TOP > グルメ > はちみつ使用のソフトクリームが人気! 北九州に新オープン“はちみつとコーヒーのお店”「YO-YO (ヨーヨー)」(八幡東区)

はちみつ使用のソフトクリームが人気! 北九州に新オープン“はちみつとコーヒーのお店”「YO-YO (ヨーヨー)」(八幡東区)

2021.04.09

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、はちみつとコーヒーが大好きなライター・ayu.latteです。

そんな私にとって、気になって仕方ないお店が北九州市八幡東区にオープンしたのでお邪魔してきました♡

あの人気店から独立!注目の新店「YO-YO (ヨーヨー)」(北九州市八幡東区)

北九州市八幡東区に2021年3月13日にオープンした『YO-YO (ヨーヨー)』。はちみつとコーヒーをメインに据えたお店です。

YO-YO外観

画像:nanairo45

「とにかくはちみつとコーヒーが大好きなんです」と笑顔で語るオーナー。

「ん? この組み合わせ?」と中には気付く方もいるかも!?

実は『YO-YO (ヨーヨー)』は、小倉北区にあるカフェ併設の天然はちみつ専門店『MIELE(ミエーレ)』から独立してオープンしたお店だそう。

★こちらの記事もオススメ★
とろ〜り蜂蜜&てんこ盛りチーズ♡「追い蜂蜜」できる絶品トースト(北九州市小倉北区)【MIELE tamachi】

とにかく覚えやすい名前にしたかった、という理由で付けられた店名はインパクト大ですね!

店内はシンプルな造り。でも、こだわりを随所に感じられます。

こちらのテーブル、写真では伝わりにくいですが、ゴールドカラーなんです! キラキラして、まるではちみつのよう♡

YO-YO店内

画像:ayu.latte

壁の下のほうには、「ハニーコム(いわゆる蜂の巣)」がかわいく隠れています♡

YO-YOの壁には「ハニーコム」が!

画像:ayu.latte

夕暮れどきにお邪魔したのですが、夕日が店内に差し込み、テーブルや椅子の影も長く伸びて、この時間にしか味わえないとってもすてきな雰囲気に……♡

YO-YOの夕暮れ時

画像:ayu.latte

こだわりのはちみつを販売

店内では、瓶入りのはちみつを販売しています。現在は、『カナダのはちみつ』『日本のはちみつ』『ブラジルのハーブのはちみつ』の3種類。

YO-YOはちみつ

画像:YO-YO

こちらは『カナダのはちみつ』(サイズによって1,200~3,400円)。

カナダのはちみつ

画像:ayu.latte

国によってミツバチの集める花が変わるので、はちみつの色の濃さ、味も違うそう!

店頭では表示されていませんが、空瓶を持ち込むと、カナダ産・ブラジル産は量り売りで必要な分だけ購入することもできますよ。

はちみつを使ったドリンク♡

こちらは『はちみつキャラメルのカフェ・オ・レ』(550円)。

はちみつキャラメルのカフェ・オ・レ

画像:nanairo45

スリーブを外してみると……こんなきれいな2層に!

はちみつキャラメルのカフェ・オ・レはきれいな2層に分かれています

画像:ayu.latte

よく混ぜて味わってください♡ ミルク本来の甘さと、キャラメルとはちみつの甘さ、そしてコーヒーのほろ苦さが混ざり合うことでとってもおいしい!

国産レモンと、タンポポ・クローバー・菜の花から採った『カナダのはちみつ』を使ったドリンクの『レモンスカッシュ』(500円)。

レモンスカッシュ

画像:YO-YO

炭酸が苦手な方には『レモネード』(450円)もあります。

要チェック!はちみつを使ったソフトクリーム♡

ソフトクリームのサイン

画像:ayu.latte

暗くなると灯る店先のソフトクリームのライト。オーナーによると「このライトが光るとよく目立つのか、ソフトクリームが売れるんですよね」とのこと。ソフトクリームにははちみつが使われています。

気になるメニュー……まずは『レモンアフォガード』(550円)

レモンアフォガード

画像:nanairo45

カップにたっぷり絞られたソフトクリームの上から、レモネードに使われるレモンシロップをたっぷりかけて、最後にレモンの輪切りを一つ。甘いソフトクリームと甘酸っぱいレモンシロップがとっても相性抜群です♡

『コーヒーアフォガード』(550円)

コーヒーアフォガード

画像:ayu.latte

苦いコーヒーと甘いソフトクリームのギャップが楽しめます。見た目にも美しい層ができてキレイです♡

コーヒーは挽きたて、淹れたての贅沢な1杯

コーヒーを淹れる様子

画像:ayu.latte

コーヒーは、フレンチプレスかペーパードリップから抽出方法を選択。オーダーごとに豆を挽き、丁寧に1杯ずつ淹れてもらえます(フレンチプレス450円、ドリップ500円)。

この丁寧さにぐっときます♡

“自分のための1杯”は本当に贅沢。ブラックが苦手な場合は、声をかければ砂糖の代わりにはちみつを入れてもらえるそう。

夕暮れ時のYO-YO外観

画像:nanairo45

4月の今は、18時頃から店先に明かりが灯ります。もう少しすると閉店時間まで明るくなるため、この雰囲気のある店先を見れるのはあと少しかな? そう思うと、なんだかちょっと寂しいです。

八幡東区の新名所、はちみつとコーヒーのお店にぜひ立ち寄ってみませんか?(文/ayu.latte)

<店舗情報>
■YO-YO(ヨーヨー)
住所:北九州市八幡東区祇園2-8-13
※この記事は公開時点の情報です。※文中価格は税込

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte
※画像/YO-YO、Instagram(@nanairo45

#福岡のスイーツ をまとめてチェック!
#北九州周辺 #カフェ #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ミニ財布】小さいけど機能性◎3選

【プロ直伝】夏のNGベースメイク
【垢抜けヘア】涼し気ショートボブ