TOP > おでかけ > 連休のドライブ先にもおすすめ!佐賀県有田町で開催される「第16回 秋の有田陶磁器まつり」

連休のドライブ先にもおすすめ!佐賀県有田町で開催される「第16回 秋の有田陶磁器まつり」

佐賀県有田町では2020年11月19日(木)~23日(月・祝)、“食と器でおもてなし”をテーマにした「第16回秋の有田陶磁器まつり」が開催されます。

新型コロナウイルスの影響を考慮し、開催について協議を重ねた結果、感染対策を講じた上での開催が決定。有田焼の器はもちろん、町並み・食・紅葉など有田町の魅力を感じられるお祭りです。お店の人々との会話を通じて器選びをより楽しめるほか、おいしい有田の食を楽しんだり、ゆっくりと町を散策しながら、秋の有田を堪能できます。

1、焱の響演~薪窯(まきがま)めぐり~

有田には400年の歴史と伝統を継承し、今でも薪による窯焚きをしている窯元があります。普段は公開されていない伝統の薪窯焚きを、間近で体感。熟練の職人が操る焱の表情や煙突から立ち上る煙など、やきものの町・有田ならではの風景を楽しむことができます。

【柿右衛門窯】

11月21日(土) 9:00~12:00 / 13:00~16:00

380年を超える有田の名窯。

薪窯での本焼焼成が特別に一般公開されます。

柿右衛門窯

【源右衛門窯】

11月22日(日) 8:30~17:00

薪窯焚きと、職人が手作りで作陶する工房の見学も可能です。

【有田ポーセリンパーク】

11月21日(土) 10:00~15:00

園内にある登り窯「天狗谷窯」で窯焚きを公開。

状況に応じて、薪入れ体験もできます。

有田ポーセリンパーク 天狗谷窯

2、秋の有田を彩る紅葉

秋の有田を彩る5つの紅葉スポット。散策とともに、紅葉巡りも楽しめます。

【有田の大公孫樹(おおいちょう)】 ※期間中の18:00~21:00ライトアップ

樹齢約1,000年、高さ30.5mを誇る国の天然記念物。空と地面を黄金色に染める姿は圧巻です。

有田の大公孫樹

【泉山磁石場の紅葉】 ※11月19日(木)~23日(月・祝)までの期間限定特別公開

白い岩肌と紅葉のコントラストが絶妙。紅葉のトンネルを抜けると、一年に一度しか見られない角度から磁石場を見ることができます。

泉山磁石場

【有田町歴史民俗資料館の紅葉】

資料館を取り巻く約100本の紅葉は見事。また資料館から坂を上るとぐるりと紅葉の木に囲まれた相撲場が現れます。

有田町歴史民俗資料館

2.有田町歴史民俗資料館の紅葉…資料館を取り巻く約100本の紅葉は見事

3.泉山磁石場の紅葉…グラデーションで染まる紅葉のトンネル

※11月20日~24日の期間限定特別公開

4.アリタセラの紅葉…有田焼のショッピングリゾートの入口で出迎えてくれる紅葉

5.竜門峡…神秘的な渓谷美に映える紅葉

「秋の有田のまちあるき」

秋の有田をさらに楽しめる町歩きメニューです。「有田のまち歩き」特設ページ

「きものでありたさんぽ」

江戸~昭和期に建てられた上質な町屋が残るレトロな町並みを、着物を着て散策しませんか。着物のレンタルと着付けサービスに加え、町内の食事処(どころ)で使える「ランチ&caféチケット付きプラン」がおすすめです。色鮮やかな着物を着てタイムスリップ気分を味わいってみては。 ※3日前までの事前予約制

日時:10月1日 (火)~12月25日(水) 10:00~15:00 ※最終受付13:00

着付け場所:有田一番館(有田駅前)

料金:「ランチ&caféチケット付きプラン」1着3,500円(着物レンタル・着付け・1,000円分のランチ&caféチケット付き

「着物でおさんぽプラン」1着3,000円(着物レンタル・着付)

「ガイドと共に ブラアリタ」

NHKの番組でタモリさんが歩いた有田の名所を、観光ガイドが案内。地元ガイドならではの裏話を交えながら、楽しく巡ります。この期間だけのスペシャルなガイドツアーです。

