TOP > グルメ > おいしすぎて一度食べたら絶対ハマる! “種類豊富”サックサク生地がたまらないクロワッサン
ブールアンジュのクロワッサン

おいしすぎて一度食べたら絶対ハマる! “種類豊富”サックサク生地がたまらないクロワッサン

2021.06.02

【2021年5月12日~6月20日、福岡県に緊急事態宣言が出されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
“自粛疲れ”な毎日の息抜きに、 「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は「3密を回避」「手指の消毒」「マスクの着用」などの感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、2020年10月に『福岡PARCO』から移転した『BOUL’ANGE(ブール アンジュ)福岡大博多ビル店』をご紹介します。

老若男女問わず大人気!一度食べたら絶対ハマる絶品パン屋さん「BOUL’ANGE(ブール アンジュ)福岡大博多ビル店」(福岡市博多区)

博多区博多駅前にある『BOUL’ANGE(ブール アンジュ)福岡大博多ビル店』。ファッションでおなじみの「ベイクルーズグループ」発のオリジナルブーランジェリーで、“暮らしを彩るパン屋さん”として全国に展開しています。

BOUL'ANGE福岡大博多ビル店外観

画像:chippachapus

流行も取り入れつつ日常に寄り添ったパン屋さんとして、幅広い年代の方から親しまれています。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」店内

画像:chippachapus

クロワッサンが人気なことから、天井をよく見ると照明がクロワッサンの形なんです!

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のクロワッサン型の照明

画像:chippachapus

看板メニュー「クロワッサン」はサックサク!

一番人気の『クロワッサン』(195円)。バターをたっぷり使用し、9層構造になるように焼き上げているそうです。9層構造にすることで、ふわふわでサクサクした食感がバランスよく表現できるのだとか。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のクロワッサン

画像:chippachapus

多い日で1日に3,000個以上売れたこともある看板商品で、1日に何度も焼き立てが店頭に並ぶようにしているそうですよ。

そんなクロワッサンはたくさん種類があります。定番は『クロワッサン』『チョコクロワッサン』『マーブルクロワッサン』(各303円)の3種類。

チョコとマーブルは、どちらもビターなチョコレートが包まれています。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のチョコクロワッサン・マーブルクロワッサン・クロワッサン

画像:chippachapus

どれも本当にサックサクで、少し手で持っただけで崩れそうなほど。

また、クロワッサンにクレーム・ダマンドを塗って焼き上げた『クロワッサン・オ・ザマンド』(303円)は、自家製アーモンドクリームがサンドされています。中がしっとりした食感のクロワッサンでした。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のクロワッサン・オン・ザマンド

画像:chippachapus

こちらは、沖縄県産黒糖を使用した『黒糖クロワッサン』(303円)。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」の黒糖クロワッサン

画像:chippachapus

中には黒糖チョコが挟んであり、表面にはマカロン生地をトッピングしているそう。キャラメルのような甘さがあり、とてもおいしかったです。

6月末まで“抹茶フェア”を開催中!

年間を通してフェアが行われており、現在は『抹茶フェア』として7種類の抹茶のパンを楽しむことができます。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」の抹茶フェア

画像:chippachapus

もちろんクロワッサンも、抹茶味のものが2種類登場。

ホワイトチョコが挟んである『抹茶クロワッサン』(324円)。濃厚な抹茶生地との組み合わせが最高でした。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」の抹茶クロワッサン

画像:chippachapus

クッキーのようなサクサク生地の『抹茶クロワッサン・オ・ザマンド』(454円)。中には自家製アーモンドクリームが!

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」の抹茶クロワッサン・オン・ザマンド

画像:chippachapus

もう一つの人気メニュー「クイニーアマン」

クロワッサンと同じくらい人気なのが『クイニーアマン』(260円)。フランス・ブルターニュ地方の伝統菓子に、少しアレンジを加えているそうです。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のクイニーアマン

画像:chippachapus

テカテカしている部分は、バターとグラニュー糖、塩。バターの甘みがしっかり感じられました。

また、福岡大博多ビル店限定の『クイニーアマンサンド』も大人気。

写真は『クイニー・アマンサンド(ピスタチオクリーム)』(432円)。ピスタチオクリームとカスタードクリームが、バイカラーのクイニーアマンにサンドされています。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のクイニーアマンサンド(ピスタチオクリーム)

画像:chippachapus

この日は、『苺クリームのクイニーアマンサンド』(385円)もありました。現在は販売が終了していますが、次はまた別のクリームのものが登場予定だそうです。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」の苺クリームのクイニーアマンサンド

画像:chippachapus

とにかくクイニーアマンのサクッとカリッとした食感と、口の中で広がるバターの風味が最高においしかったです。クリームもたっぷりサンドされているので、1つがかなり贅沢でした♪

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のクイニーアマンサンド

画像:chippachapus

総菜系も充実!生地はもちろんサクサクです♪

クロワッサンやクイニーアマンなどのスイーツ系のパン以外に、総菜系のパンも充実したラインアップです。自社工場を持っていることから、ほぼすべての総菜がオリジナルなんだそう。

今回いただいたのは『明太フランス』(303円)。なんとアクセントに“しそ”が入っていますよ。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」の明太フランス

画像:chippachapus

ハード系ですが水分量を多くしているため、かなり歯切れの良いパン。当初は福岡限定メニューとして販売されていましたが、あまりの人気ぶりに今では全国の店舗でも販売されています。

『ウインナーとしそのデニッシュ』(216円)。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のウインナーとしそのデニッシュ

画像:chippachapus

カリッと焼き上げられたデニッシュ生地に粒マスタード・玉ねぎ・ウインナー、アクセントにしそが入ったパン。かわいらしいサイズです♪

イートインスペースもあるので、焼き立てをすぐに食べることも!

お店の奥にイートインスペースがあるので、焼き立てのパンをすぐに食べられるのもうれしいポイントです♪

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のイートインスペース

画像:chippachapus

また、オーブンもあるので、温めなおしも可能です。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」のイートインはオーブンで温め直しが可能

画像:chippachapus

ドリンクはコーヒーやカフェラテのほかに、台湾茶もあります。ブラックティー・スプリングティー・ジャスミングリーンティー・ウーロンティーの4種類があり、どれもあっさりしていて飲みやすかったです。

「BOUL'ANGE福岡大博多ビル店」の台湾茶

画像:chippachapus

もともと緑がブランドカラーのお店ですが、移転に伴い、落ち着いた黒をベースにした店内にイメージチェンジしたそう。テイクアウトでおうちで楽しむのはもちろん、ちょっと気分転換にゆっくりくつろぎながら、いろんなパンを楽しんでみてはいかがでしょうか。(文/chippachapus)

<店舗情報>
■BOUL’ANGE(ブールアンジュ)福岡大博多ビル店
住所:福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル1F
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#福岡のパン をまとめてチェック!
#博多 #スイーツ #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡空港】話題のお店「ピエール・エルメ」

【マリトッツォ】福岡で買えるお店12選
【新スイーツ】「クブレ」って何!?