TOP > グルメ > 肉肉しい旨味が口内爆発!“福岡に革命が起こるかも”な「.comm」の超巨大ジビエホットドッグ【古後大輔のふくおかパンライフ#59】

肉肉しい旨味が口内爆発!“福岡に革命が起こるかも”な「.comm」の超巨大ジビエホットドッグ【古後大輔のふくおかパンライフ#59】

2021.02.01

ぱんにちは〜!

今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回はめったに食べられない、貴重な“ジビエソーセージ”のホットドッグを紹介!
※記事本文の価格はすべて税込

広島生まれのファンタスティックでエンタメなジビエソーセージ専門店「.comm」(福岡市中央区鳥飼)

先週ご紹介した『SAND GOTO(サンドゴトウ)』のお隣で新店を発見 (前回の記事はこちらから)!

.comm(ドットコミュ)福岡店 外観

画像:シティ情報ふくおか

そうそう、昨年工事していたのが気になっておりました。

広島からやってきたジビエソーセージ専門店『.comm(ドットコミュ)福岡店』。広島の本店に次いでの2号店。オープンしたのは2020年12月です。

.comm(ドットコミュ)福岡店 外観

画像:シティ情報ふくおか

店内のショーケースにて、ソーセージを販売。

.comm(ドットコミュ)福岡店 ショーケース

画像:シティ情報ふくおか

.comm(ドットコミュ)福岡店 ソーセージ

画像:シティ情報ふくおか

通り沿いにはテイクアウトメニューの販売窓があるので、こちらからもオーダー可能。福岡店・店長の奥島さん(広島男児)、さわやかな笑顔が眩しい、よか男です!

.comm(ドットコミュ)福岡店 店主

画像:シティ情報ふくおか

店のロゴマークやショップカードがこれまたキャッチーでユニーク!

.comm(ドットコミュ)福岡店 ロゴ

画像:シティ情報ふくおか

「食べるとみなぎるソーセージ専門店」「ジビエ肉を扱ったファンタスティックなエンターテインメント集団」など、キャッチコピーがこれまたごきげんなテンション!

.comm(ドットコミュ)福岡店 ショップカード

画像:シティ情報ふくおか

イノシシ、シカをメインに16種類!どのソーセージと出会えるかも楽しみの一つ

そんな規格外なコンセプトを持つ『.comm(ドットコミュ)』のオリジナルソーセージのメニューがこちら。

.comm(ドットコミュ)福岡店 ソーセージメニュー

画像:シティ情報ふくおか

イノシシ、シカをメインに16種類! すべて広島のオーナーによる手づくりで、渋谷・名古屋・千葉の人気ショップや料理研究家とのコラボソーセージなどその内容は多種多様!

いずれも良質な素材ありきの限定生産なので、どのソーセージがあるかはその日の仕入れ次第の運次第。

だからこそ、巡り合えたときのおいしさは半端ないはず。これもまたジビエでしか楽しめないおいしさの一つ!

店では大きくうたってないけれど、すべて食品添加物不使用です。ソーセージ好きの人ならなおさらわかるその凄さ、というか、気合い。それで、この価格。もう、どこまでもこだわりまくりの内容です!

こんな魅力的でおもしろいソーセージ作りをしている広島のオーナーは……

.comm(ドットコミュ)福岡店 オーナー

画像:シティ情報ふくおか

こんなお二人だそうです(笑)。見た目からして、確かにファンタスティク! すこぶるエンターテインメント!

このビジュアルだけでわかる、かなりのわんぱく具合! 数々のテレビや雑誌にも登場している、ジビエ界の革命家的存在。

.comm(ドットコミュ)福岡店 オーナー

画像:シティ情報ふくおか

どこまでも深堀りできそうなお二人のようですが、その詳細は近々『シティ情報ふくおか』でまた今度取材をさせていただくとして……まずはどんな方々なのか知りたい人はお店のHPをチェックあれ。

イノシシの野性味パワーがみなぎる!超巨大ジビエソーセージのホットドッグ

そんなこんなから見つけた! 今回ご紹介したいパンがこちら、『ホットドッグ』(700円)。

.comm(ドットコミュ)福岡店 ホットドッグ

画像:シティ情報ふくおか

ソーセージはもちろんジビエソーセージ。定番人気の『猪ソーセージプレーン』のホットドッグ専用特大サイズ!

