TOP > おでかけ > 天神の真ん中にある“通いたくなる”本屋さん!一日たっぷり過ごしたい「文喫 福岡天神」(福岡市中央区)
文喫 福岡天神

天神の真ん中にある“通いたくなる”本屋さん!一日たっぷり過ごしたい「文喫 福岡天神」(福岡市中央区)

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。福岡市在住のライター、タケウチ ノゾミです。

『岩田屋本店』の本館7階に、“入場料が必要”な本屋さんがあることを知っていますか?

それが、今回ご紹介する『文喫』。一般的な本屋さんとは少し異なるお店です。

「3種類の無料ドリンクを飲みながら本を好きなだけ読める」「Free Wi-Fiやコンセントがありコワーキングスペースとしても使える」など、何度も訪れたくなる魅力が揃っています。

今回は、あまりの居心地の良さに一度行った私がすっかりファンになってしまった『文喫 福岡天神』についてたっぷりとご紹介します! みなさんもきっと何度も通いたくなるはずですよ。

一度行ったらきっとファンになる!一日中楽しめる本屋さん「文喫 福岡天神」(福岡市中央区天神)

文喫 福岡天神 本

画像:タケウチ ノゾミ

『文喫 福岡天神』は、『岩田屋本店』の本館7階にある本屋さん。東京・六本木にある『文喫』の2号店として、2021年3月にオープンしました。

「本と出会うための本屋」をテーマとしており、店内には食やライフスタイルなど、21のテーマに沿った約3万冊もの本が置かれています。

一般的な書店のように1種類の本を何冊も置くことはしないため、一部の限られたエリアを除いて店内に同じ本は一つとしてありません。

「本との偶然の出会いを楽しんでほしい」との思いから、自分にぴったりと合った一冊と出会うための数多くの工夫がなされています。

文喫 福岡天神 ディスプレイ

画像:タケウチ ノゾミ

また店内は無料エリアと有料エリアに分かれていて、有料エリアは平日1,650円、土日祝日1,980円を支払えば入店可能。小・中学生は全日550円、未就学児は無料です。

10時から20時まで営業しているため、一度入店すれば営業時間内は何時間でも過ごせますよ(30分程度であれば途中入退店可)。それでは、気になる店内の様子を見ていきましょう!

「文喫 福岡天神」の店内の様子

文喫 福岡天神 見取り図

画像:タケウチ ノゾミ

店内は、誰でも自由に出入りできる30坪の無料エリアのほかに、「選書室・喫茶室・児童書室・閲覧室」の4つのゾーンからなる150坪の有料エリアがあります。

『文喫』が入場料を設定している理由は、ネットで気軽に本を買える時代だからこそ、さまざまな体験ができる本屋さんにしたかったからだそう。

「わざわざ足を運びたくなる本屋さん」にするため、どのような工夫がされているのか紹介していきます。

無料エリア

文喫 福岡天神 平置き

画像:タケウチ ノゾミ

お店の正面に広がる無料エリアでは、新刊本や雑誌などを販売しています。

店内で最も一般的な本屋さんに近いエリアと言っても良いかもしれません。

文喫 福岡天神 レジ

画像:タケウチ ノゾミ

無料エリアには『文喫』とカルチャースクール『学 IWATAYA』の受け付けもあり、有料エリアに入る際はこの受け付けで入場料を支払い、バッジを受け取ります。

文喫 福岡天神 バッジ

画像:タケウチ ノゾミ

バッジは入館証代わりになりますので、お店にいる間はスタッフから見える場所に着けていてくださいね。

選書室

文喫 福岡天神 本棚

画像:タケウチ ノゾミ

有料エリアに入って左側にあるのが選書室です。

ここで注目したいのは、その本の並び順。

通常、本屋さんでは本を著者や出版社ごとに並べるのが一般的です。

しかし『文喫』では本との出会いを大切にしていることから、「関心ごと」に合わせた配置となっているそう。

文喫 福岡天神 本

画像:タケウチ ノゾミ

そのため一冊の本を手に取ると、周辺にはその本への興味や関心をさらに深めてくれる本が並んでいます!

「どんな本があるのかな」と眺めているだけでも、あっという間に時間が経ってしまいますよ。

喫茶室

文喫 福岡天神 喫茶室

画像:タケウチ ノゾミ

選書室の右手にあるのが喫茶室です。

「え、本屋さんに喫茶室?」と驚きますよね。

喫茶室があるのも、ただ本を購入するだけでなく、くつろぎの場としても活用してほしいとの思いからなのだとか。

喫茶室では『茄子とベーコンのトマトパスタ』(1,210円)や『オムハヤシプレート』(1,210円)などの食事メニューから、デザート、ドリンクまで幅広いメニューが揃っています。

文喫 福岡天神 喫茶メニュー

画像:タケウチ ノゾミ

ちなみに、コーヒー、煎茶、ルイボスティーは無料で頼むことができ、しかもおかわり自由!

好きな飲み物を片手に、心ゆくまで読書を楽しめます。

児童書室

文喫 福岡天神 児童書室

画像:タケウチ ノゾミ

喫茶室の隣にあるのは、子ども向けの本が置かれている児童書室です。

置いてあるのは、小さな子ども向けの絵本から、少し文字が多い児童書までさまざま。

本棚は子ども目線の低い位置に設置されていて、普段家ではあまり本を読まない子でも、読書に夢中になりそうな空間が広がっています。

閲覧室

文喫 福岡天神 閲覧室

画像:タケウチ ノゾミ

有料エリアの一番奥に広がるのが閲覧室。

グリーンのおしゃれなライトが設置されたデスクがずらりと並ぶ姿は、まるで海外の図書館のよう!

