TOP > グルメ > 川崎町で出会ってしまった!地産地消にこだわる“お手頃価格”の絶品パン(田川郡)【古後大輔の福岡パンライフ#81】

川崎町で出会ってしまった!地産地消にこだわる“お手頃価格”の絶品パン(田川郡)【古後大輔の福岡パンライフ#81】

2021.07.05

【2021年6月21日~7月11日、北九州市・福岡市・久留米市にまん延防止等重点措置が出されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
“自粛疲れ”な毎日の息抜きに、 「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は「3密を回避」「手指の消毒」「マスクの着用」などの感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは〜! 今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は、川崎町で偶然出会った絶品パンをご紹介!

思わず一目惚れ!川崎町の恵みから生まれた絶品パン「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」(田川郡川崎町)

6月のとある日、たまたま仕事で立ち寄った『川崎町農産物直売所De・愛(であい)』。

川崎町農産物直売所De・愛(であい) 看板

画像:シティ情報ふくおか

その店内をウロウロしているとき、ふと目をやったパンコーナーで、衝撃的な「De・愛(であい)」をしてしまいました。

『川崎町農産物直売所De・愛(であい)』外観

画像:シティ情報ふくおか

目に入った瞬間、脳みそから指示が出て、無意識のうちに買い物カゴにどんどんパンを投入していたぐらい。「一目惚れ」とでも言いましょうか。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」のパン

画像:シティ情報ふくおか

パンに貼られたシールを確認すると、このパンを作っているのは同じ川崎町にある『パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)』とのこと。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」のパン

画像:シティ情報ふくおか

後日、あまりにおいしかったので近々お店に伺ってみようと思い、インターネットで検索すると、なんと『イクリ』を営んでいるのは、『シティ情報ふくおか』のパン特集などで以前取材させていただいたことがある、福岡市南区大楠にあった『レ・プティ・カレ』の篠崎さんご夫妻であることが判明。

おいしさが溢れ出た見栄えの良さと丁寧な味作りで名を馳せた人気店『レ・プティ・カレ』。どうりで出会った瞬間に「一目惚れ」してしまった訳だ。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」のパン

画像:シティ情報ふくおか

ネットにはご夫妻の移住から開業までの経緯が記された記事がたくさん上がっていました。そちらによると、2013年に初開催された『かわさきパン博』に出店したことをきっかけに、おいしい農産物が豊富な川崎町のファンになったというご夫妻は、『レ・プティ・カレ』の店舗が道路拡張工事対象になったことをきっかけに、川崎町への移住を決意。川崎町の豊かな農産物を自分たちがつくるパンやお菓子を通してたくさんの人に届けるべく、地元有志など多くの支援者の助けを得て、2018年に『ラピュタファーム』内で『イクリ』を開業されたのだとか。

現在はコロナ禍の影響で『ラピュタファーム』内の『イクリ』店舗での販売はほとんど行えてなく、『川崎町農産物直売所De・愛(であい)』(営業時間8:00〜18:00)での販売や外販が主になっているとのこと(『イクリ』のパンの出品は月・火曜は休み)。

『川崎町農産物直売所De・愛(であい)』には午前中に2回配達して出品。バゲットや『ラピュタファーム』で栽培された白葡萄から培養した酵母を使ったカンパーニュといったハード系のパンは2回目の配達時に出品されているそうです。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」のパン

画像:シティ情報ふくおか

パンの神様が導いてくれた出会いに感謝! ということで、今回購入したパンがこちら。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」のパン

画像:シティ情報ふくおか

いずれも国産小麦を使用。原材料は品質と、出来る限り地産地消にこだわったものばかり。そんなパンがお手頃価格で食べられるなんて、ほんと川崎町の食の豊かさを実感しました。

みんな大好き「王道パン」も“イクリ流”のこだわり満載!

『よつ葉バターのメロンパン』(180円)。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」よつばバターのメロンパン

画像:シティ情報ふくおか

『イクリ』の人気No.1メニュー。ふっくらと美しく膨れたそのフォルムが、そのおいしさを雄弁に語っている。

袋を開封した瞬間に感じる、よつ葉バターの香り高い風味。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」よつばバターのメロンパン

画像:シティ情報ふくおか

外側のうっすら焦げ目がついたクッキー生地から、エアリーな食感のブリオッシュパンまで、ぬかりなし。いずれも味わい深い!

『きなこ餅あんぱん』(180円)。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」きなこ餅あんぱん

画像:シティ情報ふくおか

和菓子の王道「きなこ餅」と和製パンの王道「あんぱん」が合体!

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」きなこ餅あんぱん断面

画像:シティ情報ふくおか

きなこが混ぜ込まれたあんこと、もっちり、ねっとり、柔らかい求肥もちが、これまた美味。パンの上にもきなこがしっかりとふりかけられているところに感心!

