TOP > グルメ > 福岡市内から約1時間でタイに到着…!? “糸島にいるとは思えない”異国情緒あふれる本格タイ料理のお店

福岡市内から約1時間でタイに到着…!? “糸島にいるとは思えない”異国情緒あふれる本格タイ料理のお店

2021.10.13

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。糸島出身、糸島在住ライターのルミルミです。

なかなか海外旅行に行けない今、海外に行った気分になれるお店をご紹介します!

「え?ここはタイ…?」いきなり現れる国旗が目印!本格タイ料理のお店「Duangjan(ドゥワンチャン)」(糸島市二丈深江)

福岡市内から唐津方面に向かって、糸島の海岸沿いを走っていると見えるお店『Duangjan(ドゥワンチャン)』。タイの国旗が目印の本格タイ料理のお店です。

Duangjan(ドゥワンチャン) 外観

画像:ルミルミ

入口の置物からもタイの雰囲気が満載! 入る前からワクワク。期待が高まります。

Duangjan(ドゥワンチャン) 入口の置物

画像:ルミルミ

店内に入ると、タイの映像と音楽が流れていて、異国情緒漂う空間です。

Duangjan(ドゥワンチャン) 店内

画像:ルミルミ

人気なのは、テラス席! なんと、ビーチが目の前なんです。

Duangjan(ドゥワンチャン) テラス席

画像:ルミルミ

青い空、青い海、真正面には糸島の離島「姫島」を望むことができます。

タイ人シェフが作る本場タイ料理

席につくと、すぐに出てきたお水。タイの伝統柄が美しいアルミピッチャーとカップ。もうこれだけでもすてきっ!

Duangjan(ドゥワンチャン) お水のピッチャー

画像:ルミルミ

今回注文したのは『Duangian Lunch Set』(1人2,400円、2名~注文可)です。

まずは、前菜と特製生春巻き。

Duangjan(ドゥワンチャン) 前菜と生春巻き

画像:ルミルミ

鮮やかな見た目に最初から気分が高揚!

続いて、トムヤムクン。

Duangjan(ドゥワンチャン) トムヤムクン

画像:ルミルミ

結構な辛さにヒーヒー! 旨辛がクセになりそうです!

ちなみにスープは、トムヤムクンか、鶏ひき肉と豆腐の春雨スープから選べます。

こちらは、漬け込み鶏肉のタイスタイルグリル(ガイヤーン)。

Duangjan(ドゥワンチャン) ガイヤーン

画像:ルミルミ

タイ語で、ガイヤーンの「ガイ」は鶏肉、「ヤーン」は焼くという意味です。パリっと香ばしく、中はふわふわの鶏。特製のソースとの相性も抜群です。

さらに続きます。タイジャスミンライスとココナッツグリーンカレー。

Duangjan(ドゥワンチャン) グリーンカレー

画像:ルミルミ

ココナッツの風味が抜群です。辛さ控えめでとても食べやすかったですよ。

ココナッツグリーンカレーは、+100円で糸島グルメグランプリで優勝したこともある「ココナッツレッドカレー」に変更することもできます。

そしてデザートは、タピオカココナッツミルクと、マンゴーを使ったミニケーキの2種でした。

Duangjan(ドゥワンチャン) デザート

画像:ルミルミ

食後のドリンクは、コーヒーかチェンマイオーガニックジャスミンティーが選べますよ。私は後者をチョイスしました!

おうちでもタイ料理が楽しめる!

『ドゥワンチャン』でいただける料理は、テイクアウトのみならず、ネットショップでのお取り寄せも可能。真空パックに入っています。

おうちでも本格タイ料理が食べられるなんて、うれしいですよね!

Duangjan(ドゥワンチャン) シェフ

画像:Duangjan

海を見ながらタイ人シェフが作るおいしいスパイシーな料理を食べて、気分はまるでタイ旅行♪

福岡市内から1時間ほどで行けるので、海外旅行気分を味わいに、ぜひ足を運んでみてください。(文/ルミルミ)

〈店舗情報〉
■Duangjan(ドゥワンチャン)
住所:福岡県糸島市二丈深江2129-18

【参考・画像】
※文・画像/ルミルミ
※画像/Duangjan

#糸島 をまとめてチェック!
#グルメ #ランチ #ドライブ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【話題のスイーツ】夜パフェ専門店の「ケーキ缶」

【コスパ◎】人気カフェのワンプレートランチ
【糸島の人気店】本格タイ料理レストラン