TOP > おでかけ > 【キャンプ場宿泊レポ】公園で遊んで泊まれる!話題の「響灘キャンプベース」(北九州市若松区)
響灘キャンプベース

【キャンプ場宿泊レポ】公園で遊んで泊まれる!話題の「響灘キャンプベース」(北九州市若松区)

こんにちは。グルメを中心に福岡の情報をゆるっと発信している『ちひログ』です。

今回は、2023年4月15日にオープンした『HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース)』を利用してきました。気になる施設や料金、サービスについて、お届けします!

公園で遊んでそのまま泊まれる!手ぶらでも楽しめるキャンプ場「HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース)」がオープン(北九州市若松区大字竹並)

響灘キャンプベース

画像:福岡放送

北九州市若松区の『北九州市立響灘緑地/グリーンパーク』内にオープンしたキャンプ場、『HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース)』。

小倉の中心部から車で約30分とアクセスも抜群です。

響灘キャンプベース

画像:福岡放送

『響灘緑地/グリーンパーク』は、広大な芝生広場や、動物たちと触れ合える『ひびき動物ワールド』などがある北九州市最大の公園。

緑にあふれていて、市内とは思えない開放感! 有名なバラ園や熱帯生態園をはじめ、園内には季節ごとのさまざまな花々が植えられていて、美しい景色が楽しめます。

豊富なアクティビティも大きな魅力。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):グリーンパーク

画像:CHIHIRO

ギネス世界記録(TM)に認定された100人乗りの『世界最長のブランコ』や、西日本初登場の新感覚の大型ネット&アスレチック遊具『空中冒険遊具あみ~ご!』など、遊具も充実していますよ。

2023年4月16日には新しく『太陽の丘』がオープン。太陽をイメージした直径約20mのすべり台、長さや傾斜が異なる草ソリ場(初・中・上級)、竹林へ下る約38mのロングスライダー、約6mのでこぼこ滑り台などを楽しめるとあって、大きな話題になっています。

そんな魅力たっぷりの公園で1日中遊んで、ゆっくり泊まれるのが『響灘キャンプベース』最大のポイント(キャンプ利用時の公園入園料は無料)!

しかも、キャンプ初心者でも安心して楽しめる充実の施設なんです。うれしいポイント満載で、感動の連続でした。

詳しくご紹介していきます。

4つのエリアで楽しめる!ペット同伴可能なエリアも

場内は、「オートサイト」「フリーサイト」「手ぶらde楽キャンサイト」「ドギーサイト」の4つのエリアで構成されています。

響灘キャンプベース マップ

画像:福岡放送

展望デッキもある!レンタルや備品購入ができる「管理棟」

まずは管理棟で受け付けをします。管理棟の営業時間は午前8時~午後6時。

木を活かしたデザインが特徴的な管理棟は、『響灘キャンプベース』のシンボルともいえる建物です。

響灘キャンプベース 管理棟

画像:福岡放送

中へ入ってみると階段状になっていて、さっそくワクワク!

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):管理棟

画像:CHIHIRO

管理棟の中では、カフェメニューやアウトドアにぴったりな軽食も販売されています。

テント、タープ、シュラフ(寝袋)、ランタン、テーブル、チェア、焚火台、ハードクーラーはレンタル(要事前予約)できるので、キャンプ道具が揃っていないという人でも気軽にキャンプを楽しめます。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):管理棟

画像:CHIHIRO

宿泊時に必要なアメニティなども揃っているので、買い忘れた消耗品などがある方も安心。

小さなお子さんが食べられるベビースムージーなど、いろいろなものが販売されていました。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):管理棟

画像:CHIHIRO

管理棟には外階段もあり、そこを上っていくと……

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):管理棟

画像:CHIHIRO

地上約7メートルの高さから、キャンプ場を一望できる展望デッキになっています。絶好のフォトスポットですよ。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):管理棟

画像:CHIHIRO

清潔感たっぷり!24時間使える「サニタリー棟」

管理棟のすぐ側にあるサニタリー棟は、24時間使用可能。トイレ、シャワー、洗い場などがあります。

キャンパーにとってうれしい、お湯が使える洗い場もありますよ。

キレイで清潔感たっぷりのサニタリー棟はうれしいですよね。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):サニタリー棟

画像:CHIHIRO

ゴミを持ち帰らないでいいのが便利!「ストック棟」

ゴミ捨て場と自動販売機のあるストック棟。こちらも24時間利用可能です。

キャンプ時に出たゴミを持ち帰らずに済むのもうれしいポイントです。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):ストック棟

画像:CHIHIRO

オートサイト

オートサイトは、区画内に電源と車両1台分の駐車スペースを完備(全29区画)。区画内に無料で1台まで車の乗り入れが可能です。

A~Eのエリアに分かれていて、好きなエリアを選択することができます。

車が2台ある場合は、キャンプ場共用駐車場(1台1日あたり300円)も利用することができます。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):全体図

画像:CHIHIRO

チェックインは13時、チェックアウトは10時。1区画6名まで利用可能です。

利用料は1区画平日4,800円、金・土・休前日は5,800円。グループで割れば、お得ですね。
※維持管理費・環境衛生費として、利用料とは別途一人あたり500円が必要(未就学児を除く)。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):オートサイト

画像:CHIHIRO

フリーサイト

フリーサイトは、施設内中央の位置に広がる芝生広場で、自由にテントを設置することができます。

こちらも車1台まで乗り入れが可能。9区画あり、1区画6名まで利用することができます。

チェックインは13時、チェックアウトは10時。利用料は、1区画平日3,800円、金・土・休前日は4,800円。
※維持管理費・環境衛生費として、利用料とは別途一人あたり500円が必要(未就学児を除く)。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):全体図