『小倉食パン』(500円)。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」小倉食パン

画像:シティ情報ふくおか

こんがり香ばしく焼き上げられたパンの耳。それとは対照的な中身の生地のしっとり感、ふんわり感。そのコントラストと口溶けの良さがクセになる味わい。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」小倉食パン断面

画像:シティ情報ふくおか

適量なあんことその程よい練り混み具合、しなやかに窯伸びした生地、いずれもあっぱれ! 丁寧な仕事がうかがえます。

『トルデュ』(230円)。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」トルデュ

画像:シティ情報ふくおか

フランスパン生地を使ったシンプルな食事パンにも工夫がたっぷり。

そのままでも、トーストしてもおいしく食べられるように、オリーブオイルをぬり、塩を少々振って仕上げられています。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」トルデュ断面

画像:シティ情報ふくおか

生地のくびれ部分の焼き目の香ばしさがこれまた良し。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」トルデュ

画像:シティ情報ふくおか

フランスパンより、ふんわり、しっとり、柔らかくて食べやすい。これなら子どもからお年寄りまで、みんな楽しんでもらえる!

旬の野菜やフルーツを贅沢に使った地産地消の豪華パン!

『新玉ねぎとベーコンのパン』(210円)。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」新玉ねぎとベーコンのパン

画像:シティ情報ふくおか

サクサク!ジュワジュワ! 川崎町産の甘くておいしい新玉ねぎが主役です。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」新玉ねぎとベーコンのパン断面

画像:シティ情報ふくおか

ベーコン、チーズはあくまで脇役。シンプルに新玉ねぎのジューシーな旨みが味わえます。

『じゃがいもとゴルゴンゾーラチーズ』(220円)。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」じゃがいもとゴルゴンゾーラチーズ

画像:シティ情報ふくおか

ホクホク!ゴロゴロ! 味わい深い川崎町産のじゃがいもがフォカッチャの上にたっぷり。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」じゃがいもとゴルゴンゾーラチーズ断面

画像:シティ情報ふくおか

濃厚な風味のイタリア産ゴルゴンゾーラチーズ入り!

『すももとよつ葉バターのサンド』(210円)。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」すももとよつ葉バターサンド

画像:シティ情報ふくおか

川崎町産のとれたてのすもも(大石早生)を、ふかふかフォカッチャで挟んだ春限定のサンドイッチ。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」すももとよつ葉バターサンド断面

画像:シティ情報ふくおか

コクが豊かなよつ葉バターと甘酸っぱいすももの果肉がベストマッチ!

『ブルーベリーとよつ葉バターのサンド』(210円)。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」ブルーベリーとよつ葉バターサンド

画像:シティ情報ふくおか

『イクリ』の店舗がある『ラピュタファーム』で育てられた、無農薬のブルーベリーをたっぷりと使用。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」ブルーベリーとよつ葉バターサンド断面

画像:シティ情報ふくおか

ブルーベリーのゴージャスで濃厚なおいしさが味わえる贅沢なフォカッチャ・サンド。

『杏サンド(ヴィエノワ)』(180円)。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」杏サンド

画像:シティ情報ふくおか

川崎産無農薬栽培の新鮮な杏を使ったコンフィチュールを、ミルキーな味わいのヴィエノワ・パンでサンド。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」杏サンド断面

画像:シティ情報ふくおか

全体的にしっとり濃厚な味わいの生地ながら、このクープが入った部分のサックリ感もおいしいアクセント。

砂糖を極限まで抑えた、フレッシュな杏の果肉感が最高。杏らしい甘みと酸味のバランスも抜群!

今回購入した9品でこの感動ですから、全種類購入しておけば良かったと反省……。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」のパン

画像:シティ情報ふくおか

必ずや、近々またお邪魔して、さらなる『イクリ』レポートをさせていただきます!

ちなみに、パンではありませんが、こちらの『シュークリーム』も超人気メニューでした。

「パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)」シュークリーム

画像:シティ情報ふくおか

持ち帰り時間に耐えられないだろうな〜と諦めて写真撮影だけしていたのですが、仕事を済ませて立ち寄ってみると完売状態。

こちらも次回は冷蔵バッグ持参でゲットしてみたいと思います!(文/古後大輔)

〈店舗情報〉
■パンとお菓子のアトリエ IKURI(イクリ)
住所:田川郡川崎町安眞木4412 ラピュタファーム内
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文/古後大輔
※画像/シティ情報ふくおか

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#筑豊周辺 #パン #テイクアウト
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ローソン】お酒が進む冷凍食品3選

【数量限定】ビーカーに入った“エモい”スイーツ
【コンビニ実食レポ】シャインマスカットソフト