TOP > グルメ > 待望の復活! “惜しまれつつ閉店”老舗ロシア料理店「ツンドラ」看板メニュー「ボルシチ」レトルトパウチ
ボルシチ

待望の復活! “惜しまれつつ閉店”老舗ロシア料理店「ツンドラ」看板メニュー「ボルシチ」レトルトパウチ

2021.11.21

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ある世代以上は、おぉ~と感動するに違いないニュースが飛び込んできました!

なんと、明太子の『ふくや』が“あの”ロシア料理店『ツンドラ』の名物メニュー「ボルシチ」のレトルトパウチの販売をスタートさせたんです!

さっそく、詳細をお知らせしますね。

惜しまれつつ閉店した福岡の老舗ロシア料理店「ツンドラ」

大名に店舗を構え、1960年の創業以来、家庭的な雰囲気で親しまれたロシア料理の老舗レストラン『ツンドラ』。若かりし頃に初デートで訪れた人、親子三代で通った人、昭和の銀幕スターやプロ野球選手などたくさんの人に愛され、思い出に溶け込み続いてきた名店です。

在りし日のツンドラ外観

画像:@Press

そんな『ツンドラ』は、今年2021年5月に惜しまれつつも61年の歴史の幕を下ろしました。閉店間際には連日行列ができ、SNSにはこれまでの感謝と閉店を惜しむ声があふれていたことも記憶に新しいです。

看板メニュー「ボルシチ」がレトルトで復活!

さまざまなメニューの中でも、1番人気だったのが『ボルシチ』。古くからロシアで愛好されている、お肉や野菜などをじっくり煮込んだスープ料理です。イートインはもちろん、レトロなパッケージがかわいい缶詰もお土産として愛されていました。

しかし閉店によって、「ボルシチ缶詰」の生産もストップ。「ツンドラのボルシチ」は記憶の中だけの味となってしまいました。10年以上の間「ボルシチ缶詰」を販売していた『ふくや』直営店にも、閉店を惜しむ声と、缶詰の再販を望む声が集まったのだそう。

そんな中、『ツンドラ』創業家の徳永さんがレトルトでボルシチを復活させようとしているらしいとの情報が『ふくや』に舞い込み、急な閉店でツンドラのボルシチを食べ損ねていた川原社長の強い後押しもあり、事態は急展開。閉店から半年足らずで、『ロシアンスープ ツンドラ ボルシチ レトルトパウチ』の復活と相成ったのです!

こちらがその『ロシアンスープ ツンドラ ボルシチ レトルトパウチ』(1人前250g、648円)。

ロシアンスープ ツンドラ ボルシチ

画像:@Press

ツンドラの看板メニュー『ボルシチ』は、牛骨や野菜などを煮込んだスープにトマトピューレを合わせ、根菜類、ビーツと肉を加えたもので、素材の味を生かしたやさしい味わい。その味をレトルトで再現しています。

レトロなパッケージも、缶詰の頃のイメージそのまま! 懐かしさ満点です。

2021年11月15日(月)から、『ふくや』直営店で販売中。11月26日(金)からは、『ふくや』のオンラインストアでの販売もスタートしますよ。

アレンジすればさらにおいしい!

深皿に盛って熱いうちに、上から大さじ一杯ほどの牛乳または生クリームやサワークリームをかけると、より一層おいしく味わえるそう!

ボルシチおじや

画像:@Press

また、鍋で温め、煮立てた中に冷やご飯を煮込み「カーシャ(ロシアがゆ)」として食べるのもおすすめだとか。具材ゴロゴロで食べ応えがあるし、忙しい日の食事に役立ちそうですね♡

おうちで気軽に本格的なロシアの味が楽しめますよ。『ツンドラ』に馴染みのある人たちへの手土産や贈り物にも喜ばれそう。きっと思い出話にも花が咲きますね。ぜひチェックしてみてください。(文/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。※出展:@Press(株式会社ふくや)

【参考・画像】
※@Press(株式会社ふくや

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#福岡県 #肉料理 #手土産 #お取り寄せ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ニューオープン】話題のスイーツが揃う店

【スイーツ動画】ふわふわショートケーキ
【太宰府の人気店】新作のモンブランパフェ