TOP > グルメ > 東区土井にオープン!ふわっふわしっとりたまらない♡高級食パン新店「なるへそタンマ」

東区土井にオープン!ふわっふわしっとりたまらない♡高級食パン新店「なるへそタンマ」

2021.04.02

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、おいしいもの大好きなライター・ayu.latteです♡

最近ブームとなっている高級食パン専門店。「気になるけど食べたことない」という方にも「高級食パン専門店大好き!」な方にもご紹介したい、おもしろくておいしい高級食パンをご紹介します。

4/3オープン!気になる店名ながら味は実力派の高級食パン店「なるへそタンマ」(福岡市東区土井)

今回ご紹介するのは、福岡市東区土井に2021年4月3日にオープンする『なるへそタンマ』! おもしろい名前ですね。

なるへそタンマ 外観

画像:ayu.latte

道路沿いにある、招き猫のようなひときわ目を引く猫の看板が目印です。

あのベーカリープロデューサー・岸本拓也さんが手掛けたお店!

このお店をプロデュースしたのは……

なるへそタンマ 岸本さん

画像:ayu.latte

今、日本中でブームとなっている食パン専門店の仕掛け人、ベーカリープロデューサーの岸本拓也さん!

福岡のお店では、『偉大なる発明』『奇人と変人』など変わった名前の高級食パン専門店が知られていますね。それらも岸本さんの手掛けたお店なんです!

今回の『なるへそタンマ』は長崎県でスーパーマーケットチェーンを展開する会社が本社。

毎日の食卓に並ぶおいしい何かを提供したいと新事業展開を模索していたとき、「パン店で街を元気にします!」をモットーに国内外を問わず、ベーカリーをプロデュースしている岸本さんの想いに共鳴し、プロデュースを依頼したのだそう。

プロデュースするにあたって、本社にゆかりのある長崎県五島について調べたときに、たくさん見つけた猫の話題。そんな猫を“やんちゃ”にして、お店のイメージにして使うことに。

また、五島は昭和の街並みを色濃く残していたのを感じ、1970~1980年代の雰囲気にしたいと考えたそう。

なるへそタンマ 紙袋

画像:ayu.latte

さらに、開発のときに「なるほど!」と思う瞬間があり、これを懐かしい言葉に変えて使いたいと、昭和に流行った「なるへそ」を店名に。

そこにまた昭和な言葉を組み合わせようということで、「なるへそタンマ」。「なるほど、ちょっと待って! おいしいパンができたんだよ!」というイメージで店名を付けたのだとか。

食パンに合うジャムも豊富♡

店内には、食パンに合うジャムも豊富に揃っています。

なるへそタンマ ジャム

画像:ayu.latte

私のお気に入りは『オリーブオイルとチーズ』(税込864円)。

ニンニクが効いていて、お酒にもピッタリな感じのジャムでした。ほかにも、キウイやイチゴなどの果物、そして皮ごと使ったというピーナッツバターもありました。

『さくら蜂蜜』(税込972円)は、試食に試食を重ね、お店で販売している『エシレバター』(税込520円)にぴったりだと選ばれた蜂蜜です。

同店の食パンを使った『ラスク』(税込302円)も。

なるへそタンマ ラスク

画像:ayu.latte

食パンはプレーンタイプ「至福のタンマ」とレーズンたっぷり「満足レーズン」の2種類!

常時店頭で扱っているのはプレーンタイプの『至福のタンマ』(税込864円)と、レーズンをたっぷり使っている『満足レーズン』(税込1,058円)の2種類。

なるへそタンマ 食パン

画像:ayu.latte

こちらのパンは岸本さんが2年ほどかけて開発したのだそう!

なるへそタンマ 材料

画像:ayu.latte

『至福のタンマ』は、耳が香ばしくふんわりとキメの細かい口溶けが味わえる生地。ふわふわで、しかもしっとり♡

高品質なグラスフェッドバター(牧草のみを食べて育った牛からとれるバター)と、食品添加物不使用の生クリーム、北海道産練乳や沖縄・奄美大島産の粗糖と、こだわりの素材の調和が深い味わいとなって楽しめます。まろやかな味の琉球の塩が、素材の味をよりいっそう豊かにしています。

『満足レーズン』は、オーストラリアの大自然で育まれた大粒のサンマスカットレーズンを、ミルキーでコクのあるリッチな生地に贅沢にたっぷりと練り込んだ食パン。

食べた瞬間に口いっぱいに広がるみずみずしくフルーティーな酸味が、さわやかでとてもおいしい!

売り切れたら閉店なので、お早めに!

食パンは、もちろんお店で毎日手作り。毎日大体150~200本の食パンが焼かれ、完売次第その日の営業は終了となるのでご注意を。

なるへそタンマ 焼く前

画像:ayu.latte

奥の厨房では次々と食パンが焼かれていました。

なるへそタンマ 焼き上がり

画像:ayu.latte

こんがりキツネ色に焼かれた食パンは見ているだけで食欲をそそりますね♡

なるへそタンマ 焼き立て

画像:ayu.latte

焼きたてのふわっふわな食パンをぱかっと開くと、湯気がふわっと立ち上ります。ちぎってそのまま食べたらおいしそう!

なるへそタンマ 断面

画像:ayu.latte

食パンだけじゃない、サンドイッチも要チェック!

また、サンドイッチも販売されていて、現在は3種類から選べます。

『たっぷり玉子の自家製たまごサンド』(税込389円)。

なるへそタンマ たまごサンド

画像:ayu.latte

毎朝お店で作られているたまごサラダに、ぴりっと効いているブラックペッパーがたまりません! 手に持つとずっしりと感じるほど、たまごがはさんでありますよ。

『まるごとミックスサンド』(税込497円)。

なるへそタンマ ミックスサンド

画像:ayu.latte

レタス、ハム、ポテトサラダ、そしてたまごサラダがサンドされています。

こちらは『アンデス高原豚の豚カツサンド』(税込572円)。

なるへそタンマ 豚カツサンド

画像:ayu.latte

とても肉厚の豚カツは、見ているだけでヨダレが出そう♡

どのサンドイッチの食パンも、通常より厚めに切られていますが、とてもふわふわなのでメインとなる具を邪魔することなく楽しめるのが特徴です。

サンドイッチのパッケージにも、かわいい猫のイラスト付きです♡

なるへそタンマ スタッフ

画像:ayu.latte

福岡の高級食パン専門店に加わった『なるへそタンマ』。季節ごとのフレーバーも販売する予定だそうで、そちらも楽しみですね!

ふわふわで、しっとりのおいしい食パンを買いに訪れてみませんか?(文/ayu.latte)

<店舗情報>
■なるへそタンマ
住所:福岡県福岡市東区土井1-22-29
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#福岡周辺 #パン #ニューオープン
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【GU着回し】“小顔効果抜群”大人コーデ
【ソウルフード】“ひらおの天ぷら”大特集
【ニューオープン】アマムダコタン姉妹店