TOP > グルメ > 福岡で味わえるのはココだけ! “営業は月に4回ほど”カップごと食べられる「エコプレッソ」が人気のきまぐれ喫茶(糸島市)

福岡で味わえるのはココだけ! “営業は月に4回ほど”カップごと食べられる「エコプレッソ」が人気のきまぐれ喫茶(糸島市)

2021.10.10

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。隠れ家カフェが大好きなライター・ayu.latteです。訪れたカフェは延べ1,100軒を超えました♡

今回ご紹介するのは、糸島にあるとってもかわいいお店です。福岡初の“あるもの”が話題になっていますよ!

いろんなお店が入る“長屋”に入居しているカフェ「ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ)」(糸島市二丈福井)

糸島市二丈福井の海のそばにある古民家シェアショップ『大入長屋(だいにゅうながや)』。

大入長屋(だいにゅうながや) 外観

画像:ayu.latte

モダンで静かな古民家に、楽しいこと好きなことが次々に集まり、違う分野のオーナーが“ルームシェア”しています。

大入長屋(だいにゅうながや) 外観

画像:ayu.latte

ヨガ、コーヒーショップ、アクセサリーショップなどいろいろなお店がある中、今回お邪魔したのは『ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ)』。

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 看板

画像:ayu.latte

オープンは月に4回ほどなので、事前にInstagramや電話で確認してから行くのがおすすめです。

入口となる玄関へ入ると、『大入長屋』の地図があります。

大入長屋(だいにゅうながや) 地図

画像:ayu.latte

『ENOPRESSO ITOSHIMA』が入る部屋は、日替わりで共有しているそう。ほかの日には、そば打ちが体験できるお店や、コーヒーショップが営業されていることもあります。

玄関から右手側のスペースへ進んだ先の部屋全体が『ENOPRESSO ITOSHIMA』の店内です!

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 店内

画像:ayu.latte

まるで親戚の家に遊びに来たかのような雰囲気で落ち着きますよ♡

福岡ではここだけ!大阪発祥の「エコプレッソ」が楽しめます

『ENOPRESSO ITOSHIMA』は、大阪の『R.J CAFE(アールジェイカフェ)』というお店で開発された『エコプレッソ』という“クッキーでできたカップ”が福岡で唯一味わえるお店。もちろん食べられるカップです♪

カップには「なんしようと」、「ITOSHIMA」、「しゃれとんしゃあ」、「ENOPRESSO」などかわいい文字が♡ 1個550円でカップだけの購入もできますよ。

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) クッキーカップ「エコプレッソ」

画像:ayu.latte

糸島に引っ越してきたオーナーは、子育てしながらでも、楽しく何かワクワクするようなことを仕事にしたい!と毎日考えていたそう。

「糸島にまだなくて、インパクトのある楽しいものは?」といろいろ考えているときに出会ったのが『エコプレッソ』!

調べてみると「全部食べられることが、エコにつながる」ということに衝撃と感銘を受け、楽しいことが起こりそう!とワクワクしたのだとか。すてきなオーナーです♡

また、身近なエコを海のキレイな糸島から発信していけたらいいなという想いから、2021年1月に『ENOPRESSO ITOSHIMA』をオープン。

オーナーの名前「えのき」さんと『エコプレッソ』を掛け合わせて『ENOPRESSO(エノプレッソ)』という店名にしたのだそうです。

カメラの準備はお忘れなく!とにかくかわいい「エコプレッソ」

『エコプレッソ』は、もちろんイートインもOK! イートインできるメニューは、全部で5種類あります。

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソ」イートインメニュー

画像:ayu.latte

基本は、クッキーカップにエスプレッソを注ぐ『エコプレッソ』(640円)。そのほか、かわいいこんもりミルクがのった『エコプレッソ ミルクのせ』(680円)、エスプレッソの代わりにホットミルクを注ぐ『エコプレッソ 抹茶ミルク味』(680円)と『エコプレッソ コーヒーミルク味』(680円)、小麦不使用・グルテンフリーのクッキーカップ『エコプレッソ グルテンフリー』(640円)など。

私が今回いただいたのは、『エコプレッソ アフォガート』(790円)!

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソアフォガード」

画像:ayu.latte

見てください! このかわいいビジュアル!!

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソアフォガード」

画像:ayu.latte

『エコプレッソ』の上に、バニラアイスがのせてあり、目や耳、鼻はチョコレートやクッキー♡ かわいい動物に見立ててあります。

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソアフォガード」

画像:ayu.latte

指でゆっくり持ち上げると、まるで本当にエスプレッソカップを持っているよう! ですが、クッキーなので気をつけてくださいね。

顔の部分は、先に食べてしまうのも良し、お皿に避難させてエスプレッソと楽しむのも良し! 好みで味わえます。

私は、別皿に避難させ、添えてあるエスプレッソをカップに注いでいただくことに。

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソアフォガード」

画像:ayu.latte

カップの内側には粉砂糖がアイシングしてあり、温かいエスプレッソがそれを少しずつ溶かしていきます。

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソアフォガード」

画像:ayu.latte

これだけでも十分おいしいのですが、別皿に避難させていたバニラアイスを入れるとクリーミーになり、ラテのような飲みやすさになりました!

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソアフォガード」

画像:ayu.latte

とってもかわいいドリンクの出来上がりです♪

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソアフォガード」

画像:ayu.latte

おかわりのエスプレッソ、追加のバニラアイスは150円で堪能できるので、ぜひ! ただ、あまり時間をかけるとクッキーが崩れてしまうのでご注意を。

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソアフォガード」

画像:ayu.latte

カップは、飲みながら食べても、飲み終わってから食べても◎。エスプレッソがいい感じに染みていて、たまらないおいしさです♡

ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ) 「エコプレッソアフォガード」

画像:ayu.latte

「身近にエコ活動ができる、エコプレッソが広がれば」とオーナー。飲んで、食べて、ワクワク体験ができるお店は、福岡県では『Enopresso(エノプレッソ)』だけ!

「また新しいワクワクを開発中です♡」とのことでした。お一人様もお子様連れも大歓迎のお店なので、ぜひ遊びに行ってみてください。(文/ayu.latte)

〈店舗情報〉
■ENOPRESSO ITOSHIMA(エノプレッソ イトシマ)
住所:福岡県糸島市二丈福井2850
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte

#糸島 をまとめてチェック!
#カフェ #コーヒー #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【糸島ニューオープン】絶景ツリーハウスカフェ

【薬院ニューオープン】高級フルーツパフェ
【コストコ】お弁当におすすめ商品3選