TOP > グルメ > SNSで話題沸騰中!珍しいけれど正統派なおいしさ「白いカレー」のこだわりがスゴイ(福岡市中央区今泉・大名)

SNSで話題沸騰中!珍しいけれど正統派なおいしさ「白いカレー」のこだわりがスゴイ(福岡市中央区今泉・大名)

2021.06.12

【2021年5月12日~6月20日、福岡県に緊急事態宣言が出されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
“自粛疲れ”な毎日の息抜きに、 「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は「3密を回避」「手指の消毒」「マスクの着用」などの感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramで『インスタグルメアワード』と福岡グルメ『ちひログ』を運営している、ゆるっとインスタグラマー・CHIHIROです。

いまInstagramで話題となっている、全国的にもまだ珍しい“絶品カレー”が福岡にあるのをご存知ですか?

それが『白いカレープラウド』の「白いカレー」。

『白いカレープラウド』フライヤー

画像:CHIHIRO

真っ白なスパイスカレーは、その美しさはもちろん、口に運ぶたびに味わいや食感が変化する、また食べに行きたいと思ってしまう逸品です。

ひとつひとつの食材にとことんこだわっていて、体へのやさしさにも配慮されています。

今回はそんな『白いカレープラウド』の「白いカレー」をご紹介します。

SNSで話題沸騰中!天神エリアで評判の「白いカレー」のおいしさの秘密は?

『白いカレープラウド』は、間借りカレーのお店として現在今泉店と大名店の2店舗を展開。

今泉店では「白いスパイスカレー」、大名店では「白いキーマカレー」をいただくことができます。

『白いカレープラウド』大名店のキーマカレー

画像:CHIHIRO

まだ全国的にも珍しい「白いカレー」を作り出しているのは、オーナーの塩塚さん。

北天神エリアにあるBAR『プラウド』で、2020年10月からランチ営業として「白いカレー」を作り始めました。

きっかけは、「新しくて面白いことをしたい! そして素材の味をしっかり味わいながらカレーを楽しんでほしい」という思いから。

カレーを白くすることで、いま何を食べているのか視覚で確認しながら、素材そのものの味をより鮮明に味わえるのではないかと考えたそう。

塩塚さんは『スパイス&ハーブコンサルタント』の資格も持っている、スパイスやハーブの専門家。

『白いカレープラウド』オーナーのスパイス&ハーブコンサルタント認定証

画像:CHIHIRO

その知識を生かして、体にやさしいフレッシュな味わいを、ひと皿に表現しています。

カレーの白さの秘密を聞いてみると、ホール(種)のスパイスを使っているからなんだとか。

粉のスパイスで調合すると茶色くなってしまうため、ホールを使用してカレーを作り上げているのだそう。

そんなフォトジェニックで美しいカレーは、食材にもとことんこだわっています。

お米は、タイ米を中心に黒米や雑穀米を使用。新しい食感が楽しめておいしさ満点! カレーと合わせると絶妙に舌に馴染みます。

『白いカレープラウド』のライスはタイ米と黒米に雑穀をブレンド

画像:CHIHIRO

パクチーは、パクチー農家直送のものを使用。みずみずしさだけでなく甘さまで感じられ、まさに絶品です!

『白いカレープラウド』の白いカレー

画像:CHIHIRO

そして『白いカレープラウド』の特徴は、ハーブを“後のせ”にしているというところ。

『白いカレープラウド』のハーブは後乗せ

画像:CHIHIRO

これもオーナーの塩塚さんが、素材そのものの味を感じてほしいと思っているからこその試み。

フレッシュなハーブの味わいに感動してしまうこと間違いなしですよ!

素材の鮮度にこだわるからこそ、素材そのものの味を楽しんでもらいたいという思いで作られたひと皿。

現在『白いカレープラウド』のカレーは今泉店と大名店でいただけるので、それぞれの店舗について、さらに詳しくお届けしていきます!

プラウドの元祖「白いスパイスカレー」を味わうなら今泉店

白いカレーP2 FC今泉店』は、「西鉄福岡(天神)駅」南口から徒歩で約5分のところにあります。

白いカレーP2 FC今泉店外観

画像:CHIHIRO

店内はオシャレなインテリアに囲まれた、あたたかな空間です。

フォトジェニックなかわいらしい店内なので、たくさん写真を撮って帰る方もいるのだそう!

