TOP > グルメ > 超ハイコスパ!通いたくなる!「TREE」のバーガー&ドッグ&ホットサンドに感涙【古後大輔の福岡パンライフ#82】

超ハイコスパ!通いたくなる!「TREE」のバーガー&ドッグ&ホットサンドに感涙【古後大輔の福岡パンライフ#82】

2021.07.12

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは〜! 今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は、城南区の「別府商店街」で発見した超ハイコスパな逸品をご紹介!

攻めに、攻めた!超ハイコスパ・メニューのオンパレード!「CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)」(福岡市城南区別府)

やって来たのは、城南区の別府橋のたもと。

喫茶店『そふ珈琲』や古本屋『徘徊堂』など人気店が集まってきている別府商店街の小道を、南へと入っていった場所にある『CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)』。

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)への道のり

画像:シティ情報ふくおか

こちらがその外観。写真右側が『TREE』。左側は『TREE』店主・タクミさんのお母さんが営む酒食処『つくし』。

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)外観

画像:シティ情報ふくおか

3年ほど前からバーとして営業してきたがコロナ禍の影響もあり、2021年7月1日にカフェ&バーとしてリニューアルオープン。

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)外観

画像:シティ情報ふくおか

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)看板

画像:シティ情報ふくおか

リニューアルを機に、通り側にテイクアウト用の小窓カウンターを設け、ハンバーガー、ホットドッグ、ホットサンドといった軽食メニューの販売を開始したところ、これがさっそくSNSでパン好き、ハンバーガー好きの心を捉えて、噂になっている。

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)小窓

画像:シティ情報ふくおか

そのメニュー表がこちら!

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)メニュー

画像:シティ情報ふくおか

『フレッシュバーガー』などバーガー類はじめ、『ホットドッグ』がなんと300円。さらに『モーニングセット』はプラス200円でドリンク付きに。

驚きはそれだけではない。なんと夜のみのバー営業から営業スタイルも一転。朝8時から10時までのモーニング営業に始まり、10〜17時はランチ営業、その後閉店の22時まではバー営業(チャージ1,000円)とロング営業スタイルに変更。

単なる営業形態変更という言葉では言い表せないほど、攻めに、攻めた!気合の入り方なのだ!

店内には写真付きのメニューがズラリッ!

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)メニュー

画像:シティ情報ふくおか

ホットサンドも、この内容とボリュームでこの価格は「エッ!? ほぼ儲けないんじゃない」的ハイコスパ!

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)メニュー

画像:シティ情報ふくおか

こりゃ〜実際に実物はどんなものか、思い切って全部確かめてみることにしてみました(それも可能なくらいのお手頃価格!)。

どうせ頼むなら最高峰「匠スペシャルバーガー」が絶対おすすめ!

まずはハンバーガー・メニューの最高峰に君臨する『匠スペシャルバーガー』(450円)から注文。

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)匠バーガーメニュー

画像:シティ情報ふくおか

そして、ものの数分で出されたのがコチラ!

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)匠バーガー

画像:シティ情報ふくおか

いや〜この具材の種類とボリューム、パティの大きさと厚み。これ正直、“グルメバーガー”と呼ばれる部類のバーガーにも匹敵する内容です。

バンズはタクミさんこだわりのイングリッシュマフィン。オニオン、トマト、レタス、目玉焼き、どれも脇役にしてはかなりの存在感!

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)匠スペシャルバーガー

画像:シティ情報ふくおか

そして、そのハイコスパ具合の圧巻はこのパティ!

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)匠スペシャルバーガーのパティがすごい

画像:シティ情報ふくおか

断面も芸術的。まるで「旨みの五重の塔」なのだ!

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)匠スペシャルバーガー断面

画像:シティ情報ふくおか

大人が手で持ってこんな感じ。全体サイズ感もベリーグッド!

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)匠スペシャルバーガー

画像:シティ情報ふくおか

いや〜300円バーガーももちろんハイコスパなんですが、これが450円とは感涙もの。タクミさんの心意気に拍手です。

主軸の300円メニューのツートップもこだわり満載!

