TOP > おでかけ > 子どもが喜ぶこと間違いなし! 夏休みのおでかけにも◎恐竜、カブト、クワガタに“触れる”イベント

子どもが喜ぶこと間違いなし! 夏休みのおでかけにも◎恐竜、カブト、クワガタに“触れる”イベント

2022.07.14

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。子どもとおでかけするのが大好きな北九州在住のももです。子連れで行けるお店、子どもと遊べるスポットなどをご紹介しています!

今回は、2022年7月9日から『BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)』で開催されている『昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展』へ行ってきました。

巨大な恐竜が生息する迷路から脱出したり、本物の化石に触れることができたり、化石の発掘体験をしたりと見どころ満載! たくさんの写真と共にお届けします♪

夏休みのおでかけにもおすすめ!子どもが喜ぶこと間違いなし「昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展」

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展

画像:BOSS E・ZO FUKUOKA

PayPayドームの横にある複合エンターテインメント・ゾーン『BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)』の6階イベントホールで開催されている『昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展』。

開催期間は、2022年7月9日(土)~9月11日(日)。夏休みのおでかけにもピッタリ! 子ども人気間違いなしのイベントです。

入場料金は、大人(高校生以上)1,600円、子ども(小学生以上)900円、幼児(3歳~未就学児)500円。事前に『BOSS E・ZO FUKUOKA』のHPでチケットを購入するシステムです(空きがあれば、当日でも券売機で購入可能)。

最大の特徴は「タッチOK」なこと。一部の展示には触れませんが、「タッチOK!」と書かれた展示は実際に触ることができますよ。

フォトスポットもあり!化石に触れる「展示エリア」

入場すると、さっそく大きな恐竜が出迎えてくれます。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 入口付近の恐竜

画像:もも

口の中に手や頭を入れて撮影が可能です(タッチはできません)。大きな口で迫力満点!

中に入って進んでいくと、本物の化石に触れられるエリアが広がっています。

これは、モササウルスの歯。作られたものではなく、本物の歯の化石なんです。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 モササウルスの歯の化石

画像:もも

恐竜の歯に触る機会なんてめったにないので、子どもたちは大興奮です!

ほかにも、実物のアンモナイトや恐竜の卵などの化石に触ることができますよ。

館内は撮影OKで、こんなフォトスポットも用意されていました。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 アパトサウルスの前足模型

画像:もも

体調22m以上もあったといわれるアパトサウルスの実物大の前足の模型です。子ども2人が座れるくらいの大きさにびっくり!

トリケラトプスの顔の模型も展示されていましたよ。こんなに間近で見ることができるのは、貴重な体験ですよね(これは触れません)。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 トリケラトプス

画像:もも

そのほか、恐竜同士が戦う姿がそのまま残った化石や、ティラノサウルス「スタン」の半身骨格なども展示されていました。

実際の発掘で使われる道具を使って発掘体験!「化石発掘広場」

展示エリアを進んでいくと、化石の発掘体験ができる「化石発掘広場」があります。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 化石の発掘体験

画像:もも

本物の発掘でも使われる刷毛を使って、自分の手で化石を発掘することができます。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 化石発掘体験

画像:もも

テレビで見るような発掘作業を実際に体験できるなんて、すごく貴重ですよね。砂の中に入っての体験のため、サンダルよりも靴で行くことをおすすめします。

探検気分!巨大な恐竜が生息する迷路「恐竜探検迷路」

「化石発掘広場」を抜けると、巨大な恐竜が生息する迷路があります。

ここは、時空を超えて現代に突然現れた恐竜たちを保護するための無人島「ダイナソーアイランド」。

行方不明になってしまったトリケラトプスの赤ちゃんを見つけ出すのがミッション。入口で懐中電灯を受け取り、ドキドキしながらスタートです。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 巨大な恐竜が生息する迷路

画像:もも

中は暗くなっていて、恐竜たちの迫力が倍増。懐中電灯を恐竜にあてると、実際の恐竜の色が浮かび上がるのだそう。

途中に出口が用意されているので、怖くなっても大丈夫です。

3階の「MLB Café FUKUOKA」で楽しむコラボメニュー

『昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展』を楽しんだあとは、3階にある『MLB Café FUKUOKA』でコラボメニューを楽しむのもおすすめ。

こちらは、ジュラ紀をイメージした『恐竜チリビーンズバーガー』(1,800円)。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 恐竜チリビーンズバーガー

画像:もも

子どもたちが大興奮だったのは、『ティラノザウルスクッキーサンド』(1,300円)。アイスはチョコと黒ゴマでした。石に見立てたチョコレートもちりばめられています。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 ティラノサウルスのクッキーアイスサンド

画像:もも

こちらは、恐竜の卵をイメージした『DINOEGG コーヒーシェイク(ノンアルコール)』(680円)。上にのっているのは、土に見立てたクッキー。ほどよい甘さで、子どもたちも大喜びでした。

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展 DINOEGG

画像:もも

そのほか、食べ物は『恐竜キッズカレー』(800円※注文できるのは12歳以下のみ)、飲み物は『トリケラトプスメロンソーダ(ノンアルコール)』(680円)と『ダイナソーフィールド』(ノンアルコール800円、アルコール900円)が揃っていますよ。

外国産の珍しい種類も!一緒に楽しみたい「見て!触って!カブト・クワガタの森」

『昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展』が行われている6階のイベントホールの横スペースで、2022年8月16日(火)まで開催されている『見て!触って!カブト・クワガタの森』。

3歳以上は有料で、一律500円。『昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展』とのセット券もあり、大人(高校生以上)1,900円 、こども(小学生以上)1,200円 、幼児(3歳~未就学児)800円です。

外国産の珍しい種類を間近で見られる展示コーナーや、大人気のアトラスオオカブトやニジイロクワガタなどとふれあえるコーナーも!

見て!触って!カブト・クワガタの森 ニジイロクワガタ

画像:もも

展示室には35匹ほどのカブト・クワガタが展示されていて、自由に見て回れます。木を登っていく様子や地面を歩く様子をじっくりと観察することができました。

見て!触って!カブト・クワガタの森 カブト・クワガタ展

画像:もも

子どもたちも興味津々で、優しく触るように気を付けながら観察していました。

また、希少種を含む30種類ほどのカブト・クワガタが販売されていますよ。

夏休みの思い出作りにぴったりのイベントです。ぜひ、おでかけの参考にしてください。(文/もも)

<イベント概要>
場所:BOSS E・ZO FUKUOKA 6F(福岡市中央区地行浜2-2-6)
駐車場:あり(日によって料金変動)
電話番号:092-400-0515

昭和建設 presents タッチ ザ ダイナソー 恐竜アドベンチャー展
開催期間:2022年7月9日(土)~9月11日(日)
料金:大人(高校生以上)1,600円、こども(小学生以上)900円、幼児(3歳~未就学児)500円
※『見てさわってカブト・クワガタの森』セット券:大人1,900円 、こども1,200円 、幼児800円

見てさわってカブト・クワガタの森
開催期間:2022年7月9日(土)~8月16日(火)
料金:3歳以上、一律500円

※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/もも
BOSS・E ZO FUKUOKA

#おでかけ をまとめてチェック!
#ファミリー #福岡子連れスポット
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【カフェ好き厳選】クリームドーナツ5選

【コストコ】ストックしたい便利食材3選
【太宰府食べ歩き】絶品スイーツ3選