TOP > おでかけ > 天神・博多へのアクセス抜群!「自分らしく過ごせるホテル」が10月1日に2か所同時オープン

天神・博多へのアクセス抜群!「自分らしく過ごせるホテル」が10月1日に2か所同時オープン

2022.10.11

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramでゆるっと福岡グルメを発信している『ちひログ』です。

今回は、2022年10月1日(土)に同時開業した『クロスライフ博多天神』と『クロスライフ博多柳橋』をご紹介します。

どちらのホテルも、博多や天神へのアクセスが抜群! 県外の方におすすめしたり、週末にのんびりホテルステイを楽しんだりするのはもちろん、宿泊者以外も使える「コミュニティスペース」や「カフェ」もありますよ。

宿泊者以外も使える「コミュニティスペース」あり!“柳橋”ならではのデザインを取り入れた「クロスライフ博多柳橋」(福岡市中央区春吉)

まず最初にご紹介するのは、博多の台所である柳橋連合市場に隣接する『クロスライフ博多柳橋』。

建物を外からよーく見ると、窓から見えるカーテンの色が違うんです。これは、国の伝統工芸品に指定された博多織をモチーフにしているそうですよ。

クロスライフ博多柳橋(外観)

画像:CHIHIRO

エントランス・ロビー

エントランスは、日本の情緒あふれる伝統と新しい現代文化が混在する「柳橋エリア」の特徴を取り入れたデザイン。

天井造作は、約300年の歴史を誇る工芸品「大川組子」をモチーフにしています。

クロスライフ柳橋(エントランス)

画像:ORIX HOTELS&RESORTS

ロビーでは、福岡の彫刻家である稲葉彬子氏による、「結び・縁」をテーマにした「舟のアート」がお出迎え。

春吉エリアと柳橋連合市場のつながりをモチーフとした参加型のアートになっていて、チェックイン時に渡された紐をゲストが結び、その形が徐々に完成していきます。

クロスライフ柳橋(舟のアート)

画像:CHIHIRO

そのほかロビーには、地域とつながるコミュニケーションツールとして、コネクトボードが設置されています。

観光情報や近隣のおすすめスポットなど、お役立ち情報を探してみてくださいね。

クロスライフ柳橋(コネクトボード)

画像:CHIHIRO

客室

部屋数は、全242室。

クロスライフ柳橋(部屋)

画像:CHIHIRO

エコノミー、コンフォート、スタンダードはもちろん、ファミリーやグループに向けた2段ベッドの部屋など、多種多様な客室タイプがありますよ。

クロスライフ柳橋(2段ベッド)

画像:CHIHIRO

ちなみに、各階数や部屋番号の案内表示は、福岡の伝統工芸品「小石原焼」によって作られています。

クロスライフ柳橋(小石原焼の階数案内)

画像:CHIHIRO

階によって「小石原焼」の窯元がそれぞれ異なり、全部で13の窯元が作りだした作品たち。デザインやテイストが全く異なるので、各フロアを見比べてみるのも楽しいですよ。

クロスライフ柳橋(小石原焼の階数案内)

画像:CHIHIRO

レストラン

2階のレストランでは、午前7時から10時までビュッフェスタイルの朝食を提供。

和食を中心としたメニューが並んでいて、あごだしうどんなど、ここでしか味わえない料理も楽しめますよ。

クロスライフ柳橋(朝食)

画像:ORIX HOTELS&RESORTS

洋食メニューもあるので、好きな料理を心ゆくまで楽しんでくださいね。

クロスライフ柳橋(朝食)

画像:ORIX HOTELS&RESORTS

10時以降は「360°Hub」をコンセプトに、宿泊者以外にもオープンな多機能コミュニティスペースとして開放されます。

コワーキングスペースとしてはもちろん、地域のイベントなどにも利用できるそうですよ。

360°Hub

画像:CHIHIRO

宿泊者以外も使える「カフェ」あり!幻想的な大浴場がすごい「クロスライフ博多天神」(福岡市中央区春吉)

続いてご紹介するのが、春吉エリアにある『クロスライフ博多天神』。

クロスライフ博多天神(外観)

