TOP > グルメ > ビックリするおいしさ!まるで隠れ家なレストランの絶品ランチ&スイーツ(久留米市)
カタルキッチンの516プリン

ビックリするおいしさ!まるで隠れ家なレストランの絶品ランチ&スイーツ(久留米市)

2021.05.30

【2021年5月12日~6月20日、福岡県に緊急事態宣言が出されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
“自粛疲れ”な毎日の息抜きに、 「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は「3密を回避」「手指の消毒」「マスクの着用」などの感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、空間や料理、スイーツ……なにもかもおしゃれすぎて、ステキな時間を過ごせること間違いなしのお店をご紹介します。

まるで隠れ家!古民家を改装した洋食屋「カタルキッチン」(久留米市)

久留米市通町にある『カタルキッチン』。住宅街の中にありますが、その外観から森の中にある隠れ家のような雰囲気!

お店の目の前に駐車場があります。

「カタルキッチン」外観

画像:chippachapus

小道を進んで中に入ると、アンティークな空間が広がっています。

「カタルキッチン」店内

画像:chippachapus

もともと40年前は住宅として使われていた古民家を改装して、お店にしているそうです。

「カタルキッチン」店内

画像:chippachapus

ドライフラワーいっぱいのおしゃれな店内でしたよ♪

おいしくて食べ応えたっぷりのランチ!

お店はイタリアンをベースとした洋食屋さんです。今回いただいたのは、『ランチセット』(1,300円~)。

メインは4種類(本日のパスタ・ハンバーグ・ハッシュドビーフオムライス・チキンケイジャンロースト)から選べて、スープ・サラダ・自家製パンもついていますよ。

この日はコーンスープでした。コーンの粒も入っていておいしかったです。

「カタルキッチン」ランチセットのスープ

画像:chippachapus

サラダのドレッシングは手作りのヴィグネットソース。ポテトサラダや人参ラぺなどものっていて、ボリュームがありました。

「カタルキッチン」ランチセットのサラダ

画像:chippachapus

自家製のパンはカリッとしたハード系のパン。スープにつけて食べるのもよかったですよ。

「カタルキッチン」ランチセットのパン

画像:chippachapus

今回選んだメインは、『本日のパスタ』と『ハッシュドビーフオムライス』。パスタは選べたので、人気No.1の『天使のえびのトマトクリーム』にしました。

パスタは常時4種類。天使のえびは通年、ほかはオイル系・トマト系・クリーム系で旬の食材を使ったものに変わるそうです。

「カタルキッチン」パスタメニュー

画像:chippachapus

『天使のえびのトマトクリーム』は有頭エビを使用することで、ソースにエビの旨みが凝縮されてかなり濃厚に! びっくりするくらいおいしかったです。

「カタルキッチン」の天使のえびのトマトクリームパスタ

画像:chippachapus

こちらは『ハッシュドビーフオムライス』。

「カタルキッチン」ハッシュドビーフオムライス

画像:chippachapus

卵を3個使用し、とろとろふわふわに仕上げているそう。ハッシュドビーフは、きのこと牛肉がたっぷり。

さらに、オムライス中のチキンライスには鶏肉がごろっと入っています。具材がしっかりしているので、食べ応えがありました。

「カタルキッチン」ハッシュドビーフオムライス

画像:chippachapus

オープン当初から人気!見た目もキュートな「516(ゴーイチロク)プリン」

昔から人気メニューだという『516プリン』(500円)。食後のデザートに、『ドリンクセット』(プラス250円)でいただきました。

「カタルキッチン」の516プリン

画像:Instagram(@code1_993)

固めのイタリアンプリンです。上に甘さ控えめのクリームがたっぷりのっていて、クリームにすっぽりはまるようにいちごが飾ってあります(今後はいちじくやチェリー、桃などに変わっていく予定)。

クリームは、プリンの甘さが引き立つように配分を考えて作っているそうですよ。

「カタルキッチン」の516プリン

画像:chippachapus

カラメルソースは、苦味が苦手な方でも食べられるように、苦味を少なくしているのだとか。ミルク感のあるやさしい甘さのプリンとの相性抜群でした。

「カタルキッチン」の516プリン

画像:chippachapus

ちなみに『516プリン』の名前の由来は、店長の名前“コーイチロー(516)”から♪

プリンはテイクアウトもOK。なくなり次第終了なのでお早めに!

「カタルキッチン」店内

画像:chippachapus

テーブル3席、カウンター7席の小さなお店ですが、多くの方が足を運ぶ人気のお店。

店名の「カタル」には、“語る・集まる・話す”など、お店がそんな楽しい場所になってほしいという想いが込められているそうです。

気兼ねなくおでかけできるようになったら、ぜひ訪れてみてくださいね。(文/chippachapus)

<店舗情報>
■カタルキッチン
住所:久留米市通町111-27
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus
※画像/Instagram(@code1_993

#福岡のスイーツ をまとめてチェック!
#ランチ 
#筑後周辺 #カフェ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡空港】話題のお店「ピエール・エルメ」

【マリトッツォ】福岡で買えるお店12選
【新スイーツ】「クブレ」って何!?