画像:CHIHIRO

手ぶらde楽キャンサイト

初心者にもピッタリな『手ぶらde楽キャンサイト』は、キャンプに必要なギアが全て揃っているサイト。

テントはもちろん、寝具から食器や炭、食器用洗剤やごみ袋まで揃う、充実の内容です。

ギアはすべて『スノーピーク』の製品というのも注目ポイントです。

響灘キャンプベース 手ぶらde楽キャン

画像:福岡放送

利用料は1区画平日25,000円、金・土・休前日は32,000円。
※維持管理費・環境衛生費として、利用料とは別途一人あたり500円が必要(未就学児を除く)。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):テント

画像:CHIHIRO

区画は全部で10区画あり、1区画5名まで利用可能。チェックインは14時、チェックアウトは10時。

車は共有駐車場に1台まで無料で駐車することができます。

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース):テント

画像:CHIHIRO

テントの中は、かなりしっかりとした造り。初心者でも安心して過ごすことができそう!

HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース) テント

画像:CHIHIRO

手前はリビングスペース、奥のインナーテントの中には寝室スペースがあり、ゆっくりとくつろぐことができますよ。

響灘キャンプベース:テント

画像:CHIHIRO

ちなみに「手ぶらde楽キャンサイト」に付いているセットはこちら。

(1)ランドロック(インナーマット付)(2)セパレートシュラフオフトンワイド (3)エントリーIGT (4)HOME&CAMPランタン (5)ワンアクションローテーブル竹 (6)ローチェア30(7)FDベンチ (8)焚火台セットL (9)焚火台グリルブリッジL (10)焼きアミPro.L (11)フラットバーナー (12)ソフトクー ラー38(13)マナイタセットL (14)キッチンツールセット (15)クラシックケトル (16)パンクッカー(17)シェ ラカップ(18)テーブルウェアセットLファミリー

画像:福岡放送

そのほかにも、割りばし、炭1kg、軍手、火ばさみ、食器用洗剤、食器用スポンジ、ごみ袋など、BBQや食事に必要なものも付いていますよ。

ドギーサイト

愛犬と一緒にお泊りできる「ドギーサイト」もあります。

全部で2区画あり、1区画6名まで利用可能。区画内に電源と車両1台分の駐車スペースを完備しています。

利用料は1区画平日11,000円、金・土・休前日は13,000円。
※維持管理費・環境衛生費として、利用料とは別途一人あたり500円が必要(未就学児を除く)。

チェックインは13時、チェックアウトは10時です。

響灘キャンプベース:ドギーサイト

画像:CHIHIRO

宿泊可能なわんちゃんは10kg以内、1区画あたり2頭まで(狂犬病および3種以上のワクチン接種証明書が必要 ※宿泊日から1年以内のものに限る)。

大切なペットと過ごすキャンプは、かけがえのない時間になりそうですね!

デイキャンプ

日帰りで気軽にキャンプ気分が楽しめるデイキャンプは、平日のみ利用可能(休前日を除く)。

グリーンパークの利用も可能なので、BBQを楽しみながら公園で遊ぶなんていうこともできます。

利用料は、オートサイト3,500円、ドギーサイト5,000円(維持管理費・環境衛生費は利用料金に含む)。

チェックインは10時半、チェックアウトは16時です。

手ぶらでBBQができるセットも!

手ぶらでBBQができる便利なセットを追加で利用できるので、食材の買い出しが大変という人にも便利です。BBQに必要なものは全て揃っています(4日前までの要予約制。利用は2名から)。

響灘キャンプベース:バーベキュー

画像:CHIHIRO

『BBQセット』(大人2,400円、子ども1,500円)に含まれるのは、『BBQ肉パック』、『グリル野菜パック』、BBQソース、塩コショウ。そのほか付属の備品として、BBQスタンド・炭用トング・木炭・着火剤・焼き網・チャッカマン・割り箸・トング・分別用ゴミ袋・ペーパー皿1枚・ハサミ・軍手も利用できるので、本当に手ぶらでOKです。

響灘キャンプベース:BBQ

画像:CHIHIRO

『BBQ肉パック』には、牛肉、豚肉、鶏肉、ソーセージといった4種類のお肉が入っています。肉の量は大人は300g、子どもは160gとお腹いっぱいになる内容でした!

『グリル野菜パック』は、若松産の厳選した旬の野菜が3種類、ほか2種類の野菜を楽しむことができます。

響灘キャンプベース:BBQ

画像:CHIHIRO

『BBQ肉パック』は、大人1,500円、子ども1,000円、『野菜パック』は500円で追加することも可能です。

また、ベーコンやコッペパン、卵やジャム、コーヒーなどが揃う『朝食クッキングセット』(600円)など、朝食にピッタリのメニューもありますよ。

公園で思いっきり遊べて、キャンプ施設も充実している『HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース)』。ぜひ思い出に残るひとときを過ごしてくださいね。(文/CHIHIRO)

<スポット情報の詳細は施設名をクリック↓>
■HIBIKINADA CAMP BASE(響灘キャンプベース)
住所:福岡県北九州市若松区大字竹並1058-11(グリーンパーク内)
営業時間:8:00~18:00(管理棟)
定休日:火曜(火曜のチェックアウトは可能)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO
※画像/福岡放送

#おでかけ をまとめてチェック!
#北九州
 #福岡子連れスポット
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【天神】日本初上陸!韓国明洞の人気店
【福岡家族風呂】筑紫野市のおすすめ施設
【毎週水曜更新】イヴルルド遙華の12星座占い