.comm(ドットコミュ)福岡店 ホットドッグ

画像:シティ情報ふくおか

いや〜、あるようで、なかった、手軽なジビエドッグ。これはうれしいニュースではないでしょうか。

.comm(ドットコミュ)福岡店 ホットドッグ

画像:シティ情報ふくおか

原材料は、猪肉、豚脂、塩、海藻粉末、三温糖というごくごくシンプルなソーセージ! だけどもこれがうまいのなんのって!

やっぱりジビエの野性味って、すんげ~パワーあるなぁって感じで、一口ごとに肉々しいパワフルな旨味が口内爆発!!

そんな野性的なソーセージのおいしさをしっかり受け止めてくれるパンを作っているのは、なんと六本松の人気店『マツパン』。

.comm(ドットコミュ)福岡店 ホットドッグ

画像:シティ情報ふくおか

.comm(ドットコミュ)福岡店 マツパン

画像:シティ情報ふくおか

★こちらの記事もオススメ★
六本松の人気店!パン好きが通う「マツパン」

そして、なんと粒マスタードまで自家製! 素材・ボリューム・味わい、すべて半端ナイ!

.comm(ドットコミュ)福岡店 粒マスタード

画像:シティ情報ふくおか

.comm(ドットコミュ)福岡店 ホットドッグ

画像:シティ情報ふくおか

ちなみに、パンではないが、今回はおすすめの『ソーセージランチボックス』(1200円)もオーダー。

.comm(ドットコミュ)福岡店 ソーセージランチボックス

画像:シティ情報ふくおか

その日にあるソーセージから好きなものを3種類選択可能。

今回は『猪ソーセージプレーン』、渋谷のタイ料理店「CHOMPOO」とのコラボ『チェンマイソーセージ』、料理研究家・木島多枝子作「山のハーブソルト」を使った『ハーブソルト&バジル taeko』の3本をチョイス。付け添えのザワークラウトも自家製です。

.comm(ドットコミュ)福岡店 ソーセージランチボックス

画像:シティ情報ふくおか

こちらのボリュームもたっぷり。これはかなりお得ですよね〜。

このソーセージを自分でパンに挟んでオリジナル・ジビエドッグを作ってみるのも、おもしろそうです!

.comm(ドットコミュ)福岡店 ソーセージランチボックス

画像:シティ情報ふくおか

.comm(ドットコミュ)福岡店 ソーセージランチボックス

画像:シティ情報ふくおか

ジビエにしても、ホットドッグにしても、このエンタメ的アプローチ、ほんと斬新というか刺激的!

これ、ジビエ革命、ホットドッグ革命あるかもです。

なんでも、お隣の『SAND GOTO』と一緒に買って、食べる前からホクホク顔で帰っていくファンが多いんだとか。

晴れた日はのんびり大濠公園でも散策しながら、鳥飼に偶然誕生したこの「サンド界の革命児的黄金コンビ」を豪快に頬張れば、確かに、そりゃー、最強だわ!  いやー、最高だわ!(文/古後大輔)

〈店舗情報〉
.comm(ドットコミュ)福岡店
住所:福岡市中央区鳥飼2-1-46
詳細は.comm(ドットコミュ)福岡店
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文/古後大輔
※画像/シティ情報ふくおか

#福岡のパンをまとめてチェック!
#グルメ  #テイクアウト #ニューオープン
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【検証】本当に透けない下着の色は?
【簡単レシピ】“映える”お弁当のおかず
【ニューオープン】アマムダコタン姉妹店