TOP > グルメ > 日替わりだから何度も通いたくなっちゃう♡ タルトが絶品のコーヒー店が長丘にニューオープン(福岡市南区)

日替わりだから何度も通いたくなっちゃう♡ タルトが絶品のコーヒー店が長丘にニューオープン(福岡市南区)

2021.07.24

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。すてきなカフェが大好きなライター・ayu.latteです。

今回は、2021年6月にオープンしたオーナーのこだわりが詰まったすてきなお店をご紹介します。

こだわりがたくさん!“半地下”にあるお店「パタゴニアの南」(福岡市南区長丘)

福岡市南区長丘にあるお店『パタゴニアの南』。

パタゴニアの南 外観

画像:パタゴニアの南

建物の1階にあるのですが、店内へ入るときは数段の階段を降ります。まるで「半地下」のような構造になっているんです。

パタゴニアの南 窓

画像:ayu.latte

お店の目印は「COFFEE」の看板と、レンガのような茶色の外壁。

パタゴニアの南 コーヒーの看板

画像:ayu.latte

店名の『パタゴニアの南』とは、「人類がアフリカで生まれて、やがて“パタゴニアの南”にたどり着いた」という伝説から。

オーナーにとって、パタゴニアの南は旅が終わる場所であって、心の安らぎを象徴しているそうです。

パタゴニアの南 窓から見える店内

画像:ayu.latte

店内は、コンクリートの無機質な材質の内壁。

パタゴニアの南 店内

画像:ayu.latte

そこに、グリーンが共生していて温かい雰囲気。居心地がよくて癒されます。

パタゴニアの南 店内

画像:ayu.latte

テーブル席が4卓・8席あり、今回は籐のイスと木のテーブルの席を選びました。

パタゴニアの南 席

画像:ayu.latte

スツールをテーブルとして代用している、オシャレでかわいい席もありましたよ。

パタゴニアの南 席

画像:ayu.latte

内装や外観は、“最もいい”ではなく、“最もふさわしい・ちょうどいい素材、モノ”を選んで作られたのだとか。

コーヒー豆はこだわりの自家焙煎!

こちらのお店では、コーヒー豆を自家焙煎されています。

これは『ドリップコーヒー』(550円)。アイスかホットか選べますが、暑い日だったのでアイスコーヒーにしました。

パタゴニアの南 ドリップコーヒー

画像:ayu.latte

とても爽やかな酸味があり、暑いこの季節にピッタリなコーヒでした。

こちらは、コーヒーのアレンジドリンク『コーヒーフロート』(650円)。

パタゴニアの南 コーヒーフロート

画像:パタゴニアの南

アイスコーヒーにアイスクリームという贅沢なドリンク! 見た目もかわいらしいです♡

こちらは『ラテフロート』(700円)。

パタゴニアの南 ラテフロート

画像:パタゴニアの南

コーヒーは苦手だけどラテなら好き!という方にうれしいドリンク。アイスクリームがのっていることで、デザート感もありますね。

私がお店にお邪魔した日も、数名の方がオーダーしていて人気がうかがえました!

