TOP > グルメ > リピーターが“一番おいしい”と太鼓判!福岡で19年も続く「Canary Cafe」の贅沢いちごパフェ(福岡市西区)

リピーターが“一番おいしい”と太鼓判!福岡で19年も続く「Canary Cafe」の贅沢いちごパフェ(福岡市西区)

2021.01.27

こんにちは。カフェ巡りをはじめて10年以上、訪れたカフェは延べ900店舗に手の届きそうなライター・ayu.latteです。

今回は2009年に訪れて以来、12年ぶりとなるカフェに久々におじゃましてきました!

オープン19年目!パフェとカレーの有名なカフェ「Canary Cafe(キャナリーカフェ)」(福岡市西区)

福岡市西区愛宕にある『Canary Cafe(キャナリーカフェ)』は、なんとオープンして19年目というカフェ!

Canary Cafe 外観

画像:ayu.latte

当初は夜カフェとしてオープンされたそう。実は私、2009年におじゃましたことがあり、以来12年振りの訪問でした! 19年も続いているなんてすごいことです♡

Canary Cafe 看板

画像:ayu.latte

お店の壁や入口には鳥のモチーフが。

Canary Cafe 看板

画像:ayu.latte

オーナーが、どんな名前をつけるか迷っていたときに、カナリア(Canaryが「幸せを呼ぶ鳥」とアメリカでいわれていることを知り、「来てくれるお客様に幸せが舞い降りるように」という想いを込めて付けたのだそう! すてきなエピソードですよね♡

こぢんまりとした店内は、とても居心地のいい空間

店内には、4人がけのテーブル席が1卓と、テーブル席が2卓。

Canary Cafe 店内

画像:ayu.latte

そして、カウンター席が数席のとてもこぢんまりとした作り。

Canary Cafe 2人席

画像:ayu.latte

オーナーのお父さまは建築関係のお仕事、お母さまは喫茶店経営をされていたのだとか。そんな姿を見て育ったので、飲食店勤務を経てカフェをオープンするにあたって、店内外の、できるところはすべて手作りしたそうです。

今までのパフェメニューの中でおいしさが一番と話題!“本気のいちごパフェ”

『贅沢ストロベリーとライチパンナコッタのパフェ』(税別1,300円)は、「今までのCanary Cafeのパフェの中で“1番おいしい記録”更新!」と常連さんからの太鼓判のパフェ。

Canary Cafe いちごパフェ

画像:ayu.latte

たっぷりのいちごの下にはバニラアイス、生クリーム、ストロベリーソース、グラノーラ、そして珍しいライチのパンナコッタが入っています。

どんな感じかな~と一口いただくと、これがとっても合う! ライチのサッパリとした甘みがいちごの甘酸っぱさとマッチしています♡

Canary Cafe いちごパフェ

画像:ayu.latte

後ろから見るとわかるのですが、パフェの上の部分には昔からこのカフェの看板メニューとして出されていたワッフルも! ハート型でとってもかわいいですよね♡

Canary Cafe ワッフル

画像:ayu.latte

お客様に楽しんでいただけるよう、ほぼ毎月のように限定パフェメニューが登場しています。こちらのパフェは2月の中旬位まで提供される予定だとか。みなさんも限定パフェを目的に、毎月のように来店しているそうですよ。

ドリンク類も豊富!

今回は冷たいパフェとあわせるのに、温かいお茶をチョイスしました♡

Canary Cafe お茶

画像:ayu.latte

ジャスミンティーと桂花茶。

Canary Cafe お茶

画像:ayu.latte

ジャスミンティーは今やコンビニでも買えるので知名度はあると思うのですが、桂花茶って何?って思いますよね?

桂花茶とは、緑茶に金木犀(きんもくせい)の花の香りを移した「花茶」なのだそう。口をグラスに近づけると甘い香りが! 飲むと甘いわけではないのですが、とっても香りがいいんです。リラックスできますよ♡

ほかにも烏龍茶や蓮茶、プーアルティーなどのお茶が楽しめて、どれも税別550円です。

こちらは『クリームソーダ アオハル』(税別700円)。

Canary Cafe クリームソーダ

画像:Canary Cafe

ブルーキュラソーのさわやかさをベースに、炭酸とバニラアイスで絶妙にすっきり甘く仕上げたそう♡

こちらはレッドが目を引く『クリームソーダ ハツコイ』(税別700円)。

Canary Cafe クリームソーダ

画像:Canary Cafe

強炭酸とバニラアイスの最強タッグに、ミックスベリーと自家製ローズマリーで仕上げたクリームソーダ。ほどよい甘酸っぱさが、疲れた身体をシャキッとさせてくれそうですね!

また、カフェラテなどのコーヒー系のドリンクも。幅広いラインアップがうれしいですね。

Canary Cafe カフェラテ

画像:Canary Cafe

さらに、ごはんメニューもおいしいんです!

お店に入るとまず……カレーの香りがするんです♡ パフェを食べに来たのに思わずカレーを頼みたくなります(笑)。

こちらは『スペイン産のデュロック豚のカツカレー』(税別1,500円)。

Canary Cafe カツカレー

画像:Canary Cafe

豚肉は赤みが強く、霜降り状態のサシが食欲をそそるカレーライス!

こちらは『ステーキトルコライス』(税別1,400円)。

Canary Cafe ステーキトルコライス

画像:Canary Cafe

牛カルビステーキとバターライスが絶妙なおいしさ! ご褒美ごはんにはコレが人気なのだそう。

19年目に突入した『Canary Cafe』の、おいしいスイーツやご飯を堪能してみませんか?(文/ayu.latte)

<店舗情報>
Canary Cafe(キャナリーカフェ)
住所:福岡市西区愛宕2-15-25
詳細はCanary Cafe
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte
※画像/Canary Cafe

#福岡のカフェ をまとめてチェック!
#グルメ #スイーツ #福岡エリア
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【検証】本当に透けない下着の色は?
【簡単レシピ】“映える”お弁当のおかず
【ニューオープン】アマムダコタン姉妹店