画像:ORIX HOTELS&RESORTS

ロビー・テラス

自然光が降り注ぐ1階のロビーは、テラスにあふれる緑を眺めながら都会の慌ただしさを忘れられるような空間。

クロスライフ博多天神(ロビー)

画像:CHIHIRO

アーティスト・山下良平氏によって描かれたウォールペイントも必見。大迫力な博多山笠の躍動感に圧倒されます。

クロスライフ博多天神(ウォールペイント)

画像:CHIHIRO

ホテルから10分圏内にある飲食店やカフェの情報をまとめた『春吉MAP』も置いてあるので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

県外から訪れた方はもちろん、福岡にお住まいの方も何か新しい発見があるかもしれませんよ。

クロスライフ博多天神(春吉MAP)

画像:CHIHIRO

さらに、ロビーの外にはテラス席もあるので、お天気の日には外で過ごすのも心地良いですよ。

クロスライフ博多天神(テラス席)

画像:CHIHIRO

客室

部屋数は、全286室。

ソファーベッド付きの部屋や仕事にぴったりのデスクが付いた部屋、ロフトルームなど、さまざまなシーンに合わせて選べる客室が揃っています。

クロスライフ博多天神(部屋)

画像:CHIHIRO

大浴場

2階には、デジタルアートが備え付けられた、幻想的な大浴場があります。

デジタルアートは「NATURAL HEALING」をテーマに、自然現象(森、空、雲、光、水、生命)を表現しており、時間とともにスクリーンが変化します。

クロスライフ博多天神(大浴場)

画像:CHIHIRO

男湯には、ゆっくりくつろげるドライサウナも完備されていますよ。

クロスライフ博多天神(ドライサウナ)

画像:CHIHIRO

カフェ「My Favorite Coffee by CROSS Life」

宿泊者以外でも利用できる1階にあるカフェでは、『My Favorite Coffee by CROSS Life』として、福岡のさまざまなカフェとコラボレーション。

街のカフェのコーヒーを楽しむことができ、そのラインナップは一定期間で変わっていくのだそう。

クロスライフ博多天神(カフェ)

画像:CHIHIRO

初回のコラボレーションは、福岡市内に3店舗を構える『manucoffee(マヌコーヒー)』。

『manucoffee』といえば、「カップ1杯の宇宙を」をコンセプトに、福岡のカフェ文化をリードしてきた人気店で、オリジナルの『クジラブレンド』が有名。

ここでは、『コーヒー(ホット・アイス)』(テイクアウト500円)、『カフェラテ(ホット・アイス)』(テイクアウト550円)が楽しめます。

クロスライフ博多天神(カフェ)

画像:CHIHIRO

『クジラブレンド』の口いっぱいに広がる華やかなフレーバーは、どこまでも奥行きが広がる、今までにありそうでなかった一杯です。

クロスライフ博多天神(カフェ)

画像:CHIHIRO

軽食も販売されているので、ぜひ一緒に楽しんでくださいね。

クロスライフ博多天神(カフェ)

画像:Instagram(@haruru_2718)

レストラン

1階にあるレストランでは、午前7時から10時まで、ビュッフェスタイルの朝食を提供。

スタイリッシュな雰囲気に、朝からワクワクしてしまいそう♪

クロスライフ博多天神(レストラン)

画像:ORIX HOTELS&RESORTS

地元でも人気な明太フランスや、朝食にぴったりのクロワッサンサンドにも注目です。

クロスライフ博多天神(朝食)

画像:ORIX HOTELS&RESORTS

『クロスライフ』は、「自分らしくいれるお気に入りの場所」を提案するカジュアル・ライフスタイルブランド。

アートに囲まれ、自分らしく過ごせる空間は、日常にいつもと違ったアクセントを加えてくれること間違いなしですよ。

ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。(文/CHIHIRO)

<施設情報>
■クロスライフ博多柳橋
住所:福岡市中央区春吉1-6-5

■クロスライフ博多天神
住所:福岡市中央区春吉3-26-30
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO
※画像/ORIX HOTELS&RESORTS、Instagram(@haruru_2718

#おでかけ をまとめてチェック!
#天神 #博多 #ホテル
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2023年上半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【2023年初詣】福岡県おすすめ神社3選