TOP > グルメ > いちご X スパイス!? 糸島のカフェ「cafe TANNAL」が作る人気のこだわりカレー【伊藤舞の福岡カレー日記#8】

いちご X スパイス!? 糸島のカフェ「cafe TANNAL」が作る人気のこだわりカレー【伊藤舞の福岡カレー日記#8】

2020.01.18

続々とカレー専門店がオープンし、カレー熱が高まり続けている福岡。 その福岡のあらゆるカレーを、私伊藤舞が、とんこっちゃん・ふじ子部長と二人三脚で調査しお届けしている 『土曜カレー部』。

FBS福岡放送『めんたいワイド』のきょうだい番組『めんたい×家族』(毎週土曜午後4時30分~)で放送されたお店を「ARNE」でご紹介していきます。

カレー日記8回目は、食べて驚き!糸島のいちごづくしのカレー。“いちご”にこだわる理由も教えていただきました。

糸島の「いちごづくし」カフェ

糸島半島の中心部にある『cafe TANNAL』。白い壁に赤いドアが目印のかわいらしいカフェは、平日でも開店と同時にいちご目当てのお客さんが続々とやってくる糸島の人気店です。

“ドリンクもスイーツも、いちごづくし!”というこのお店の、イチオシお食事メニューが『スパイシーチキンカレー』(1,080円)です。

『cafe TANNAL』いちごカレー

画像:伊藤舞

目の前に運ばれてきたお皿を見て「サラダにいちご!」と思いましたが、聞いてビックリ!

ルーの中にもいちごを使い、ほんのりピンク色のごはんはいちごと一緒に炊き、サラダのドレッシングやピクルスのマリネ液にもいちごを使用するというこだわりっぷり!まさにいちご三昧の一皿です。

スパイスカレーに「いちご」!?

「甘いの?辛いの?一体どうなの?」とおそるおそるカレーを口にすると……驚くほどに本格スパイスカレーの味わい!

『cafe TANNAL』いちごカレー

画像:伊藤舞

はじめはいちごの酸味を感じるものの、チキンのコクとスパイスの風味がしっかり効いていて食べるほどに辛さも増してきます。スパイスは10種類を使用、チキンは手羽元を使いじっくり煮込むことで、骨からもしっかりと旨みが出るそう。4時間煮込むと骨が外れ、身もホロホロの状態に、この食べやすさも女性にはうれしいポイントです。

いちごと一緒に炊き上げたごはんからは、ふわっといちごの爽やかな香りが感じられ、カレーとの相性も抜群!

いちごの“甘み”よりも“酸味”を生かした、本格スパイスカレーです。

ぜいたく使いの秘密は農園直営!

キッチンを見せていただくと、カレー鍋の中にはゴロゴロ入ったいちごの姿が!しかも『あまおう』です!!

『cafe TANNAL』いちごカレー

画像:伊藤舞

実はこのカフェは、糸島でいちごを育てる『磯本農園』の直営店。だからこそ“いちごのぜいたく使い”が出来るんです。カレーに入れるあまおうは、傷がついたり形が悪かったりするものの、味には全く問題がない規格外品。

農園直営のカフェならではの食事メニューにこだわった田中店長、“ごはん”と“いちご”の相性を追求し続けて、このカレーが生まれました。

『cafe TANNAL』いちごカレー

画像:伊藤舞

デザートも、もちろん「あまおう」

『cafe TANNAL』いちごカレー

画像:伊藤舞

カレーの後に絶対にオススメしたいのが『タンナルあまおうパフェ』(1,650円)。フレッシュなあまおうをふんだんに使い、12月~5月のあまおうの時期にだけ味わえる期間限定メニューです。

生クリームやアイスは甘さが控えめなので、このパフェではあまおうの“甘み”を存分に感じることができます。いちごの奥に隠れているジェラートは糸島の人気ジェラート店『ロイターマーケット』のもの。あまおうと一緒に食べると、いちごのジューシーさが2倍にも3倍にも感じられ、幸せな気分になること間違いナシです!

食事からデザートまで、“酸味+辛み+甘み”のいちごづくしのフルコースを、ぜひ堪能してみてください。(文/伊藤舞)

<店舗情報>

cafe TANNAL(カフェタンナル)
住所:糸島市志摩井田原85-4

詳細はこちら

 

【画像・参考】

・伊藤舞

FBS福岡放送『めんたい×家族』(毎週土曜午後4時30分~)

 

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。