TOP > グルメ > デパ地下スイーツの味を自宅で再現!サックリしっとり絶品フィナンシェレシピ公開<アンリ・シャルパンティエ>

デパ地下スイーツの味を自宅で再現!サックリしっとり絶品フィナンシェレシピ公開<アンリ・シャルパンティエ>

2020.05.18

福岡にいる私たちにとっては、『アンリ・シャルパンティエ』といえば、「百貨店のスイーツ」「もらえるとすごく嬉しいスイーツ」ですよね。なんと!その『アンリ・シャルパンティエ』が、おうちで作れるレシピを公開。

少しでも充実したおうち時間を過ごしてほしいと特設ページ「#おうちでアンリ」をオープンしたというものです。第一弾として、フィナンシェとサブレのレシピを掲載しています。

アンリの看板商品「フィナンシェ」をおうちで作れるレシピにアレンジ!

アンリ・シャルパンティエ フィナンシェレシピ

画像:PR TIMES

アンリ・シャルパンティエの「フィナンシェ」といえば、年間販売個数ギネス世界記録(TM)を達成した(※)代表商品!
※The best-selling plain financier (cake) company – current (2017年10月1日~2018年9月30日:年間販売個数29,089,988個)

アンリを代表するフィナンシェ。焼き立ては、外はサクッと香ばしく、中はしっとり。ひとくちで、アーモンドと焦がしバターの香りが口いっぱいに広がります。

今回はおうちで作れるレシピにアレンジされていて、手に入れやすい材料で、本格的な味わいを作って楽しめます。

約20分で完成!フィナンシェの作り方を「ARNE」で特別に大公開

アンリ・シャルパンティエ フィナンシェ レシピ

画像:アンリ・シャルパンティエ

<材料>(15個分)

卵白Mサイズ・・・4個
グラニュー糖・・・120g
薄力粉・・・50g
コーンスターチ・・・5g
アーモンドプードル・・・50g
ベーキングパウダー・・・3g
無塩バター・・・120g ※「発酵バター」に変えることで、味わい深さがさらにアップします。
塩・・・2g

※アーモンドプードルはスーパーや100円ショップで手に入ります。
※アーモンドプードルとアーモンドパウダーは、表記は違いますが同じ材料です。

〈作り方〉

※所要時間:約20分 (仕込み10分+焼き10分)

(1)薄力粉、アーモンドプードル、コーンスターチ、ベーキングパウダーをふるいにかける

 ◎失敗しないコツ:粉類は必ずしっかりふるいにかけ、ダマをなくす。ダマが残ったままだと焼き上がった時にダマ部分が固くなる。

(2)卵白とグラニュー糖と塩を擦り混ぜる

(3)(1)と(2)を泡だて器で混ぜる

 ◎失敗しないコツ混ぜすぎに注意。必要以上に混ぜると、焼き上がりが固くなる。粉気がなくなる程度でOK。

(4)焦がしバターを作る

(5)(3)と(4)を泡だて器で混ぜる

(6)型にバターを塗り、生地を絞り器で流しいれる

 ◎失敗しないコツ生地が完成したら、すぐに型に入れる。放置しておくと生地温度が下がり周りが焦げる原因に。

(7)240度のオーブンで9~10分焼き上げ完成

 ◎失敗しないコツオーブンの温度と時間は目安なので、途中でチェックを忘れずに。焼き加減は、型の素材や大きさによってまちまち。焼きすぎると生地が固くなるので注意。

レシピ フィナンシェ

画像:アンリ・シャルパンティエ

レシピ発案者・駒居崇宏さん「素材や製法にこだわり続ける、代表商品『フィナンシェ』をご家庭でも作れるレシピに。大切な人との時間が笑顔に溢れればと思い配信しました」

アンリ・シャルパンティエ

画像:アンリ・シャルパンティエ

「#おうちでアンリ」サイトをぜひチェックして!

特設サイト「#おうちでアンリ」では、フィナンシェと一緒に、サクサクほろほろの食感がたまらないサブレの作り方も紹介されています。6月以降もさまざまな商品のレシピを公開予定とのこと!

さらに、アンリ・シャルパンティエが誇る、世界最高のスイーツ国際大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」の世界大会メダリストのパティシエたちが伝授する、作り方のコツを学べる動画も公開されているので、よりわかりやすいですよ!

自宅でのお菓子作りを通して、少しでも充実のおうち時間を過ごしてもらいたいと、今後も様々な取組みを進めていくという「アンリ・シャルパンティエ」。これから、サイトをこまめにチェックしておきたいですね!(文/ARNE編集部)

【参考・画像】

アンリ・シャルパンティエ公式サイト「#おうちでアンリ」

アンリ・シャルパンティエがおうちで作れるレシピをご紹介「#おうちでアンリ」特設ページをオープン!- PR TIMES

この記事は公開日時点での情報です。

<こんな記事も読まれています>

商品はほぼ100円台!地域愛溢れるベーカリー『パン工房 笹山』【古後大輔のふくおかパンライフ#19】

「ラーメン」のテイクアウトも可能に!各店の奮闘を取材【めんたいワイド】