TOP > おでかけ > 映えて美味しい工場見学!“ラーメンのテーマパーク”糸島「一蘭の森」【お子様ラーメン無料情報も】
入口 一蘭の森

映えて美味しい工場見学!“ラーメンのテーマパーク”糸島「一蘭の森」【お子様ラーメン無料情報も】

こんにちは! 福岡のHOTな情報が大好きなライター、博多あや.です。

福岡の名物といえばもつ鍋、明太子、そしてラーメン!ですよね。

いまや全国で人気となった福岡発のラーメン店『一蘭』の工場が糸島エリアにあることはご存知ですか?

コロナ禍などの影響でしばらく見学が中止となっていましたが、今春より再開しているというニュースを聞いて子どもと一緒に遊びに行ってきました♪

今回は大人も子どもも楽しめる『一蘭の森』をレポートしたいと思います!

工場見学に博物館!ラーメンに魅了される「一蘭の森」(糸島市)

西九州自動車道・周船寺ICから車で約15分、自然豊かな糸島の風景を感じながら進むと『一蘭の森』が見えてきます。山間部にあるため、車でのアクセスが便利!

一蘭の森入口 一蘭の森

画像:博多あや.

敷地面積は約28,000坪、東京ドーム2個分という広大な敷地にあるこの製造拠点で、『一蘭』の麺やスープ、秘伝のたれなどを生産、全国・全世界の店舗に向けて発送しています。

駐車場(普通車594台可)に車を停めると、目の前には『一蘭』の文字が入った提灯が。

入口 一蘭の森

画像:博多あや.

その先には竹林の長い道が続きます。この光景が本当~~~~に美しい……!

私が訪れたときはとてもよく晴れていて、絶好の映えスポットでしたよ♪

竹林 一蘭の森

画像:博多あや.

竹林の道をしばらく進むと、『一蘭』のロゴマークの入った建物が見えてきました!

この中に「美味しいラーメン生産工場」「とんこつラーメン博物館」「お食事処」がありますよ。

一蘭の森

画像:博多あや.

順路に沿ってまずは、一番奥の「美味しいラーメン生産工場」へ!

看板 一蘭の森

画像:博多あや.

右に顔を向けると糸島の絶景が広がります♪

糸島の景色 一蘭の森

画像:博多あや.

徹底した秘密主義で知られる「一蘭」のラーメンが出来る工程をほんの少しだけ公開!

「美味しいラーメン生産工場」入り口には日付入りのフォトスポットが。

工場見学 一蘭の森

画像:博多あや.

工場内は麺製造室、チャーシュー製造室、スープ製造室、検査室、研究室に分かれています。

その中で見学できるのは麺製造室と検査室のみ。ガラス越しに見ることができます。

工場見学の流れ 一蘭の森

画像:博多あや.

ラーメンの製造は「完全分業制」で行われており、各担当の従業員はそれぞれの部屋を行き来することができないそう。

麺担当、スープ担当など各分野のスペシャリストがその道のプロとして製造し、最高のラーメンが完成するというわけですね!

こちらの工場では1日に最大9万玉の麺、7万食のスープ、10万食のチャーシューと莫大な量を生産することができます。

工場の仕事 一蘭の森

画像:博多あや.

麺製造室では麺を伸ばす工程からカット、一玉になっていくまでの流れを見学できますよ。

麺工程 一蘭の森

画像:博多あや.

スープ工程、チャーシュー工程、

スープ工程 一蘭の森

画像:博多あや.

秘伝のたれ作りの工程はパネルでの展示となります。

秘伝のタレ 一蘭の森

画像:博多あや.

最後の検査室で行われている品質管理は、小窓から中の様子を見ることができますよ。

品質管理 一蘭の森

画像:博多あや.

「商売の秘訣」まで公開!とんこつラーメン博物館

工場見学が終わったら、次に「とんこつラーメン博物館」です!

とんこつラーメン博物館 一蘭の森

画像:博多あや.

ラーメンどんぶりが描かれた入口を入ると、中には『一蘭』の歴史やラーメン作りに使用する道具、代表の教えなどがずらりと展示されています。

博物館内 一蘭の森

画像:博多あや.

ラーメン作りに使用する道具は、実際に手に取ってみることができます。

器具 一蘭の森

画像:博多あや.

