TOP > グルメ > ご飯セットでも850円! “リピーター続出”本格中華の「選べる麺ランチ」(福岡市西区小戸)

ご飯セットでも850円! “リピーター続出”本格中華の「選べる麺ランチ」(福岡市西区小戸)

2022.01.22

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramで『インスタグルメアワード』と福岡グルメ『ちひログ』を運営している、ゆるっとインスタグラマー・CHIHIROです。

福岡市西区で、リーズナブルに本格中華料理が食べられる『Asiankitchen餃子のHana87(ハナハナ)』。

今回は、以前からおいしいと評判だった『選べる麺のランチ』が、さらにパワーアップしたと聞きつけてお伺いしてきました。

福岡の有名ホテル出身のオーナーが作り出す!リーズナブルに楽しめる本格中華「Asiankitchen餃子のHana87(ハナハナ)」

地下鉄空港線「姪浜」駅から徒歩約13分のところにある『Asiankitchen餃子のHana87』。

駐車場も2台あり、『マリノアシティ福岡』からも車で約3分という好立地です。

今回は『マリノアシティ福岡』から徒歩で行ってみたのですが、約15分ほどで到着しました!

Asiankitchen餃子のHana87:外観

画像:CHIHIRO

以前伺ったときよりも、外観がパワーアップ。お店の前にはかわいいネオンの看板も設置されていました。

Asiankitchen餃子のHana87:看板

画像:CHIHIRO

店内には、カウンター席とテーブル席があり、一人でも複数人でも立ち寄りやすい雰囲気。

ご夫婦やカップル、女子会での利用も多いそうですよ。

Asiankitchen餃子のHana87:店内

画像:CHIHIRO

このお店で腕を振るっているのは、オーナーの尚 和輝さん。

福岡にある有名ホテルなどで中華を専門に腕を磨き、約4年前に『Asiankitchen餃子のHana87』をオープンしました。

Asiankitchen餃子のHana87:店主

画像:CHIHIRO

尚さんの作る中華料理は、醤油やラー油などもオリジナルで一から作り上げる本格派。

「より本格的な中華を手軽でリーズナブルに味わってほしい」と言います。

そんな『Asiankitchen餃子のHana87』で人気を集めているのは、坦々麺や酸辣湯麺(サンラータン麺)といった麺メニュー。

今回はさらに進化した、リーズナブルな麺ランチをご紹介します。

一度で二度おいしい「坦々麺」も!Hana87の麺がさらにパワーアップ

さまざまな本格中華が揃う中で、リピーターが一番注文するメニューがランチタイムに楽しめる『選べる麺のランチ』。

単品で注文するよりも断然お得なのです!

Asiankitchen餃子のHana87:料理全体図

画像:CHIHIRO

『選べる麺のランチ』は、全部で3種類。

Aセットは「お好きな麺と前菜3種盛り」(850円)、Bセットは「お好きな麺と白ごはん」(850円)、Cセットは「お好きな麺と餃子4個と白ごはん」(1,050円)。どれもリーズナブルな価格で楽しむことができます。

今回は『坦々麺』と『酸辣湯麺(サンラータン麺)』をいただきました。

坦々麺(単品750円)

看板メニューの『坦々麺』。

辛さ控えめで胡麻の風味が口いっぱいに広がります。胡麻のペーストからオリジナルで作られた、やさしい味わいがクセになる極上の一杯です。

Asiankitchen餃子のHana87:坦々麺

画像:CHIHIRO

麺を食べたあとは白ごはんを入れて雑炊風にして食べることもできるので、今回は〆まで楽しむためにCセット(餃子と白ごはん)を注文。

『チーズトッピング』(100円)や『激辛!殺しの坦々麺』(150円)というトッピングを追加できるので、今回は〆に白ごはんを投入するタイミングで『チーズトッピング』もお願いしました。

すると、目の前でチーズをバーナーで炙るという演出が!

Asiankitchen餃子のHana87:坦々麺(裏メニュー)

画像:CHIHIRO

スープのやさしい味わいと、チーズの濃厚で香ばしい味わいが相性抜群! “なんちゃって坦々チーズリゾット”の完成です!

Asiankitchen餃子のHana87:坦々麺(裏メニュー)

画像:CHIHIRO

バーナーで炙るのは、よほど忙しくない限りは対応してくださるそうなので、ぜひ裏メニューとして楽しんでみてくださいね!

酸辣湯麺(サンラータン麺)(単品800円)

糸島野菜をたっぷりと使用した『酸辣湯麺(サンラータン麺)』は、Aセット(前菜3種盛り)を注文しました。

野菜たっぷりの前菜がセットで850円というリーズナブルな価格もうれしい!

Asiankitchen餃子のHana87:酸辣湯麺(サンラータン麺)

画像:CHIHIRO

相性がいい胡椒の辛味とお酢の酸味を感じるとろみのあるスープがたまりません! 野菜の旨みもしっかりと感じられます。

麺もたっぷりと入っているので、お腹いっぱいになりますよ。

Asiankitchen餃子のHana87:酸辣湯麺(サンラータン麺)

画像:CHIHIRO

ちなみに『Asiankitchen餃子のHana87』では、オリジナルのスープにあわせて『製麺屋 慶史』のたまご麺を厳選して使用しています。

Asiankitchen餃子のHana87:麺の看板

画像:CHIHIRO

オリジナルのスープと麺が絡み合った極上の一杯に、幸福感を味わえること間違いなしですよ!

麺のほかにも、四川麻婆豆腐や糸島野菜の黒酢豚ランチ、エビチリランチなど、1,000円以内で食べることができるリーズナブルな本格中華が揃っているので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
■Asiankitchen餃子のHana87(はなはな)
住所:福岡市西区小戸4-3-39 プチポルト小戸
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#グルメ をまとめてチェック!
#福岡周辺 #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選