一席ごとにコンセントやUSBポートがあるほか、座り心地の良いデスクチェア、Free Wi-Fiも用意されているため、コワーキングスペースとしても活用できます。

またデスクの周囲には本棚が並び、見上げると首が痛くなってしまうほどぎっしりと本が詰まっています。

文喫 福岡天神 閲覧室

画像:タケウチ ノゾミ

店内にはデスク席のほかにも、一人がけのソファやベンチなどさまざまなイスが計150席も!

本を手に取りお気に入りの席に座れば、時間を忘れて読書を楽しめそうです。

ここがすごい!「文喫 福岡天神」の3つのトキメキポイント

店内の様子を見て、一般的な本屋さんとの違いにびっくりした方も多いのではないでしょうか?

ここまでもお店の魅力をたっぷりと紹介したのですが、『文喫 福岡天神』のすごさはこれだけではありません!

ここからは、ぜひ知ってほしい3つのポイントをご紹介します。

ポイント1:本を手に取りやすい工夫が至るところにされている

文喫 福岡天神 本棚 椅子

画像:タケウチ ノゾミ

店内を歩いていると、本棚以外のさまざまな場所にも本が置かれていて、お客さんが本を手に取りやすい工夫がされているなと感じます。

たとえば『Book lake -本の湖-』と呼ばれるこちらのスペースでは、一つのテーマに沿った本が並んでいます。

文喫 福岡天神 店内

画像:タケウチ ノゾミ

「どれを読もう」と迷った際には、まず通路に置かれた本を手に取ってみるのもおすすめですよ。

ちなみに、どうしても読む本を決められない場合は「返本台」から選ぶのも一つの方法です。

文喫 福岡天神 返本台

画像:タケウチ ノゾミ

返本台には他の人が「いいな」と思って手に取った本が並んでいるので、覗けば面白い本を発見できるかも!

返本台をきっかけに、新たな世界の広がりも期待できそうです。

ポイント2: さまざまな割引制度でお得に文喫ステイを楽しめる

文喫 福岡天神 デスク

画像:タケウチ ノゾミ

さまざまな割引制度が用意されていることも、ぜひ知って欲しいポイントの一つ。割引制度を利用すれば、もっとお得に文喫ステイを楽しめます!

利用できる割引制度は、以下のとおり。

  • GOOD HABIT DAY :毎週火曜日は誰でも入場料1,100円
  • ナイトクルージング:16:00以降の入店で入場料770円に
  • Foodie FRIDAY:毎週金曜日は喫茶メニューが全品10%オフ
  • 親子割:親子での入店で入場料が割引に(平日大人1,100円、小中学生330円/土日祝日大人1,430円、小中学生330円)
    ※未就学児は無料ですが、未就学児と一緒に入店する大人は割引適用になります。また家族で利用する場合、家族全員が割引の対象になります

副店長の入江さんによれば、文喫でのおすすめの過ごし方は、仕事帰りにナイトクルージングを利用して、リラックスタイムを楽しむことだそうです。

お得な割引制度を上手に利用して、『文喫』を楽しんでみてください。

ポイント3:お腹が空いたら喫茶室でおいしい食事やスイーツを堪能できる

文喫 福岡天神 喫茶室

画像:タケウチ ノゾミ

喫茶室にはおかわり自由のドリンクのほかにも、数多くのフードメニューやドリンクメニューが用意されています。

読書や仕事に集中して小腹が空いたときや、甘いもので疲れを癒やしたいときにもぴったり。

取材に訪れた際は、期間限定のレトロ喫茶メニュー(2022年10月31日まで)が提供されていたので、その中の一つ『レトロプリン』(638円)をいただきました!

文喫 福岡天神 プリン

画像:タケウチ ノゾミ

上にはホイップクリームとさくらんぼがのっていて、とってもキュートながら、どこか懐かしさを感じさせる見た目。

一口食べると、カラメルのほろ苦さとプリンの甘さがマッチして、やさしい味わいが口いっぱいに広がります。

『文喫』では、ほかにも『厚切りフレンチトースト~ベリーソースとバニラアイス添え~ (968円)などのスイーツメニューを提供しています。ここでしか味わえないメニューの数々をぜひ堪能してみてください!

一度入場料を支払えば何時間でも滞在でき、仕事や勉強、デートにも使える『文喫 福岡天神』。

岩田屋の利用者層にあわせて、食からビジネスまで幅広いジャンルの本を取り揃えているので、家族での滞在もおすすめです!

ぜひ一度、ほかの本屋さんでは味わえない魅力を体験してみてくださいね。(文/タケウチ ノゾミ)

<施設情報>
■文喫 福岡天神
住所:福岡市中央区天神2-5-35 岩田屋本館7F
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/タケウチノゾミ

#おでかけ をまとめてチェック!
#天神 #カルチャー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2023年上半期の運勢
【スタイリスト直伝】白靴下垢抜けコーデ
【美容師直伝】ヘアカラー長持ちテク