続いては、300円メニューの王道『ホットドッグ』(300円)を注文。

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)ホットドッグ

画像:シティ情報ふくおか

焼き込まれたパンとウィンナーの底に、オニオンフライとキャベツをしっかりと敷き詰めた力作!

こちらは同じく人気の『クリームチーズベーコンバーガー』(300円)。

CAFE&BAR TREE(カフェ&バー ツリー)クリームチーズベーコンバーガー

画像:TREE

厚切りベーコンのジューシーさにクリームチーズのまろやかさとピリッと辛いブラックペッパーがベストマッチ!

迷ったときはシズル感たっぷりのホットサンドでキマリ!

最後にオーダーしたのは、メニュー写真から旨みのシズルがこぼれ落ちていたホットサンド(午前10時以降からオーダー可)!

こちらは『ホットサンド たまご』(400円)。写真はイートインメニューなので、テイクアウトの場合はパンの耳とホイップクリームは付きません。

「CAFE & BAR TREE」ホットサンドたまご

画像:シティ情報ふくおか

この茹で卵の白味のゴロゴロ感!  パンパンに詰め込まれた具材の量! カリッカリに焼き上げられたトースト!

「CAFE & BAR TREE」ホットサンドたまご

画像:シティ情報ふくおか

中毒性がかなりアリ! クセになること間違いナシ!

こちらは『フレッシュホットサンド』(500円)。こちらも写真はイートインメニューなので、テイクアウトの場合はパンの耳とホイップクリームは付きません。

「CAFE & BAR TREE」フレッシュホットサンド

画像:シティ情報ふくおか

『ホットサンド たまご』を上回る具材のパッツン!パッツン感!  これだけで満腹満足な一品。これからの季節、コレに生ビールをオーダーすれば最強。おつまみにもいいですよね〜。

「CAFE & BAR TREE」フレッシュホットサンド

画像:シティ情報ふくおか

「どのメニューも自分が食べたい!食べてもらいたい!という理想の内容を、いろいろ食べ歩いたり、研究したりして、作り上げました。だから、少しでもたくさんの人に味わってもらって、喜んで欲しくて、この価格と営業時間にしたんです」とタクミさん。

一緒に切り盛りする奥さんと生まれたばかりの赤ちゃんのためにと、新たな挑戦に自信と気合十分だ!

イートインもできるが、あらかじめ電話予約してテイクアウトするのもオススメ!

「CAFE & BAR TREE」テイクアウトメニュー

画像:シティ情報ふくおか

差し入れや手土産にもピッタリだ。

「CAFE & BAR TREE」テイクアウトケース

画像:シティ情報ふくおか

ちなみに、もう一つ!
超ハイコスパなのが、ドリンクメニュー! コーヒーは250円から、生絞りジュースも400円から。フルーツサイダーやフルーツミルク、フラッペやフロートと種類も豊富です。

「CAFE & BAR TREE」テイクアウトメニュー

画像:シティ情報ふくおか

中でも、絶対に頼んでみてほしいのが手作りシェイク! こちらは『バナナシェイク』(400円)。

「CAFE & BAR TREE」バナナシェイク

画像:シティ情報ふくおか

「CAFE & BAR TREE」バナナシェイク

画像:シティ情報ふくおか

注文が入ってから生バナナとアイスやミルクをシェイクしてくれる。取材中もリピーターらしき女子小学生2人がやってきてオーダー!

お小遣いで買えちゃう最高の手作りシェイク。そりゃー、小学生も通っちゃうよね。こちらもぜひお見逃しなく!

「CAFE & BAR TREE」外観

画像:シティ情報ふくおか

近くには話題のショップが目白押しの六本松エリアや鳥飼エリアもあるので、散策がてらぜひお立ち寄りを。

タクミさん、また今度お邪魔させていただきます!(文/古後大輔)

<店舗情報>
■CAFE & BAR TREE(カフェ&バー ツリー)
住所:福岡市城南区別府1-8-35
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/古後大輔
※画像/シティ情報ふくおか

#福岡のパン をまとめてチェック!
#福岡周辺 #カフェ #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【糸島ニューオープン】絶景ツリーハウスカフェ

【薬院ニューオープン】高級フルーツパフェ
【コストコ】お弁当におすすめ商品3選