TOP > グルメ > 具材ごろごろ♡クリームコロッケが合う! 糸島で見つけた本場北海道仕込みのスープカレー

具材ごろごろ♡クリームコロッケが合う! 糸島で見つけた本場北海道仕込みのスープカレー

2022.01.25

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。FBSアナウンサーの伊藤舞です。

カレー日記107回目は、ミュージシャン夫妻が手掛ける北海道スープカレー。

FBS福岡放送『めんたいワイド』の「火曜カレー部」で取材したお店を詳しく紹介していきます。

現役ミュージシャン夫妻のスープカレー&レコード店「SPACE SPICE(スペーススパイス)」(糸島市)

JR筑肥線「筑前前原」駅から歩いて5分ほどのところにある『SPACE SPICE(スペーススパイス)』。商店街の一角にある黄色い壁が目を引くお店です。

画像:伊藤舞

店内に入ると、半分はカウンターやテーブルの飲食スペースですが、もう半分にはレコードがぎっしり!

画像:伊藤舞

画像:伊藤舞

実はこのお店、スパイスカレー店兼レコード店なんです。見上げると天井にもびっしりとレコードが。

画像:伊藤舞

このレコードに囲まれた空間で、北海道仕込みのスープカレーをいただきます。

おすすめトッピングは「クリームコロッケ」!本場北海道仕込みのスープカレー

今回は、『Fried(エビフライ・イカフライ・カニクリームコロッケ)』(1,200円)をチョイス。

10段階から選べる辛さは、下から2番目の“Midiam”に。

画像:伊藤舞

ゴロゴロ野菜や大きなフライがたっぷり入っていて、とってもボリューミー。

ライスに添えてあるレモンは本場北海道の老舗店にならったもので、レモンを搾ったごはんとカレーを一緒に食べるととっても爽やかに。

画像:伊藤舞

たっぷりの玉ねぎを煮込んで作るスープは旨みたっぷり。ここにスパイスがしっかり効いて、食べるほどに体がポカポカしてくるんです。

そして、糸島のおいしい水もこだわりのひとつなんだそう。

ナス、にんじん、カボチャ、インゲンなど約8種類の素揚げした野菜はカレーとの相性抜群です。

画像:伊藤舞

具だくさんな『Fried』の中でもお店イチオシというのが、「カニクリームコロッケ」です。

画像:伊藤舞

サラサラスープカレーとクリーミーさが売りのクリームコロッケ。

あまりにも未知の組み合わせに、「いやいや……」とちょっと疑いつつ口に運ぶと……

画像:伊藤舞

それはそれは驚きの相性の良さ!

ピリ辛スープをコロッケの衣がしっかり吸い込んで、クリームコロッケ全体がトロトロ食感に。

そして口の中でマイルドなカニクリームが広がって、一気にやさしい味わいに変わっていくんです。

具材とトッピングで楽しみ方は無限大!

ほかにも『Vegetable』『Chiken』など、メインの具材は全部で4種類から選ぶことができ、さらにトッピングの組み合わせで何通りものスープカレーを楽しめます。

こちらは『Pork』(1,200円)に『トロピカルソーセージ』(250円)をトッピング。

画像:伊藤舞

シナモンや八角をたっぷり使った角煮が存在感抜群! 食べ応え十分なカレーです。

画像:伊藤舞

北海道の本場の味を福岡に!糸島に惚れ込んで北海道から移住

このお店を営むのは、ラッパーとして全国的に活躍しているELIASさんとソウルシンガーのKAYOさん夫妻。共に北海道出身です。

画像:伊藤舞

音楽活動で全国各地を回る中で、糸島という土地に惚れ込み、5年前に移住してきました。

北海道時代、多くのスープカレー店を食べ歩いてきたELIASさんは、おいしいお店に出会っては作り方を聞き込み、試行錯誤で自分のスープカレーを作り上げてきたそう。

画像:伊藤舞

スープカレーにあまり馴染みがない土地だからこそ、地域の人に知ってもらい、おいしく味わってもらうのがうれしいと話すお二人。

カレーができるまでの間、懐かしの曲のレコードを探したりと、カレー好きはもちろん、音楽好きも大満足できるお店です。(文/伊藤舞)

<店舗情報>
■SPACE SPICE(スペーススパイス)
住所:糸島市前原中央3-20‐7
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/伊藤舞
FBS福岡放送『めんたいワイド』(月曜~金曜 午後3時48分~)

#福岡のカレー をまとめてチェック!
#福岡周辺 #グルメ #めんたいワイド
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選