TOP > グルメ > “テイクアウトOK”こだわりのカヌレが人気♡ 1人で利用しやすいカフェが北九州にニューオープン(小倉北区京町)

“テイクアウトOK”こだわりのカヌレが人気♡ 1人で利用しやすいカフェが北九州にニューオープン(小倉北区京町)

2021.08.19

【2021年7月29日~8月29日、福岡県全域に福岡コロナ警報/2021年8月2日~8月31日、北九州市・福岡市・久留米市・福岡地域(※)にまん延防止等重点措置が出されています】
⇒2021年8月20日~9月12日、緊急事態措置が実施されます。
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
“自粛疲れ”な毎日の息抜きに、 「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は「3密を回避」「手指の消毒」「マスクの着用」などの感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。
(※)福岡地域:筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川市、糟屋郡、朝倉郡

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、カフェ大好きなライター・ayu.latteです。

今回は、北九州市小倉北区に2021年8月8日にオープンしたかわいらしいカフェをご紹介します。

ロゴマークは「月」!小倉北区に誕生したカフェ「Lunadoraco(ルナドラコ)」(北九州市小倉北区京町)

北九州市小倉北区魚町の「ちゅうぎん通り」から少し入った場所にあるカフェ『Lunadoraco(ルナドラコ)』。

Lunadoraco(ルナドラコ)外観

画像:ayu.latte

お店の看板には小さな三日月のマーク。よく見ると、なんとなくドラゴンにも見えるような……。

Lunadoraco(ルナドラコ)看板

画像:ayu.latte

実は、オーナーはもう1つお店を経営していて、その店名が『朧(おぼろ)』。新店舗も、リンクする名前にしたいと考えていたのだそう。

「朧」を偏(へん)と旁(つくり)に分けると「月」と「龍」。それをラテン語にすると『Luna(月)+ doraco(龍)』となることから『Lunadoraco』と名付けたのだとか。

Lunadoraco(ルナドラコ) 月モチーフのインテリア

画像:ayu.latte

お店の中にも月に関する雑貨やインテリアがあるので、それを見つけてみるのも楽しいかも!

店内にはカウンター席から半個室席まで!

お店は幅が狭く、奥に長い造り。長いカウンター席があります。

Lunadoraco(ルナドラコ) 長いカウンター席

画像:ayu.latte

1人でも使いやすいカウンター席は重宝しますよね!

ほかにも、コーナースペースを活かしたかわいらしい2人掛けのテーブル席、

Lunadoraco(ルナドラコ) 2人掛けの席

画像:ayu.latte

4人掛けのテーブル席もあります。

Lunadoraco(ルナドラコ)4人掛けの席

画像:ayu.latte

さらに、カーテンで仕切られた半個室も!

Lunadoraco(ルナドラコ)半個室席

画像:ayu.latte

中はソファ席なので、周りを気にすることなく子連れでも利用しやすそうでした。

Lunadoraco(ルナドラコ)半個室席

画像:ayu.latte

また、半個室にある小窓が、たまらなくかわいいんです♡ 手書きで『Lunadoraco』という文字がセンスよく書かれています。

Lunadoraco(ルナドラコ)半個室席

画像:ayu.latte

こだわりの「カヌレ」と「もなか」!

こちらは『カヌレセット』(580円)。北九州には専門店が少ないカヌレですが、パティシエ協力のもと開発した、こだわりのカヌレだそう。

Lunadoraco(ルナドラコ)カヌレ

画像:ayu.latte

その日のカヌレから2種類選ぶことができるので、バニラと抹茶をチョイス。カヌレの種類は今後増えていく予定で、日替わりになるそうです。

抹茶のカヌレは、縦に割ると中にあんこが詰まっています! カヌレセットにはアイスクリームが付いているので、アイスと一緒に食べるのもおいしいですよ。

Lunadoraco(ルナドラコ)カヌレ

画像:ayu.latte

カヌレ(1個230円)は、テイクアウトも可能。数量限定で売り切れ次第終了ですが、インスタグラムのDMもしくはLINEで取り置きもできるそう(要予約)。

4個以上で、かわいい箱に入れてもらえます(箱代は別途かかります)。

Lunadoraco(ルナドラコ)カヌレ

画像:ayu.latte

こちらは、『もなかセット』(550円)。お皿に添えられたドライフラワーが、よりかわいらしさを演出しています♡

Lunadoraco(ルナドラコ)もなか

画像:ayu.latte

黒あんと白あんの2種類のセットで、白あんにはラズベリーとブラックベリーがサンドされていました。甘さと酸味のバランスが絶妙です。

Lunadoraco(ルナドラコ)もなか

画像:ayu.latte

もなかは、福岡県朝倉郡にある『もなか屋たねよし』の皮を使用。あんも、もなかに合うものを取り寄せているのだそう。こだわりがすごいですよね!

注文を受けてからあんを詰めるので、パリッとしたもなかの食感が楽しめます。

また、もなかにアイスを挟んだ『もなかアイス』(400円)もあり、こちらはテイクアウト可能です(テイクアウト390円)。

テイクアウトもできるドリンク

スイーツのセットには、+350円でドリンクを付けることもできます。

Lunadoraco(ルナドラコ)ドリンク

画像:ayu.latte

コーヒー、紅茶、オレンジジュースから選ぶことができますよ。

ほかに、単品メニューでレモネード、メロンソーダなども! 単品ドリンクは350~560円です。

Lunadoraco(ルナドラコ)ドリンク

画像:Lunadoraco

さらに、茶葉を八女で仕入れているという、抹茶ラテ、ほうじ茶ラテ、紅茶などのお茶類もあります。こだわりのお茶メニューも楽しみたいですね。

自分で仕上げる「かき氷」も!

冷たいスイーツとして『かき氷』もあり、いちご、抹茶、紅茶、レモンの4種類から選べます(各1,000円)。

かき氷は、いずれも自分で完成させるスタイルです。

こちらは、自家製のいちごシロップや練乳をたっぷりかけていただく「いちご」。

Lunadoraco(ルナドラコ)かき氷

画像:Lunadoraco

「抹茶」と「紅茶」は、かき氷のシロップではなく、八女のお茶を使用! 濃厚な味わいが楽しめそうです。

Lunadoraco(ルナドラコ)かき氷

画像:Lunadoraco

そして、レモンのかき氷は『Lunadoraco』オリジナルのレモネードシロップを使っている自信作だそうです。

小倉に誕生した『Lunadoraco(ルナドラコ)』。今の時期にうれしいテイクアウトできるメニューもあるので、気軽に立ち寄ってみてくださいね。(文/ayu.latte)

〈店舗情報〉
■Lunadoraco(ルナドラコ)
住所:福岡県北九州市小倉北区京町1-5-25
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte
※画像/Lunadoraco

#福岡のカフェ をまとめてチェック!
#スイーツ #テイクアウト #ニューオープン

⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【今だけアイス入り】カリッふわっメロンパン

【食べ比べ】コンビニ4社のマリトッツォ
【コストコ】お得感◎!2,000円以下のスイーツ