です。今年は提供期間が長いので、ぜひゆっくり伺ってみてください♪(文/code)

<店舗情報>
■Au Bord d’Eau Fukuoka(オ・ボルドー・フクオカ)
住所:福岡市中央区西中洲6-8
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【2022年1月27日~3月6日福岡県にまん延防止等重点措置が適用されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は、感染防止に関する行政の対応やお店の営業内容などをご確認の上、感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

【参考・画像】
※文・画像/code

#スイーツ をまとめてチェック!
#天神 #グルメ #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選