TOP > グルメ > 博多阪急に初登場! “手土産にもおすすめ”パケ買いしたい焼き菓子店「ガレット オ ブール」

博多阪急に初登場! “手土産にもおすすめ”パケ買いしたい焼き菓子店「ガレット オ ブール」

2021.02.23

人気洋菓子メーカー『モロゾフ』の焼き菓子の新しいブランド『ガレット オ ブール』が博多阪急に期間限定で出店中。

こだわりのバターのおいしさがたっぷり味わえる焼き菓子のお店で、九州初登場です!

博多阪急での出店は、2021年3月2日(火)まで。今だけ福岡で楽しめる『ガレット オ ブール』の焼き菓子を楽しみませんか。

九州初登場!モロゾフの新ブランド「ガレット オ ブール」

フランス語で「バターの焼き菓子」という意味を持つ、『ガレット オ ブール』は、その名の通りバターを楽しむ焼き菓子専門店。

フランス・イズニー社の上質な発酵バターの味わいが楽しめる焼き菓子と、思わず手に取りたくなるようなデザインのパッケージが魅力です。

モロゾフの新ブランド「ガレット オ ブール」

画像:PR TIMES

モロゾフで人気の焼き菓子『ファヤージュ』『アルカディア』に次ぐ新たな“定番”として、こだわりのバターのおいしさをたっぷり味わえる焼き菓子が楽しめます。

3月2日(火)までの期間限定で、博多阪急の地階「プロモーションスペース0」に出店中です。

こだわりのバターはフランス産

バターをしっかり感じられる味わい、バターをやさしく感じられる味わい、さくさく食感、ほろほろ食感……「個性あふれる焼き菓子を通してバターの持つさまざまな表情を楽しんでほしい」という想いが込められている『ガレット オ ブール』の焼き菓子。

主役のバターには、フランス・イズニー社の発酵バターを使用しています。

モロゾフの新ブランド「ガレット オ ブール」 フランス・イズニ―社の発酵バター

画像:PR TIMES

16世紀から続くフランスきっての酪農地帯ノルマンディー地方でも、良質なミルクの産地として知られているイズニーサントメール酪農協同組合の集乳エリア。

そんなイズニー社の“さわやかながら奥行きのある味わい”の、発酵バターのおいしさをさまざまな角度から引き出すため、『ガレット オ ブール』では風味・食感が多彩な焼き菓子に仕立ててあります。

バターが主役の焼き菓子!気になる商品ラインアップをチェック

『ガレット オ ブール』の商品ラインアップ(一部)をチェックしていきましょう!

1:ガレット オ ブール カリテ エキストラ

ガレット オ ブール カリテ エキストラ

画像:PR TIMES

A.O.P認定(※)の発酵バターをたっぷりと使用した厚焼きタイプのサブレ。バターの香りと味わいがしっかりと感じられます。
(※)EUが認める認証制度。原産地の名を付けることを許された最高級を意味するA.O.P.は、フランスにおいて数社にしか認定されていません。

ガレット オ ブール カリテ エキストラ

画像:PR TIMES

【参考】
ガレット オ ブール カリテ エキストラ~Spécialité~/6個入 1,000円(税別)

2:ガレット クラシック

ガレット クラシック

画像:PR TIMES

さわやかで奥行きのある発酵バターの味わいが楽しめる厚焼きタイプのサブレ「ガレット ブルトンヌ」、シンプルな原料とたっぷりの発酵バターでさくっと食べやすい「ガレット ナンテ」、バターと相性の良いレーズンをアクセントに柔らかな食感に焼き上げたガレット「ガレット オ フリュイ(レザン)」、キャラメル化した砂糖の香ばしさと発酵バターの香りが調和したざくざく食感のパイ 「ガレット フィーユ」。

ガレット クラシック

画像:PR TIMES

バターの風味を4種類の味わいで楽しめます。

【参考】
ガレット クラシック/20個入 2,000円、30個入 3,000円(いずれも税別)

3:ガレット オリジナル

ガレット オリジナル

画像:PR TIMES

たっぷりと発酵バターを使った、バニラ風味の“ほろほろ”とした食感のクッキー「バニラ」、生地にゴーダチーズを織りこんだ“かりかり”とした食感のクッキー「チーズ」、抹茶を使用した、軽く崩れる“さらさら”とした食感のクッキー「抹茶」、チョコレートとアーモンドスライスを織りこんだ“さくさく”とした食感のクッキー「カカオ」。

ガレット オリジナル

画像:PR TIMES

4つの“食感”が楽しる詰め合わせです。

【参考】
ガレット オリジナル/18個入 1,000円(税別)

パケ買いしたくなるようなかわいいデザインも魅力! おうちでのおやつとして自分用にはもちろん、贈りものにも喜ばれそうです。(文/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。※出展:PR TIMES(モロゾフ株式会社)

【参考・画像】
※PR TIMES(モロゾフ株式会社

#グルメ をまとめてチェック!
#博多 #スイーツ #手土産
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【検証】本当に透けない下着の色は?
【簡単レシピ】“映える”お弁当のおかず
【ニューオープン】アマムダコタン姉妹店