TOP > おでかけ > 【宿泊レポ】部屋・朝食・アメニティーは?泊まってみたい人気宿「古湯温泉ONCRI(おんくり)」(佐賀市)

【宿泊レポ】部屋・朝食・アメニティーは?泊まってみたい人気宿「古湯温泉ONCRI(おんくり)」(佐賀市)

2022.08.29

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramでゆるっと福岡グルメを発信している『ちひログ』です。

今回は佐賀県にある、時を忘れられるリゾートホテル『古湯温泉 ONCRI(おんくり)』をご紹介します。

一度は泊まってみたい人気宿!時を忘れられる湯治リゾート「古湯温泉ONCRI(おんくり)」(佐賀県佐賀市)

福岡市内から車で約1時間、佐賀市富士町にある『古湯温泉ONCRI(おんくり)』。

今年10周年を迎えたこの宿のコンセプトは、「ぬる湯に浸かり時を忘れる山狭の湯治リゾート」。

外観 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

一年を通して自然の心地よさを感じられる空間で、記憶に残るひとときを過ごすことができます。

2022年8月1日には、『Innovative TEPPAN Watahanイノベーティブ・鉄板ワタハン)』がオープンし、ますます注目度が高まっています。

今回は、そんな『古湯温泉 ONCRI』に宿泊! 部屋や朝食、アメニティーなどについて、たっぷりとお届けしていきます。

★こちらの記事もチェック!★
福岡市内から車で約1時間!佐賀・古湯の人気宿「おんくり」の“わざわざ行きたい”鉄板焼きレストラン

チェックインの瞬間から始まる“贅沢な時間”

宿に着いたら、まずはチェックイン。

バー&レストラン『SEBRI/セブリ』で、勝打山の雄大な緑を眺めながら、ウェルカムサービス。

『SEBRI/セブリ』 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

まるで絵画のような美しい景色に、日常の疲れが早くも吹き飛んでしまいそう。

佐賀・三瀬村の珈琲専門店『珈道庵』の水出しコーヒーとお菓子をいただきました。

ウェルカムサービス 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

宿泊者は、館内では7色から選べるオシャレなルームウェアで過ごします。

パジャマ 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

ガーゼ生地でとても肌触りが良く、着心地も抜群。自宅でも着たいという声に応えて、ギフトショップで販売もされています。

ほかにも、ギフトショップには、佐賀の名産品や陶器などがたくさん販売されていますよ。

お土産コーナー 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

その隣にはキッズルームがあり、小さなお子さんもめいっぱい楽しむことができます。

キッズルーム 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

部屋をレポート!アメニティー、茶菓子、ベッドもご紹介

今回宿泊した部屋は、今年2月にリニューアルした『和洋室 Nostalgic Japan(ノスタルジックジャパン)』。

NostalgicJapan 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

“和室なのに和室ではない”、どこか懐かしさを感じさせる和洋室のお部屋です。

NostalgicJapan 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

テーブルの上には、上煎茶、和紅茶、ほうじ茶、上釜炒り茶、花鳥風月といった5種類のお茶が用意されていました。

お茶 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

そのほかにも『古湯温泉 ONCRI』オリジナルの『甘味 栞(しおり)』というお菓子や、梅干しが置いてありますよ。

お菓子お菓子 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

木箱に入ったアメニティーもオシャレ! 箱に入った歯ブラシやコットンなどが置いてあります。

アメニティ 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

シャンプーやコンディショナーなどは『アロマセラピーアソシエイツ』のもの。1985年に英国で誕生したブランドで、厳選された植物原料から一滴ずつ抽出された精油を使ったアイテムで、ハーブの香りが心地良いですよ。

アメニティ 古湯温泉 ONCRI(おんくり) アロマセラピーアソシエイツ

画像:CHIHIRO

ベッドは、ドイツで100年以上の歴史を持つシェララフィア社製の『ゲルテックス(R)クオンタムタッチ』のマットレスを使用。

ベッド 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

また、眠りの専門医である医学博士が開発したというリネンミストが3種類用意されており、枕にふきかけて楽しむことも。ぐっすりと心地よい眠りにつけますよ。

ミスト 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

ほかの部屋もご紹介!

今回泊まったお部屋以外に、窓の外に続くテラスにテントが張ってある『ONCRIソノテラス』など、佐賀の自然を身近に満喫できるお部屋などもありました。

古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

テラスでグランピング気分を味わうことができますよ。

 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

また、『和洋室 Nostalgic Japan』の中でもダブルの客室には、縁側が付いていてオシャレな雰囲気! 人気のお部屋だそうです。 

縁側のお部屋 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

“美人の湯”として知られる古湯温泉もたっぷり堪能!湯処「SHIORI/しおり」

『古湯温泉ONCRI』は、約15種類のお風呂でも有名。

湯処『SHIORI/しおり』は、露天風呂をはじめ、箱蒸し風呂、檜風呂など、男女あわせて15種類の天然温泉が楽しめます(日帰り入浴は10:00~20:00、大人1,200円・小学生600円)。

温泉 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

「美人の湯」として親しまれてきた古湯温泉。泉温は38℃、「ぬる湯」として知られています。

温泉 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:古湯温泉 ONCRI

のぼせやすい方でも、ゆっくりと浸かって、疲れを癒すことができますよ。

また、『天然砂むし温泉』(一般2,200円、宿泊者1,200円)を楽しむこともできます。

砂蒸し風呂 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

佐賀の恵みをたっぷりと使用した朝食

朝食はバー&レストラン『SEBRI/セブリ』でいただきます。

SEBRI 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

目の前に広がる勝打山を眺めながら、朝から優雅なひとときを過ごせますよ。

SEBRI 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

朝食はビュッフェスタイル。玄海産の魚介や、地元契約農家から毎日届けられる四季折々の新鮮な食材を楽しむことができます。

朝食 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

サラダバーには、さまざまな種類の新鮮な野菜が揃います。

サラダバー 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

オシャレにカットされているので、自分で盛り付けてもオシャレに見えますよ♪

サラダ 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

そのほかにも朝食にピッタリの和洋さまざまな料理が並んでいます。

洋食 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

中でも人気なのが、鮮魚の刺身。

鮮魚の刺身 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

自分で茶碗に盛り付けて、海鮮丼を作るのも楽しいですよ。

海鮮丼 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

『きなこプリン』やヘルシーな小松菜ジュースなども人気です。

きなこプリン 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像:CHIHIRO

ぜひ、体にうれしい朝食を味わってみてくださいね。

「『古湯温泉 ONCRI』の中で、佐賀のおいしい食事やぬる湯を通して、時を忘れてゆっくりと過ごしてほしい」と言うのは、総支配人の鎗水さん。

総支配人 古湯温泉 ONCRI(おんくり)

画像;CHHIRO

スタッフの方のあたたかな心遣いもあり、宿泊して本当に良かったと思える宿でした。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
古湯温泉ONCRI(おんくり)
住所:佐賀県佐賀市富士町古湯556
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#ホテル をまとめてチェック!
#佐賀県 #おでかけ #旅行 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【警固の注目新店】手土産にも◎和スイーツ

【地元民イチオシ】食事が美味しい喫茶店
【コスパ◎】スイーツ食べ放題フェア