TOP > グルメ > いつか行きたいシメ候補!“夜パフェ”の火付け役「Parfaiteria beL」が福岡に上陸

いつか行きたいシメ候補!“夜パフェ”の火付け役「Parfaiteria beL」が福岡に上陸

2021.01.19

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今は夜遅くまで飲んだり食べたりできない分、「行けるようになったら絶対行きたい!」というお店の情報を集めておきたいですね。

飲んだあと、スイーツを食べたくなることってありますよね。今回は、そのうち絶対このお店でシメパフェしたい!と思えるお店をご紹介します。

北海道発祥の人気の夜パフェ専門店「Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)」(福岡市中央区今泉)

夜パフェが楽しめると北海道や東京で話題の店が、福岡に初上陸しました!

2021年1月15日に福岡市中央区・今泉にオープンした、夜パフェ専門店『Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)』。店名の「beL」はフランス語で“きれいな女性”という意味だそうです。

parfaiteria beL(パフェテリア ベル) 店内

画像:chippachapus

食事などの〆にぴったりの、さっぱりとしたパフェが常時5~6種類あります。

一番おいしく食べられるのは、お酒を飲んだあとなんだとか♪

まさに芸術!圧倒的な美しさに見ているだけでうっとり

現在は、オープニングパフェとして5種類のパフェがあります。どれも本当にすてきです。

パフェ parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

画像:Parfaiteria beL

一つのパフェにつき10種類以上のスイーツやフルーツが使用されていて、一度にいろんな味や食感を楽しむことができます。フルーツは地のものメイン、スイーツはすべて手作りとのこと。

ほとんどのパフェにアルコールが使用されているのですが、ほんのり程度なのでお酒が苦手な女性でも食べやすいパフェです。

今回は、実際に食べた3種類をご紹介します。

ひとつのパフェの中で作り上げられた世界観がすごすぎる!「princess belle」

パフェの上の部分のドレス姿の女性、グラスの中の1輪の薔薇が印象的な『princess belle』(税込1,680円)。まるでおとぎ話に出てくる“お姫様と野獣”を思い出しますね。

ドレスパフェ parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

画像:chippachapus

このパフェには、なんと17種類ものスイーツやフルーツが入っているんです!

ドレスを表現しているのは、ファジーネーブルの寒天。中には、アールグレイジェラートが入っています。ドレスの下に敷いてあるのは、クローブで軽くコンポートしたデコポンです。

ドレスパフェ parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

画像:chippachapus

中の“ベルローズ”も、もちろん食べられます。

パフェ parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

画像:chippachapus

最後まであっさりしているので、かなり食べやすいパフェでした。

パフェ parfaiteria beL(パフェテリア ベル) 下の方

画像:chippachapus

新感覚!? ひらひらシートで高級感漂う「苺とシャンパーニュ」

この時期はずせないのは、やっぱりいちごですよね。

よく見るいちごのパフェとは見た目からまったく違うのが『苺のシャンパーニュ』(税込1,680円)。14種類の要素で構成されています。

苺とシャンパーニュ parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

画像:chippachapus

福岡県産あまおうがぎっしり並べられた上に、ウーウー寒天で作られたひらひらの透明シートが。

苺とシャンパーニュ parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

画像:chippachapus

これはピーチリキュールとクランベリージュースで作ったカクテルの寒天だそう。

苺とシャンパーニュ parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

画像:chippachapus

いちごとシャンパンムースとの相性が良いようで、一緒に食べると食感もおもしろかったです。

思わず触りたくなる、ふわふわな山がかわいい「羊蹄山」

見た目からふわふわしている感じが伝わってくる『羊蹄山(ようていざん)』(税込1,580円)。唯一アルコールを使用していないパフェです。

羊蹄山 parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

画像:chippachapus

気になる上の緑色の部分は、よもぎのジェノワーズ(スポンジ)。クレームダンジュ(チーズケーキ)にふりかかっています。

そしてもう一つ! 一番上は、ナスタチウムという食用植物なんです。水滴がついているのもかわいいですね♪

パフェparfaiteria beL(パフェテリア ベル) 羊蹄山

画像:chippachapus

スプーンですくうと中からルバーブソルベが出てきますよ。

パフェ parfaiteria beL(パフェテリア ベル) 羊蹄山

画像:chippachapus

グラスの内側にくっついている黒い水玉模様まで食べられて驚きました。『夜豆竹炭寒天』というそう。

パフェ parfaiteria beL(パフェテリア ベル) 羊蹄山 

画像:chippachapus

パフェを頼むと、頼んだパフェの構成が書かれた紙がもらえるので、それを見ながら食べ進めていくのが楽しかったです。

メニュー表 parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

画像:chippachapus

ゆっくりと落ち着ける木のぬくもりがある店内

店内のイメージは、北海道発祥ということもあり木材を基調にしたインテリアにすることで北海道っぽさを出しているそう。

カフェ parfaiteria beL(パフェテリア ベル) 店内

画像:chippachapus

ほかにもドライフラワーやアンティーク雑貨でかわいらしさもプラスしているそうです。

カフェ parfaiteria beL(パフェテリア ベル)店内 カウンター

画像:chippachapus

女性はもちろん、男性でも一人で来やすい雰囲気です。

パフェは季節ごとに入れ替わるものもあるので、今後も楽しみですね♡

天神や薬院などお店が集結するエリアの中にあるのもうれしいポイント。新しい文化、〆パフェを楽しめますよ。

夜の天神エリアをゆっくり楽しめるようになったらぜひ行ってみてくださいね。(文/chippachapus)

<店舗情報>
Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)
住所:福岡市中央区今泉2-4-36 TIO今泉2F
詳細はParfaiteria beL
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/chippachapus
※画像/Parfaiteria beL

#福岡のカフェ をまとめてチェック!
#グルメ #スイーツ #福岡エリア
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから