TOP > おでかけ > 【2022年福岡県最新】夏でもひんやり!福岡県内の涼感スポット<10選>

【2022年福岡県最新】夏でもひんやり!福岡県内の涼感スポット<10選>

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

連日うだるような暑さが続いていますが、週末はおでかけしたい!

自然に囲まれて、夏を満喫できて、さらには涼しく過ごせたら最高ですよね。

今回は、猛暑の中でも楽しめる福岡県内の「涼感スポット」を厳選してご紹介します。

【福岡市早良区石釜】坊主ケ滝(ぼうずがたき)

坊主ケ滝

画像:早良区役所

室見川支流の坊主川をさかのぼった場所にある『坊主ケ滝』。別名『不動の滝』や『紅葉の滝』とも呼ばれています。

かつては僧侶の修行の場所であったため、その名前が付けられたといわれています。

高さは約15メートル、幅は約3メートルもあり、勢いよく水が流れ落ちる様子は迫力満点! 滝つぼの前にはスペースがあるので、ぜひ天然のミストを味わってみてください。

<スポット情報>
■坊主ケ滝
住所:福岡市早良区石釜
駐車場:なし

【福岡市早良区石釜】花乱の滝(からんのたき)

花乱の滝

画像:早良区役所

福岡市早良区にある『花乱の滝』。流れ落ちる滝の水しぶきが、花びらが舞うように美しいことから、その名前がつけられました。

滝の高さは約15メートル。滝の近くは水しぶきが立ち込めていて、ひんやりとした涼しさが感じられます。豊かな自然の中で滝の音や鳥の声に耳を傾ければ、心身共にリフレッシュできますよ!

<スポット情報>
■花乱の滝
住所:福岡市早良区石釜
駐車場:なし

【福岡市早良区飯場】野河内渓谷(のごうちけいこく)

野河内渓谷

画像:早良区役所

博多駅から車で約1時間、福岡市内唯一の渓谷である『野河内渓谷』。約3.2kmにわたる渓谷を進むと、大小さまざまな滝や渕、奇岩や巨岩の多彩な景観が現れます。

渓谷沿いには全長700メートルの遊歩道も。豊かな緑が作り出す木陰と清流で、空気もひんやり感じられます。

渓谷の入り口付近は岩肌のコケも少なく、川遊びにもぴったり! 浅瀬なので、小さいお子さんも一緒に遊べます。

周辺は足場が悪い場所もあるため、サンダルやヒールではなく、スニーカーでおでかけしてくださいね。

<スポット情報>
■野河内渓谷
住所:福岡市早良区飯場
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:092-833-4307(早良区役所 企画課)

【糸島市白糸】白糸の滝(しらいとのたき)

白糸の滝

画像:白糸の滝

標高900メートルの羽金山の中腹に位置し、落差は約24メートルある『白糸の滝』。 福岡県指定の名勝でもあり、自然があふれる憩いの場としてファミリーに人気の冷涼スポットです。

「やまめ釣り」や「そうめん流し」も有名で、家族で川遊びをしたり、おいしい渓流料理を楽しんだりと、福岡を代表する夏の避暑地として知られています。

白糸の滝

画像:白糸の滝

『白糸の滝』を訪れた際は、ハイキングもおすすめ! 滝までのハイキングコース「自然散策道」は、気楽に歩けるウォーキングルートになっています。ぜひ糸島の自然を満喫してみてください。

<スポット情報>
■白糸の滝
住所:糸島市白糸460-6
開館時間:9:00 〜17:00(7月・8月は18:00まで)
定休日:なし(12~3月は毎週水曜日)
入場料:無料
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:092-323-2114(受付9:00~18:00)

【糸島市二丈福井】二丈渓谷(にじょうけいこく)

二丈渓谷

画像:二丈渓谷

糸島の豊かな自然を満喫できるスポット『二丈渓谷』。玄界灘まで一望できる『加茂ゆらりんこ橋』から続く遊歩道は約2kmのハイキングコースになっていて、渓流の音を聞きながら四季を通じて散策を楽しめます。

中でも、遊歩道の途中にある『明神の滝』周辺は人気スポット。渓谷の中でも落差が一番大きな3段の滝で、迫力満点! 間近で見ることができ、ベンチもあるのでゆっくり過ごせますよ。例年11月中旬の紅葉の時期も、美しい景色を堪能できておすすすめです。

また渓谷を登りきった先には、自然公園『真名子木の香(まなごきのか)ランド』があり、キャンプや川遊び、バーベキューも楽しめます。

木の香ランド

画像:真名子木の香(まなごきのか)ランド

<スポット情報>
■二丈渓谷
住所:糸島郡二丈町大字福井
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:糸島市観光協会(092-322-2098)

【糸島市志摩芥屋】芥屋の大門(けやのおおと)

芥屋の大門

画像:芥屋の大門

日本最大の玄武岩洞として全国的に知られる『芥屋の大門』。玄海国定公園のなかでも、名勝奇岩として有名です。

潮流や波の侵食によってできた洞窟は、高さ64メートル・奥行き90メートル・間口10メートルもあり、神秘的な景観が広がります。『芥屋の大門遊覧船』に乗ると、写真のような正面の姿や洞窟内部の景色が楽しめますよ。

