TOP > グルメ > 約8cmのたまご焼きがドーン!“モチっとサンドが連日完売”「井尻駅」近くの人気パン店「くぅらぼ」(福岡市南区)

約8cmのたまご焼きがドーン!“モチっとサンドが連日完売”「井尻駅」近くの人気パン店「くぅらぼ」(福岡市南区)

2021.02.06

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

パン屋さんって行くだけでわくわくしますよね! 今回は、福岡市南区の、オーナーが何度も試行錯誤して誕生した驚きのパンが買えるお店をご紹介します。

西鉄井尻駅すぐそば!わざわざ足を運びたくなるパン屋「くぅらぼ」(福岡市南区)

西鉄「井尻」駅から徒歩1分の場所にある『くぅらぼ』。地元の方はもちろん、最近では遠くから足を運ぶ方も増えているというお店です。

くぅらぼ 看板

画像:chippachapus

お店では、「国産小麦使用」「自家製天然酵母使用」「厳選された食材を使用」「産地へのこだわり」「健康重視」の5つのこだわりを持ってパン作りをしています。

くぅらぼ パン

画像:chippachapus

また、“子どもが食べられるパン”として、子どもが素直に「おいしい」と言ってくれるようなパンを目指しているんだとか。アレルギーに対応したパンもありました。

大きなたまご焼きが丸ごとドーン!インパクト抜群の「たまご焼きさんど」が話題

最近SNS上で話題となっている『たまご焼きさんど』(税込300円)。1月の新メニュー「もちパンシリーズ」のひとつとして登場したパンです。

くぅらぼ たまご焼きサンド

画像:chippachapus

もちっとした「もちパン」に、約7~8cmほどある分厚くて大きなたまご焼きがサンドされています。

くぅらぼ たまご焼きサンド

画像:chippachapus

オーブンでゆっくり蒸して作っているというたまご焼きは、ほんのり甘さがあってシンプルだけど、どこか懐かしさを感じる素朴な味。

小さい頃、お母さんが作ってくれたたまご焼きをイメージしているそうです。

パンくぅらぼ たまご焼きサンド

画像:chippachapus

見た目のインパクトはかなりありますが、味は落ち着いていて、とてもおいしかったです♪

日本の発酵食品をヒントに生み出された「もちパンシリーズ」

もちパンは、餅粉が入っているのが一番の特徴。「もちパンシリーズ」は、全4種類あります。

くぅらぼ もちパンシリーズ

画像:chippachapus

「もちパンシリーズ」は、職人が「電子レンジで温められて、次の日も硬くならないパンは作れないか」と思ったのがきっかけで誕生したのだとか。

餅粉をいれることで、硬くなることを防ぎ、レンジで温めてもモチっとなる製法を生み出したそうですよ。

こちらは、「これでもか!」というほどたっぷりきな粉がかかった『きなこもち』(税込250円)。

くぅらぼ きなこもち

画像:chippachapus

黒蜜を塗ったもちパンに、自家製のあんこが挟まっています。

くぅらぼ きなこもち

画像:chippachapus

きな粉、あんこ、黒蜜ともちパンの相性は抜群でした。

人気No.1!国産小麦100%使用「絹糸食パン」

同店人気No.1の『絹食パン』を使用した『絹のガーリックトースト』(税込220円)。

くぅらぼ 絹のガーリックトースト

画像:chippachapus

分厚くカットされた食パンにガーリックバターが浸み込んでいて、噛んだ瞬間にバターがじゅわ~っと広がる感じがいい!

そしてなんといっても、こんなに分厚いのに、びっくりするほど柔らかいんです。

くぅらぼ 絹のガーリックトースト

画像:chippachapus

はずせない王道メニュー!メロンパン&明太フランスは人気No.2&3

パン屋さんといえばはずせないのが、『メロンパン』(税込150円)。アーモンド風味のさくさくしたビスケット生地が人気の秘訣です。

くぅらぼ メロンパン

画像:chippachapus

こちらは『明太フランス』(税込180円)。ハード系のパンに明太子のペーストを塗って焼き上げています。

くぅらぼ 明太フランス

画像:chippachapus

中にも明太子がたっぷり入っているのも、うれしいですね。

くぅらぼ 明太フランス

画像:chippachapus

もうひとつ、外せないのが『カレーパン』(税込200円)。珍しいキューブ型です。

くぅらぼ カレーパン

画像:chippachapus

中は、炭火焼きの鶏肉がごろっと入った甘辛いカレー。カリッとしたパン生地の組み合わせが最高においしかったです。

くぅらぼ カレーパン

画像:chippachapus

全10種類!おやつとして食べたい菓子パンはこれ!

定番メニューの菓子パンは全部で10種類あります。その中でも今回実際に食べた2種類を紹介します。

『練乳クリーム』(税込150円)。お店オリジナルの“くぅ生地”に練乳クリームが入ったパン。

くぅらぼ 練乳クリーム

画像:chippachapus

『あんバターサンド』(税込150円)。フランスパン生地に粒あんとバターがサンドされた人気メニュー。

くぅらぼ あんバターサンド

画像:chippachapus

新商品は月替わりで登場!これからも目が離せません

店名の『くぅらぼ』は、「くぅ=空(から)・食べる(食う)」+「らぼ=laboratory」。何もないところからいろんなものを生み出す研究所を表しています。

新商品は月ごとに登場していくそうで、今後もおもしろいメニューがまだまだたくさん控えているんだそう♪

くぅらぼ 店内

画像:chippachapus

『くぅらぼ』には、わざわざ行きたくなるような魅力的でおいしいパンがたくさんあります。人気メニューは早い時間に完売してしまうためお目当てのパンがある方は早めの来店がオススメ!

ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか♪(文/chippachapus)

〈店舗情報〉
くぅらぼ
住所:福岡市南区井尻5-2-1
詳細はくぅらぼ
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#福岡周辺 #パン #テイクアウト
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【美容師おすすめ】低身長さんに似合うヘア
【時短家事】トイレ掃除で手放したモノ
【ダイソー】車内で役立つ便利グッズ