TOP > グルメ > ビーカーの中にプリンとクリームソーダ! どこか懐かしさを感じるエモいスイーツが登場(福岡市中央区白金)

ビーカーの中にプリンとクリームソーダ! どこか懐かしさを感じるエモいスイーツが登場(福岡市中央区白金)

2021.07.22

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、“ポップな見た目×レトロな味”が楽しめるプリンをご紹介します。

オーナーの好きなものが詰まったコーヒー屋さん「area coffee(アレアコーヒー)」(福岡市中央区白金)

カフェや雑貨店が立ち並ぶ白金エリアにある『area coffee(アレアコーヒー)』。店名「area」は、ラテン語で“空間・解放する”といった意味があり、「コーヒーの領域を解放する」という意味が込められているそうです。

『area coffee』外観

画像:chippachapus

また、オーナーの好きなバンドグループの名前が「area」ということも由来しているのだとか。

『area coffee』店名の表札

画像:chippachapus

5食限定!ビーカーに入った「昔懐かしの固めプリン」

6月末に登場した、昔ながらの固めプリン『俺のプリン(略して“俺P”)』(350円)。男性オーナーが作るプリンなので、このネーミングにしたそうです。

『area coffee』俺のプリン

画像:chippachapus

甘さ控えめの昭和レトロなプリンの上には、クリームとさくらんぼがのっています。

また、器がビーカーなのも遊び心があって、おもしろい♪ 小さめサイズのビーカーですが、食べてみると意外とボリューミーでしたよ。

『area coffee』俺のプリン

画像:chippachapus

ほろ苦いカラメルソースも良い感じのアクセントになっていました。プリンは1日限定5食なので、お早めに!

『area coffee』俺のプリン

画像:chippachapus

暑い夏はこれに決まり!プリンとセットでどうぞ♪

『area coffee』では、プリンだけでなく、アイス系のドリンクは基本ビーカーにいれて提供されます。

『クリームソーダ』(650円)。

『area coffee』クリームソーダ

画像:chippachapus

プリンのビーカーの2倍ほど大きなビーカー。しゅわしゅわの炭酸とアイスクリームは夏にぴったりの組み合わせですよね!

『area coffee』クリームソーダ

画像:chippachapus

また、『俺のプリン』と一緒に並べると、とてもかわいかったです♡ ポップな見た目でありながら、レトロな雰囲気もあるのが良いですよね。

『area coffee』俺のプリンとクリームソーダ

画像:Instagram(@code1_993)

男の子の部屋みたい!おもちゃがいっぱいの店内

店内は、少年漫画好きのオーナーが趣味で集めたという、おもちゃがたくさん。なんだか子ども部屋にいるような気分になり、ワクワクしました。

『area coffee』店内にはおもちゃがいっぱい

画像:chippachapus

壁紙や机の色合いもポップでかわいかったです。

『area coffee』のポップな店内

画像:chippachapus

カウンター席もあるので、一人でコーヒータイムをするのにもぴったりです。

コーヒーは中煎りと深煎りの2種類。どちらも知人にオリジナルで焙煎してもらったスペシャルティコーヒーなのだそうです。

『area coffee』店内

画像:chippachapus

コーヒーやクリームソーダ以外にも、フルーツをまるごと使ったドリンクやチャイなど、いろんなドリンクが楽しめるお店です。

毎週金曜日は“カレーの日”としてカレーの販売もあるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪(文/chippachapus)

<店舗情報>
■area coffee(アレアコーヒー)
住所:福岡市中央区白金1-10-3
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus
※画像/Instagram(@code1_993

#福岡のスイーツ をまとめてチェック!
#福岡周辺 #カフェ #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ローソン】お酒が進む冷凍食品3選

【数量限定】ビーカーに入った“エモい”スイーツ
【コンビニ実食レポ】シャインマスカットソフト