TOP > グルメ > テラス席でのんびりできる!北九州市小倉のバーが“昔懐かしメニュー”がそろう純喫茶に変身中【Mirabeau(ミラボー)】

テラス席でのんびりできる!北九州市小倉のバーが“昔懐かしメニュー”がそろう純喫茶に変身中【Mirabeau(ミラボー)】

2021.03.02

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

友達とお話しながらゆっくりできるカフェを探すことってありませんか?

今回は、北九州市・小倉にある、懐かしさを感じるスイーツやドリンクを、ゆっくり楽しめるお店をご紹介します。

小倉の街中にたたずむ居心地の良すぎる「純喫茶ミラボー」(北九州市小倉北区)

小倉北区・魚町の街中にあるダイニングバー『Mirabeau(ミラボー)』。

現在は期間限定(終了日未定)で『純喫茶ミラボー』として営業しています。目印は、この看板。

純喫茶ミラボー 看板

画像:chippachapus

お店はエレベーターを上がって4階にあり、隠れ家のようでワクワクします。

Mirabeau(ミラボー)店内

画像:chippachapus

もともとは大人数の宴会などもできるダイニングバーなので、席数も多く、店内は広々としています。

昔懐かしのメニューが勢ぞろい♪

メニューは“喫茶店ならでは”のものがズラリ。ランチからスイーツ・ドリンクまで、どこか懐かしさを感じるものばかりでした。

メニュー

画像:純喫茶ミラボー

その中で、今回いただいたのは『プリンアラモード』(税込880円)。

プリン

画像:chippachapus

プリンは、福岡・鞍手産の『味宝卵』を使用し、かために焼き上げられています。少しほろ苦さがあり、甘さは控えめ。

プリン

画像:chippachapus

フルーツは、日常にあふれているスタンダードなものを使用するようにしているそう。

フルーツ

画像:chippachapus

りんご、キウイ、バナナ、みかん、さくらんぼなど。あえて“今っぽい”いちごや桃は使用しないスタイルなんだとか。

フルーツ

画像:chippachapus

プリンをそのまま食べるのはもちろん、フルーツと一緒に食べてもおいしかったです♪

シンプルにプリンだけを楽しみたい方は、『味宝卵の喫茶プリン』(税込480円)もおすすめです。

喫茶店といえばコレ!なクリームソーダは全3種類

喫茶店といえば! 『クリームソーダ』(税込480円)。

クリームソーダ

画像:chippachapus

ブルーハワイ、イチゴ、メロンの3種類あります(上の写真は左がブルーハワイ、右がメロン)。

「せっかくお店に来ていただいたお客様に、何か記念に残るものを提供したい」というオーナーの想いで置かれたメニューだそう。

クリームソーダ

画像:chippachapus

今は簡単にジュースサーバーからもメロンソーダを出すことができますが、ここでは30年前の作り方と同様、三ツ矢サイダーにシロップをいれるスタイルで作っているそうです。

アイスをかき混ぜて飲むと、とってもおいしかったです!

店名「Mirabeau」の由来とは?

店名の『Mirabeau(ミラボー)』の由来となったのは、フランスにある“ミラボー”という小高い丘。

お店が4階にあることから、その小高い丘に見立てているそう。

ダイニングバー

画像:chippachapus

テラス席もあるので、晴れた日はテラスでゆっくりカフェタイムを過ごすのも良いですね。

ダイニングバー

画像:chippachapus

普段なかなか行かないような場所に行くと、旅行気分を味わえて楽しいですよね。

『純喫茶ミラボー』が作る、非日常的空間をぜひ楽しんでみてください。(文/chippachapus)

〈店舗情報〉
純喫茶ミラボー
住所:北九州市小倉北区魚町2-2-15 東邦ビル4F
純喫茶ミラボーの店舗情報
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#北九州周辺 #ドリンク #スイーツ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【掃除】自動製氷機の簡単リセット術

【恋愛】追われるオンナの共通点
【ワーママ】ラク家事&収納のコツ