こちらは一蘭ならではの「味集中カウンター」! ラーメンの味に集中できる、周りの目を気にすることなくラーメンを堪能できると大人気ですよね。

味集中カウンター 一蘭の森

画像:博多あや.

店員側からの景色も見ることができるので、一蘭ごっこができちゃいます♪

味集中カウンター 一蘭の森

画像:博多あや.

壁には『一蘭』に来店した著名人のサインがぎっしり。

サイン 一蘭の森

画像:博多あや.

「一蘭ってこんな会社」のエリアでは、会社の歴史や各部署の仕事内容などを知ることができます。なかなかこういった裏側を見られる機会がないので、細部まで公開してくれる一蘭ってすごい!

一蘭のしくみ 一蘭の森

画像:博多あや.

博物館の最後にはなんと「商売の秘訣」まで惜しみなく公開してあります。

社長の教えや言葉、ビジネスにも生かせるような話がたくさん公開してあって、じっくりと見入ってしまいました!

商売の秘訣 一蘭の森

画像:博多あや.

ラーメンに関わる人だけでなく、社会を生き抜くすべての人に共通してためになるすてきなコーナーでした♪

ラーメン博物館 一蘭の森

画像:博多あや.

「お子様ラーメン」が無料!家族で楽しめる絶品ラーメン

工場見学、ラーメン博物館のあとはお待ちかねの「お食事処」へ! 『一蘭』の客席といえば味集中カウンターで1席ずつ仕切りがありますが、こちらではテーブルスタイルでラーメンを堪能することができ、「昭和10年代」「昭和20年代」「昭和30年代」と3つの部屋に分かれています。

お食事処 一蘭の森

画像:博多あや.

各部屋は当時の雰囲気が感じられるような内装になっています。

こちらは「昭和20年代」のお部屋。レトロさがいい味出してますね!

20年代 一蘭の森

画像:博多あや.

今回私が利用した「昭和30年代」の部屋は、当時の中洲の街並みと屋台を再現。

30年代 一蘭の森

画像:博多あや.

ラーメンが出来上がるまでの間、壁をじっくりと見てみると……

「家庭教師がツライ」「OSSAN」「隣町のナポレオン わるちこ」など、クスッと笑ってしまうようなパロディ看板になっていてユーモアを感じます。ぜひじっくり見てみてくださいね。

30年代の壁 一蘭の森

画像:博多あや.

そしていよいよラーメンの登場です!

今回は小学生の子ども2人を連れて伺ったのですが、『一蘭』のアプリをダウンロードするとなんと、半分量のとんこつラーメン『お子様ラーメン』が無料でもらえるんです! 小学6年生まで(1人1杯)、ラーメン注文の大人1人につき、子ども5人までOKです。

お子さまラーメン 一蘭の森

画像:博多あや.

私はこのサービスを初めて知ったのですが、『一蘭の森』だけでなく全国の一蘭で利用可能とのこと。

お子様ラーメン看板 一蘭の森

画像:博多あや.

『お子様ラーメン』用のオーダーシートもあり、自分の好みを楽しみながら記入していました。器も子どもサイズでとってもかわいい……!

オーダーシート 一蘭の森

画像:博多あや.

いつ見ても美しい一蘭の『ラーメン』(980円)。黒の器で高級感がありますよね!

ラーメン 一蘭の森

画像:博多あや.

私はもちろんバリカタで! 好みに合わせて細かくカスタマイズできるので、いろいろな味を試してみるのもよさそうですね。

秘伝のタレを入れると辛さだけでなく旨みも増して、とってもおいしかったです!

ラーメン 一蘭の森

画像:博多あや.

市販の商品をお土産に購入できます♪

「お食事処」では、商品化されている『一蘭』のお土産を購入することもできます。

お土産 一蘭の森

画像:博多あや.

手軽に食べられるカップラーメンや具材を入れて作る新商品の焼ラーメンなど、ぜひ手に取ってみてくださいね。

お土産 一蘭の森

画像:博多あや.

過ごしやすくなったこの季節、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか?(文/博多あや.)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■一蘭の森
住所:福岡県糸島市志摩松隈256-10
営業時間:11:00〜16:00
定休日:なし
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/博多あや.

#おでかけ をまとめてチェック!
#糸島 #子連れ #ファミリー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【姪浜の新店】北海道発の生ドーナツ専門店

【天神エリアの新店】話題の揚げサンド
【佐賀】わざわざ行きたい食べ放題ランチ