TOP > グルメ > あっという間に完食! “おつまみにも◎”クリスマスに子どもが喜ぶ「揚げ物」レシピ
ポテトフライ

あっという間に完食! “おつまみにも◎”クリスマスに子どもが喜ぶ「揚げ物」レシピ

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。旅好き料理家の中願寺あゆみです。

もうすぐクリスマスがやって来ますね。クリスマスの定番メニューといえば、ローストチキンやローストビーフですが、小さな子どもにはなかなか食べにくいもの。

子どもが集まるパーティーで、おいしく食べやすく人気のあるお肉料理は……チキンナゲットではないでしょうか!

しかも、リーズナブルというメリットも。また、手作りすることで安心して食べさせることもできます。

そこで今回は、クリスマスにもおすすめの「揚げ物レシピ」をご紹介します。子どもはもちろん、大人のおつまみにも◎です。

1:驚くほど簡単でおいしい!手作り「チキンナゲット」

子どももパクパク食べる手作りの「チキンナゲット」。ふわっと揚がった揚げたてをハフハフ言いながら、大人はビール片手に楽しみたい一品です。

チキンナゲット

画像:中願寺あゆみ

【材料】(20個分)
鶏むね肉・・・300g
卵(M)・・・1個
マヨネーズ・・・大さじ2
小麦粉・・・大さじ2
塩こしょう・・・適量
コンソメ・・・小さじ1

<作り方>

(1) 鶏むね肉は皮をとり、身の部分の半分はフードプロセッサーに、半分は包丁で縦横にざっくりと切り、たたいてミンチにする。

フードプロセッサーがなければ、頑張って全部たたいてミンチにするか、半量は市販の鶏むね肉のミンチを使用しても大丈夫です。

(2) (1)と残りの材料をボウルに入れ、よく混ぜる。

(3)フライパンに1センチほどの油を入れ、180度くらいになったら、スプーンを使うか、手のひらに油を塗り、成型してじっくり揚げる。

本当にあっという間になくなってしまう、おいしいナゲットです。鶏むね肉はたたいてミンチにすることで、食感に変化が出るのでぜひお試しください。

また、そのままでも食べられるしっかりとした味付けにしていますので、何かにディップして食べたい場合は少しコンソメの量を減らしたりするといいと思います。

冷凍もできるのでたくさん作ってお弁当のおかずにもおすすめ!

2:カリッと揚がった表面がたまらない「お店のようなポテトフライ」

長崎や鹿児島で秋に植えられたじゃがいもの「新じゃが」をちらほら青果店で見かけるようになりました。

私はかわいらしい小さな“小じゃが”が大好きで、見かけるとつい買って帰っちゃいます。

ポテトフライ

画像:中願寺あゆみ

香ばしく揚がった小さなじゃがいもは大人も子どもも大好き!

揚げじゃが

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
新じゃが(小)・・・15個
揚げ油・・・適量
塩・・・適量
ブラックペッパー・・・適量

<作り方>

(1)新じゃがをきれいに洗う。

(2)鍋に(1)を入れ、水から10~15分ゆでる。

(3)少し冷まして、手で一口大に割る。中が熱い場合はキッチンペーパーを使って割ってもOK。

潰しじゃが

画像:中願寺あゆみ

(4)フライパンにジャガイモが被るくらいの油を入れ、170°Cの油でじっくりと素揚げにする(中の水分を抜いていくイメージ)。

(5)こんがりとおいしそうな色になったら取り出し、塩とブラックペッパーをお好みで振って完成。

子どもが食べる分は塩分は少なく調整してくださいね。もちろんブラックペッパーなしでOKです。

塩こしょうはもちろん、コンソメパウダーを振ったり、ハーブソルトも良く合います。

小じゃがをつぶし断面を多くすることで、カリカリの面積が増えるのでおすすめです。クリスマスや人が集まるときには、豪快にステーキなんか焼いて、付け合わせにこのポテトフライなんかも良いですね。

今回は大人も子どもも大好きな「揚げ物レシピ」をご紹介しました。きっとみなさんにも気に入っていただけると思います!(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理 #グルメ

⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【注目新店も】福岡市早良区のグルメ情報

【コストコ通が厳選】コストコおすすめ商品
【北九州】わざわざ行きたい人気洋食店