また、近くの『芥屋海水浴場』は透明度が高く、環境省選定の『快水浴場100選』にも選定されています。遠浅のため、小さいお子さんを連れての海水浴もおすすめです。

芥屋海水浴場

画像:芥屋海水浴場

<スポット情報>
■芥屋の大門
住所:糸島市志摩芥屋732
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:糸島市観光協会(092-322-2098)

【糟屋郡篠栗町】五塔ノ滝(ごとうのたき)

五塔ノ滝

画像:篠栗町役場

JR篠栗(福北ゆたか)線の「筑前山手」駅から、歩いて約40分程の場所にある『五塔ノ滝』。まるで五重の塔から水を落としたように、滝の流れが5つの段になっていることから、その名がつけられました。

篠栗にある滝の中でも、一番雄大で水量が豊富な滝です。

付近一帯は『篠栗耶馬渓(ささぐりやばけい)』とも呼ばれる、美しい景色を楽しめるスポットでもあります。くっきりと澄んだ滝つぼには、桜や新緑・紅葉と、四季の移ろいが鮮やかに映し出されて、とても見応えのある景色が広がります。

<スポット情報>
■五塔ノ滝
住所:糟屋郡篠栗町金出 3244-9
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:092-947-1217(篠栗町産業観光課)

【直方市上頓野】竜王峡(りゅうおうきょう)キャンプ村

龍王峡

画像:直方市役所商工観光課

直方市唯一の渓谷キャンプ施設である『竜王峡』。昭和22年頃から、安入寺地区の憩いの場として親しまれてきました。

澄んだ空気や森林浴・川のせせらぎなどの自然を堪能できるだけでなく、水遊びやキャンプ・バーベキューなども楽しめて、家族連れにも人気のスポットです。

一の滝、二の滝、三の滝と、3つの滝がある点もおすすめポイントのひとつです。

龍王峡

画像:直方市役所商工観光課

2022年の開村時期は、7月15日(金)から9月1日(木)まで。

ありのままの自然を活かしたイベントも複数予定されており、7月15日(金)には『開村式とヤマメの稚魚放流』、7月24日(日)は『ヤマメのつかみ取り』、8月6日(土)には『竹灯籠まつり』が開催される予定です。

<スポット情報>
■竜王峡(りゅうおうきょう)キャンプ村
住所:直方市上頓野184−1
駐車場:あり(開村期間中は有料)普通車日帰り300円、普通車宿泊500円
問い合わせ先(利用予約専用電話):0949-26-0141

【うきは市浮羽町】調音の滝(ちょうおんのたき)

調音の滝

画像:うきは市役所

林野庁選定の『水源の森百選』にも選ばれた『調音の滝』。滝の水音が音を奏でているように聴こえたことから、その名がつけられました。

滝の高さは約27メートルもあり、新緑や紅葉などの自然の美しさと滝が調和し、訪れる人々に癒やしと安らぎを与えてくれます。

夏はとりわけ、別天地の涼しさ。そうめん流しも楽しめますよ(2022年は7月17日~9月末まで、10:00~オープン予定。先着順でなくなり次第終了)。

近くには『魚返りの滝』や『斧渕の滝』もあるので、3つの滝の違いを楽しんでみるのもおすすめです!

※新型コロナウイルス感染状況によっては、内容等が変更となる場合もあります。

<スポット情報>
■調音の滝
住所:うきは市浮羽町妹川3184
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:0943-75-4987(うきは市 建設課)

【北九州市小倉南区】千仏鍾乳洞(せんぶつしょうにゅうどう)

千仏鍾乳洞

画像:北九州市役所

平尾台の東端に開口し、天然記念物にも指定されている『千仏鍾乳洞』。洞内は四季を通じて気温約16度で、夏はヒヤッと涼しく、冬は暖かく感じます。

入り口には大小約30個もの鍾乳石が垂れ下がり、見事な景観です。照明が設置されている約900メートルの道のりを往復すれば、40分の鍾乳洞探検が楽しめますよ!

途中から水の中を歩くため、鍾乳洞に入る際は無料の貸しサンダルのレンタルがおすすめです。

千仏鍾乳洞

画像:北九州市観光情報サイト

<スポット情報>
■千仏鍾乳洞
住所:北九州市小倉南区平尾台3丁目2-2-1
開館時間:平日9:00〜17:00、土日祝9:00〜18:00 ※秋・冬季は日没まで
定休日:なし
入場料:大人900円、中学生600円、小学生500円、幼児(4歳以上)200円
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:093‐451‐0368

少しでも涼しいスポットを訪れたくなる夏。記事を参考にして、ぜひ自然の涼しさを味わってみてくださいね!(文/タケウチノゾミ)

※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文/タケウチノゾミ
※画像/早良区役所白糸の滝、二丈渓谷、真名子木の香(まなごきのか)ランド芥屋の大門芥屋海水浴場篠栗町役場直方市役所商工観光課うきは市役所北九州市役所北九州市観光情報サイト

#おでかけ をまとめてチェック!
#福岡県 #絶景 #ドライブ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【旅行】5着でOK!3泊4日着回しコーデ
【収納】逆に散らかる!?プロが“しない”こと