TOP > グルメ > 4大明太子メーカーが夢のコラボ!贅沢に食べ比べができる「博多めんたい4ブランド弁当」
博多めんたい4ブランド弁当

4大明太子メーカーが夢のコラボ!贅沢に食べ比べができる「博多めんたい4ブランド弁当」

2021.07.04

【2021年6月21日~7月11日、北九州市・福岡市・久留米市にまん延防止等重点措置が出されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
“自粛疲れ”な毎日の息抜きに、 「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は「3密を回避」「手指の消毒」「マスクの着用」などの感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

福岡の名物といえば、やっぱり明太子。

ほかほかごはんに明太子……想像するだけでも、ヨダレが出そう。

そして、同じ明太子といっても、メーカーが異なれば、味わいもガラッと違うのが奥深いところ。

選ぶのも楽しさの一つですが、なかなか一度に食べ比べをする機会はありませんよね。それが……今ならできるんです!

4つの明太子を食べ比べ!「博多めんたい4(よん)ブランド弁当」

およそ数百の明太子ブランドがあるといわれる中から、絶大な人気を誇る『ふくや』『やまや』『福太郎』『かば田』の4つが史上初のコラボ!

今年4月に『博多めんたいロック弁当』(3,240円)が発売されました。ちょこっと入っているだけでもうれしいのに、たっぷり1本分、しかも4種類の明太子が味わえる夢のような内容が話題になったんです。

そんな『博多めんたいロック弁当』を、もっと身近に味わっていただきたいと、第2弾の『博多めんたい4(よん)ブランド弁当』(1,728円)が誕生!

博多めんたい4ブランド弁当

画像:PR TIMES

価格はお手頃になりましたが、明太子の量は変わらず、ど~んと1本分!

福岡料理研究家・古川麻水さんが監修を手掛け、福岡県産の食材を使った、華味鳥の唐揚げ・糸島豚の高菜巻き串・糸島ねぎの玉子焼きなど、“福岡のおかず”が堪能できるお弁当です。

福岡料理研究家 古川麻水さん

画像:PR TIMES

包み紙は捨てないで!

博多めんたい4ブランド弁当

画像:PR TIMES

“食べ比べ”ですから、どれがどこのブランドの明太子かが肝心。そこで、包み紙にひと工夫。

内面に注目してください! どこにどのブランドの明太子が置かれているのか、一目瞭然です。

博多めんたい4ブランド弁当包み紙

画像:PR TIMES

・最小の味付け、最大のおいしさ、味の明太子『ふくや』
・味わい深い匠のたれに168時間漬け込んで熟成した辛子明太子『やまや』
・手間暇を惜しまず、ゆっくりと二度漬けすることで深いコクと旨みを生み出している『福太郎』
・創業以来、漬物屋として培った“漬ける技”の歴史が生み出した“昆布漬”という新しいおいしさ『かば田』

それぞれ違いを確認しながら、味わってみてください。

大丸福岡天神店・地下2階の「ゴチデパ」で販売中!

『博多めんたい 4ブランド弁当』は、2021年7月1日(木)から大丸福岡天神店の東館エルガーラ地下2階にある『ゴチデパ』で販売中です。

ゴチデパ

画像:PR TIMES

さらに、博多めんたい弁当サイト(https://nasse.com/mentai-rock/)でも予約販売を開始。3日前に注文すると、1個からでも福岡市内のみデリバリーしてくれます(配送料は一律800円)。

また、8月1日(日)からは全国販売開始予定! 福岡市内以外の人も、明太子の食べ比べが楽しめますよ。

“マイベスト明太子”を見つけるきっかけになりそう! この機会に、明太子の食べ比べをしてみませんか。(文/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。※出展:PR TIMES(株式会社サンマーク)

【参考・画像】
※PR TIMES(株式会社サンマーク

#テイクアウト をまとめてチェック!
#天神 #ランチ #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【スイーツ】桃がドーンッとのった贅沢パフェ
【コストコ】“夏季限定”おすすめ商品
【韓国料理】大名ニューオープン「キンパのお店」