また、コーヒーをお店でいただくことはもちろん、自宅用にコーヒー豆を購入することも可能です。

たとえば、こちらのハウスブレンド『EVENING』は、250gで2,000円。

パタゴニアの南 自家焙煎コーヒー豆「EVENING」

画像:ayu.latte

インドネシアの秘境・ガヨ高地で、徹底した管理体制で生産・精選される特定銘柄『ガヨマウンテン』をベースにした中煎りのブレンド。

柑橘のような酸味をわずかに残しつつ、ナッツの香りと甘み、重厚なコクが特徴の豆です。

こちらは、ハウスブレンドの『MORNING』。250gで1,350円です。

パタゴニアの南 自家焙煎コーヒー豆「MORNING」

画像:ayu.latte

こちらはエチオピアの『イルガチェフ』を比較的長い時間をかけて、中~中深にローストしたシングルオリジン。

山や海で迎える朝のように気持ちのいい爽やかな酸味と甘みが特徴の豆です。

目移りしてしまうほど充実している「焼き菓子」

ショーケースの中には、その日のケーキや焼き菓子が並びます。

気になるのは、4種類の焼き菓子のネーミング。『ホロホロさん』『ザクザクさん』『ボリボリさん』(各70円)と、『ネチネチさん』(80円)。

パタゴニアの南 ショーケースに並ぶ焼き菓子

画像:ayu.latte

名前だけでどんな食感なのか想像できて楽しいですよね♡

焼き菓子は日替わりで2~4種類が並ぶので、ドリンクのおともに良さそうです。

タルトがとってもおいしい!

焼き菓子が気になりつつも、今回は「タルト」を注文。+150円でアイスクリームのトッピングもお願いしました。

パタゴニアの南 タルト

画像:ayu.latte

タルトの上にのっているアイスクリームはうっすらオレンジ色。

画像:ayu.latte

「アイスクリームの味は、オレンジですか?」と聞くと、「バニラアイスです。黄身の色が濃い卵をたっぷり使っているんですよ!」と教えてもらいビックリ!

でも、一口食べて納得!! とっても濃厚なバニラアイスでした。

タルト2種類をご紹介します! こちらは『チョコとブルーベリー』(480円)。

パタゴニアの南 タルト

画像:ayu.latte

薄いタルト生地に濃厚なチョコレート。横にはゴロっとしたブルーベリーのコンポートが添えてあります。チョコレートが甘すぎずとってもおいしい!

タルトを一口食べて、コーヒーを口に含むと幸せなひと時でした♡

こちらは『パイン』(440円)。

パタゴニアの南 パインのタルト

画像:ayu.latte

アーモンド生地のタルトの上に、薄切りのパインが並んでいます。

パタゴニアの南 パインのタルト

画像:パタゴニアの南

パインを焼くことで甘みが増して、パインの酸味が苦手な方もおいしく食べることができるのだそう。

このように焼き込んであるパインは初めてだったので、驚きましたが、とってもおいしくて感動しました♡

ほかにも『チーズタルト』や『バナナタルト』など日替わりで3~4種類が並ぶそう。その日のラインアップは、お店に行ってからのお楽しみです。

パタゴニアの南 タルト

画像:パタゴニアの南

さらに、軽食も日替わりで1種類あり、この日は『季節のカンネローニ』(650円)でした。

カンネローニは、イタリアの田舎料理。こちらのお店では、肉と香味野菜のラグーを福岡小麦粉で打ったパスタで棒状に包み、季節のソースと合わせてオーブンで焼いています。

素朴であたたかいものを手作りで

実はこちらのお店、2008年から山梨県で『パタゴニアの南喫茶店』として営業していました。そして、福岡に移住するタイミングで2015年に一旦閉店し、2021年に移転オープン。

「幸福な暮らしは、探したり誰かに求めるより自分で作ってしまった方が手っ取り早い」と考えて、お店を始められたそうです。

「素朴であたたかいものを手作りで」とオーナー。店内でいただけるものは全て手作りですよ。

パタゴニアの南 子ども用のブロック

画像:パタゴニアの南

子ども連れも歓迎とのことで、ママたちも豊かな時間が過ごせそう! このすてきな空間で、おいしいドリンクやスイーツを食べてゆっくり過ごしませんか?(文/ayu.latte)

〈店舗情報〉
■パタゴニアの南
住所:福岡市南区長丘3-2-30
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte
※画像/パタゴニアの南

#福岡のカフェ をまとめてチェック!
#スイーツ #コーヒー #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【今だけアイス入り】カリッふわっメロンパン

【食べ比べ】コンビニ4社のマリトッツォ
【コストコ】お得感◎!2,000円以下のスイーツ