TOP > グルメ > まるで異世界な幻想的空間♡深夜1時まで営業する癒しの喫茶店「叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)」(福岡県うきは市)

まるで異世界な幻想的空間♡深夜1時まで営業する癒しの喫茶店「叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)」(福岡県うきは市)

2021.04.01

こんにちは、隠れ家的なお店が大好きなライター・ayu.latteです。

今回はうきは市で深夜1時まで営業している喫茶店をご紹介します。

夜になると幻想的に灯るあかり「叙情詩Coffee, At night with you〜(じょじょうし)」(福岡県うきは市)

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし) 外観

画像:ayu.latte

『叙情詩Coffee, At night with you(じょじょうし)』は、うきは市吉井町の路地にたたずむすてきなお店。

お昼から営業していますが、外が暗くなる頃にひときわ目を引くこの看板が目印です。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし) 看板

画像:ayu.latte

お店は2階にあるので、階段をのぼっていくと……

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)ドライフラワー

画像:ayu.latte

とてもすてきなドライフラワーと幻想的なあかりが出迎えてくれます。

ちなみに、店内の一部のドライフラワーはオーナーの手作りだそう!

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし) ドライフラワー

画像:ayu.latte

とてもすてきな店内です。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)店内

画像:ayu.latte

今回は、こちらの席に案内していただきました。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)席

画像:ayu.latte

昼と夜で全く違う顔を見せる店内

お店は深夜1時(日曜のみ19時)まで営業していて、明るいときと陽が落ちてから暗くなる時間帯とでまったく違う表情になります。

この日お店を訪れたのは17時。お店の奥には、たくさんのキャンドルが並んでいました。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)キャンドル

画像:ayu.latte

火がともっていないのにこの存在感!

明るい時間に来ても楽しめるお店なのですが、陽が落ちる頃(3月時点で18時くらい)になると、キャンドルに火が灯ります。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)キャンドル

画像:ayu.latte

とっても幻想的! こんな空間は生まれて初めてで、とっても感動しました。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)キャンドル

画像:ayu.latte

実はこちらのキャンドル、オーナーの手作り! キャンドルに魅了されて自分で作るようになったそう。

東京でバリスタの修行をしていたオーナー。5年ほど前、福岡に戻り、ご縁があってお隣の『MINOU BOOKS&CAFE(ミノウブックスアンドカフェ)』というカフェで、夜だけ間借り営業していたそう。

その際に「あくまで今はMINOU BOOKSの営業ではない」ということの目印にキャンドルを使いはじめたことから、どんどんその魅力にハマったのだとか!

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)キャンドル

画像:ayu.latte

「キャンドルの魅力はどんな風に溶けるか分からないところ」とオーナー。

確かにもとは同じ円柱状だったキャンドルも、風向きなど、でキレイに下に溶けたり、一面だけ大きく溶けたり……見ているだけで楽しいですね。

店名の由来は“音楽”

店名の『叙情詩(じょじょうし)』。由来をお尋ねすると、1950年代~70年代に世界で活躍した米国の伝説のジャズピアニスト「Bill Evans(ビル・エヴァンス)」の音楽が関係しているそう。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)音楽

画像:ayu.latte

美しい旋律の叙情的なピアノと、見た目のクールさと知的さ、繊細な雰囲気から、男女を問わず人気があります。

その「叙情的」というイメージから店名をつけられたそう!

「叙情的な音楽をベースに、コーヒーとキャンドルを楽しんでいただけたら」という想いがこもっています。

オススメは「エスプレッソ」

「オススメは?」とお尋ねすると、「エスプレッソですね」とのこと。

なので、エスプレッソ系のドリンクの『カプチーノ』(税込500円)をオーダーしました。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)カプチーノ

画像:ayu.latte

スチームミルクがふわふわでやさしい口当たりながら、しっかりとエスプレッソを感じられるおいしいカプチーノです。

コーヒーが飲めない方のためにも、ノンカフェインのドリンクも用意されています。

こちらは『ホットショコララテ』(税込600円)。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)ホットショコララテ

画像:ayu.latte

美しいクレマ(エスプレッソの液面に浮かぶ泡)にうっとりしてしまう1杯。あまりのおいしさに感動でした♡

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)ホットショコララテ

画像:ayu.latte

また、同じうきは市にあるカフェ『jingoro(ジンゴロウ)』の週替わりの焼き菓子(税込550円から)を楽しむこともできます。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)ジンゴロウの焼き菓子

画像:叙情詩 〜Coffee, At night with you〜

こちらはテイクアウトも可能だそうです。

このときのスイーツはキャラメルパウンドケーキ。何が用意されているかは、訪れたときのお楽しみです♡

★こちらの記事もオススメ★
『jingoro(ジンゴロウ)』のテイクアウトもできる「いちごのティラミス」(福岡県うきは市)

暗くなったあと、キャンドルの火が揺らめくのを見ているだけで、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)キャンドル

画像:ayu.latte

オーナーさんが「深夜1時まで(日曜は除く)」という営業時間にこだわっているのは、「同業者や、夜遅くまで働いている方が来られるように」だそう。

「仕事を終えて、ゆっくりと音楽を聴きながらコーヒーを楽しめる時間を提供したい」という想いが込められています。

また、店内ではオーナー手作りのキャンドルも販売しています。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)キャンドル

画像:ayu.latte

どれも違う表情で、お気に入りのものを見つけるのも楽しいですね。

叙情詩〜Coffee, At night with you〜(じょじょうし)キャンドル

画像:ayu.latte

音楽とコーヒーとキャンドルで、日常の疲れを癒やしに訪れてみませんか?(文/ayu.latte)

<店舗情報>
叙情詩 Coffee, At night with you〜(じょじょうし)
住所:福岡県うきは市吉井町1140-5-2F

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte
※画像/叙情詩 〜Coffee, At night with you〜

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#筑後周辺 #カフェ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【話題のスイーツ】マリトッツォってなに?
【無印良品】マストバイアイテム
【東区ニューオープン】高級食パン専門店