※3日前までの事前予約制 ※1.5時間コース

日時:11月20日~24日 13:30~15:00

集合場所:泉山磁石場

料金:500円

コース:泉山磁石場~トンバイ塀~赤絵町まで全て徒歩

定員:20人(最少催行4人)

「うちやま百貨店」

国の重要伝統的建造物群保存地区でもあり、「日本の20世紀遺産」にも認定された内山の町並みが”百貨店”に大変身。雑貨やカフェなど20店以上が出店するほか、織物や木工などのワークショップも開催されます。いつもと違う町歩きが楽しめます。

日時:11月23日(土・祝)、24日(日) 10:00~16:00

場所:内山地区(有田町泉山~中の原)の町屋

「秋を感じる期間限定メニュー」

町内22の食事処で期間中、秋を感じる期間限定メニューが提供されます。有田町をはじめ佐賀県内の新鮮な食材を美しい有田焼の器で堪能できます。

期間:11月20日~24日

「CAFÉ DE ARITA」

トンバイ塀のある裏通りに、期間限定のオープンカフェが登場。コーヒーは有田焼ならではの模様が描かれた、有田焼のように見えるオシャレな紙コップで提供されます。さらに、同じ柄の磁器製タンブラーも限定販売されます。

日時:11月23日(土・祝)、24日(日) 9:30~16:30

場所:トンバイ塀のある裏通り

「有田まちなか案内ジュニア隊」

「有田キッズ検定」で有田町の歴史や観光スポットを学び、ガイド研修を修了した小学5、6年生が、今年も「まちなか案内ジュニア隊」としてデビュー。町内の観光名所を、地域の子どもたちが解説しながら案内します。大人顔負けの工夫を凝らした案内は、今や名物!

日時:11月23日(土・祝)、24日(日) 13:30~15:00

場所:泉山磁石場・大公孫樹

料金:無料

「有田町内の商店会・団体によるおもてなし」

有田町内の各商店会やボランティアグループの皆さんが、趣向を凝らしたおもてなしを準備しています。お店の人と器談義をしながら、お気に入りのやきものを見つけてみては。

「黒牟田・応法地区 陶彩弁当の販売」…窯元の器に有田町の料亭で作られた料理を盛り付けた人気のお弁当。由緒ある窯元の座敷でゆっくりと食事をして、器は持ち帰れます。価格2,500~3,000円。

「黒牟田・応法地区 陶彩スイーツの販売」…有田の銘菓”陶助おこし”を使った器付きスイーツ。

予約・問い合わせ:梶貞窯 電話:0955-42-3532

瑞峯窯 電話:0955-43-2241

幸楽窯 電話:0955-42-4121

※陶彩弁当・スイーツともに要予約

「大公孫樹を背景にミニライブ」  11月23日、24日

「トンバイ塀通り商店会にある縁結びスポット・山王神社のご開扉」

「皿山商店会スタンプラリー」

「有田駅前やきもの散歩道 商品券進呈」

「小路庵『秋の味で楽しみごぜん』の提供」…大正時代に建てられた古民家でいただく昔ながらの郷土料理。各日30食限定、価格600円。

「クックパッドワークショップ『お米と道具たち』」

クックパッドが運営する、料理が楽しくなるマルシェアプリ「komerco-コメルコ-」が全国各地からおいしいお米とお米を楽しむ道具を集めたポップアップストアを展開します。

日時:11月20日~24日 11:00~17:00

場所:Fountain Mountain (ファウンテン・マウンテン)

「秋の有田写真コンテンスト」

2019年秋に有田町内で撮影した写真を募集。受賞作品は、作品展にて展示されるほか、今後の秋の有田陶磁器まつりのPRに使用されます。

応募締切:12月2日(月) 必着

応募先:有田観光協会(佐賀県西松浦郡有田町岩谷川内2-8-1)

詳細は「秋の有田陶磁器まつり」特設ページから

以上のイベントについて

問い合わせ:有田観光協会

電話:0955-43-2121

※情報は2019.11.6時点のものです

<こんな記事も読まれています>
テンションあがる!ご褒美アイテム5選
【ファン殺到】鬼滅の刃聖地巡り in福岡
一度は行きたい!九州&山口の感動絶景