TOP > おでかけ > 【2023年最新】毎年人気「うみなかキャンドルナイト」!4日間だけのイルミネーションイベント
うみなかキャンドルナイト2023

【2023年最新】毎年人気「うみなかキャンドルナイト」!4日間だけのイルミネーションイベント

2023.12.14

福岡県内各地のイルミネーションを続々ご紹介中。

今回は、今週末と来週末に4日間限定で開催される、『うみなかキャンドルナイト2023』です。

※画像は過去のもの、またはイメージです。

海の中道海浜公園で開催!冬の風物詩「うみなかキャンドルナイト2023」

2023年12月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)の4日間に、『海の中道海浜公園』で開催される『うみなかキャンドルナイト2023』。※荒天中止

今年で17回目となる、うみなかの冬の風物詩です。

うみなかキャンドルナイト2023

画像:海の中道海浜公園

開催場所は、野外劇場、ワンダーワールド、西口~カナール。時間は、17:30~20:45(最終入園時間20:15)。

夜間入園料(17:30以降)の大人290円、65歳以上210円、中学生以下無料で楽しむことができますよ。

164作品の応募からデザイン決定!1万本のキャンドルで描く「キャンドルアート」

『うみなかキャンドルナイト』といえば、野外劇場に描かれる「キャンドルアート」が注目の的。

うみなかキャンドルナイト2023 キャンドルアート

画像:海の中道海浜公園 ※2022年のキャンドルアート

今年は、164作品の応募の中から、福岡市東区在住の高校3年生の作品『リスザルパーティー』にデザインが決定! この作品をもとにした“光の地上絵”が、1万本のキャンドルを使って描かれます。

うみなかキャンドルナイト2023 キャンドルアートのデザイン

画像:海の中道海浜公園

見どころたくさんのイルミネーション

注目は、「キャンドルアート」だけじゃありません!

カナールライトアップ

西口からまっすぐ伸びる全長100mのカナールと、その先につながる噴水、花時計までを幻想的にライトアップ。噴水をキャンドルに見立てた演出は必見です。

うみなかキャンドルナイト2023 カナールライトアップ

画像:海の中道海浜公園

ワンダーワールド

ワンダーワールドでは、ヤシの木がライトアップされるほか、動物のイルミネーションや七色に輝くシャボン玉マシーンなどが登場。

カナールライトアップ ワンダーワールド

画像:海の中道海浜公園

ヒカリの遊園地

ワンダーワールドではさらに、ゴーカートや光るSL機関車など、期間限定の光る乗り物が楽しめる「ヒカリの遊園地」の開催も。

ゴーカートは1人乗り600円、2人乗り1,000円、SL機関車は1人350円(下の写真)、バッテリーカー/F1バッテリーカーは各1回200円、迷路は1回350円です。

カナールライトアップ ヒカリの遊園地

画像:海の中道海浜公園

見逃せないイベントも盛りだくさん

要チェックのイベント情報も!

メッセージキャンドル

幸せへの願いをメッセージに込めて、キャンドルを灯す『メッセージキャンドル』。

各日18:00~20:30に野外劇場で開催。先着300名、参加費200円です。

うみなかキャンドルナイト2023 メッセージキャンドル

画像:海の中道海浜公園

ミニコンサート

4年ぶりとなる『ミニコンサート』も!

12月16日(土)・23日(土)・24日(日)の各日19:00~と20:00~、ふわんぽりん横シェルターで開催されます(観覧無料)。

うみなかキャンドルナイト2023 ミニコンサート

画像:海の中道海浜公園

キャンドルナイトの雰囲気にピッタリなクリスマス曲の演奏を楽しめますよ。

<出演者>
16日(土)Palm&たりらん(ハンドベル、アカペラ、コーラス、ギター)
23日(土)久野美由紀(エレクトーン)
24日(日)楠本理規(サクソフォン)

この時期だけの『海の中道海浜公園』の絶景、ぜひ楽しんでください♡(文/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※海の中道海浜公園

#おでかけ をまとめてチェック!
#イルミネーション #クリスマス
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【注目イベント情報】福岡~近郊エリア
【2024年オープン】注目の最新スポット
【毎週水曜更新】イヴルルド遙華の12星座占い