白いカレーP2 FC今泉店の店内

画像:CHIHIRO

今泉店で「白いカレー」を提供しているのは、店長のケンさん。

優しくて物腰のやわらかなケンさんのファンとして、通いたくなってしまうようなお店です。

白いカレーP2 FC今泉店の店長ケンさん

画像:CHIHIRO

白いカレーのメニューは、『チキンレッグとぼんじり』(1,400円)『さばフィレと明太子』(1,400円)『桜えびとぼんじり』(1,100円)『桜えびと明太子』(1,100円)『白いカレーのみ』(900円)。

さらに、一つひとつの素材にとことんこだわったトッピングを選ぶことができます。

白いカレーP2 FC今泉店メニュー

画像:CHIHIRO

仕込みに山椒を使用したサバフィレや老舗の博多明太子。そして、スプーンだけでほぐれるチキンレッグや軟骨ごと食べられるぼんじり。

白いカレーP2 FC今泉店の白いカレーサバ

画像:CHIHIRO

どれを選んでも感動してしまう!

素材のおいしさを感じながら、クリーミーでスパイシーな味わいを堪能できる逸品です。

また、今泉店では1日限定5食、ご飯の代わりに春雨を使用した『ヌードルカレー』をいただくこともできます。

ダイエットや糖質制限中の方にもピッタリのカレーは、女性にも大人気です!

テイクアウトもうれしい!「白いキーマカレー」なら大名店

『プラウド白いキーマカレー大名ラ ジャパネーズ店』は、「地下鉄赤坂駅」から徒歩で約5分ほどの場所にあります。

こちらの店舗は、スタンディングバーの間借りで営業されているため、立ったままサクッとカレーを楽しむことができるんです。

『プラウド白いキーマカレー大名ラ ジャパネーズ店』外観

画像:CHIHIRO

『白いキーマカレー』(1,200円)は、ライスの上にのせられたキーマカレーの周りに、パクチー(水菜に変更可能)、大葉、青ねぎ、かいわれがたっぷりと盛り付けられたヘルシーで贅沢な一皿です。テイクアウトもできますよ。

『プラウド白いキーマカレー大名ラ ジャパネーズ店』の白いキーマカレー

画像:CHIHIRO

店長・のんちゃんお手製の『ポテサラ』(+200円)は、白いキーマカレーのスパイシーな味わいにマイルドなやわらかさを加えてくれる、おいしさあふれるトッピングです。

『プラウド白いキーマカレー大名ラ ジャパネーズ店』のノンちゃんお手製ポテサラ

画像:CHIHIRO

ライスには、タイ米を中心に黒米や雑穀米が使用されており、キーマカレーの味わいと相性抜群です。

『プラウド白いキーマカレー大名ラ ジャパネーズ店』のライスはタイ米に黒米と雑穀をブレンド

画像:CHIHIRO

カウンターにホットソースとはちみつが置いてあり、辛いものが好きな方はホットソースで辛さを足して、少し甘さを加えたい方ははちみつを足していただきます。

『プラウド白いキーマカレー大名ラ ジャパネーズ店』のテーブル上のホットソースとはちみつ

画像:CHIHIRO

途中で4種類のハーブを全部混ぜて食べるのですが、体にやさしいフレッシュハーブのおいしさが止まらない、贅沢な味わいに仕上がります。

『プラウド白いキーマカレー大名ラ ジャパネーズ店』の白いキーマカレー

画像:CHIHIRO

途中でライムやオレンジを絞って酸味を加えても、また違ったさわやかな味わいを楽しめますよ!

『プラウド白いキーマカレー大名ラ ジャパネーズ店』の白いキーマカレーにはライムとオレンジも添えられている

画像:CHIHIRO

白いカレーも白いキーマカレーも、おいしくて思わず笑顔になってしまいます。

どちらも、オーナー塩塚さんの「カレーを通して訪れた方を笑顔にしたい」という思いがこもっているからこそ! 感動してしまうこと間違いなしですよ。

一つひとつの素材にこだわったフレッシュで記憶に残るカレーを食べに、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
■白いカレーP2 FC今泉店
住所:福岡市中央区今泉1-13-27 101

■プラウド白いキーマカレー大名ラ ジャパネーズ店
住所:
福岡市中央区大名1丁目9−52 セントベーネビル1F
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#福岡のカレー をまとめてチェック!
#天神 #テイクアウト #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【糸島ニューオープン】絶景ツリーハウスカフェ

【薬院ニューオープン】高級フルーツパフェ
【コストコ】お弁当におすすめ商品3選