TOP > おでかけ > 【九州初上陸】“無料コンテンツ”も!大興奮の「うんこミュージアム」カラフルかわいい全貌公開

【九州初上陸】“無料コンテンツ”も!大興奮の「うんこミュージアム」カラフルかわいい全貌公開

2021.03.23

こんにちは。子連れでおでかけが大好きなライターのルミルミです。

『BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)』で2021年3月20日から期間限定オープンしている「うんこミュージアム」。

さっそく遊びに行ってきたのでご紹介します!

“ウンスタ映え”がいっぱいな「うんこミュージアム」!

その名のとおり「うんこ」がテーマなのですが、これがまたかわいいんです。

「うんこ」が“かわいい”って、不思議ですよね。さぁ、どんな場所なのか、さっそく見ていきましょう。

入口ではまずカラフルな便座に座ります。「座ること」は、強制です!

うんこミュージアム 入口

画像:ルミルミ

もはや儀式のようです(笑)。

うんこミュージアム 座る

画像:ルミルミ

座って、ミュージアム内を一緒に回る「マイうんこ」を生み出します。何色の「うんこ」が出てくるかはお楽しみ♡

一人で生み出したかったのですが、2人でトイレに座ったところ、「Wうんこ」が生み出され、ピンクと黄緑でした。生み出した「マイうんこ」は、棒にさして持ち歩きます。

うんこミュージアム マイうんこ

画像:ルミルミ

5つのエリアの魅力をたっぷり紹介!

中は、大きく5つのエリアに分かれています。1つずつご紹介していきましょう。

1:キラキラしたフォトジェニックなうんこが並ぶ「ウンスタジェニックエリア」

「ウンスタジェニックエリア」は、巨大オブジェから小さなうんこが飛び出す“うんこボルケーノ”がある「大広場」。

うんこミュージアム ウンスタジェニックエリア

画像:ルミルミ

“フン火”時に吹き出す、無数のうんこに子どもたちも大興奮!

スポンジでできた、カラフルなうんこがたくさん♡ 出てきたうんこは、便器で回収です。

うんこミュージアム うんこ回収

画像:ルミルミ

フォトスポット「うん語ネオンゲート」は、大人気のフォトスポット! 列ができていましたよ。

うんこミュージアム ネオンゲート

画像:ルミルミ

うんこのオブジェが空間に浮かぶ「フライングうんこ」。東京での『うんこミュージアム』に行った人のインスタでもよく見ていたもの♡

うんこミュージアム フライングうんこ

画像:ルミルミ

「愛のうんこルーム」。

うんこミュージアム 愛のうんこルーム

画像:ルミルミ

「プリっとプリンセス」。

うんこミュージアム プリっとプリンセス

画像:ルミルミ

2:世界のうんこグッズを知ることができる「ウンテリジェンスエリア」

著名人がうんこをテーマに描いた色紙が飾られ、また世界各国のうんこ関連グッズが数多く展示されている「ウンテリジェンスエリア」。

便器型のホワイトボードです。

うんこミュージアム ウンテリジェンスエリア

画像:ルミルミ

自由に書き&描きができ、気に入らなければトイレットペーパーで消せます。

うんこミュージアム ウンテリジェンスエリア

画像:ルミルミ

3:うんこのゲームを楽しめる「ウンタラクティブエリア」

「Hop!Step!Jumpoo!」。

うんこミュージアム ウンタラクティブエリア

画像:ルミルミ

「うんこシャウト」。

うんこミュージアム うんこシャウト

画像:ルミルミ

4:何度も遊びたくなる「クソゲーセンター」

「クソゲーセンター」には、「うんこ白刃どり」などの、中毒性の高いゲームがいろいろあります。

クソゲ―センター

画像:ルミルミ

5:うんこグッズショップ「うんこファクトリー」

ここでしか手に入らないグッズがたくさんの「うんこファクトリー」。

うんこファクトリー

画像:ルミルミ

福岡限定のコンテンツ「撫でうん」。勝ちうん(運)が付きそう。

なでウン

画像:ルミルミ

「勝うん様」。

うんこミュージアム 勝うん様

画像:ルミルミ

「勝うん様」は、ミュージアム入場券を持っていない人を含め、だれでも楽しめる場所にあります。野球観戦の前などにもぜひ立ち寄ってみてください。

行ってない人からしたら「うんこ、うんこ……なん言いようと?」って感じかもしれませんが、「くさい」「汚い」といったうんこのイメージを根底からひっくり返す、オシャレでカワイイ空間でした。

足元までうんこ……。

うんこミュージアム 足元

画像:ルミルミ

この場所も、ぜひ見つけてくださいね。(文/ルミルミ)

<「うんこミュージアムFUKUOKA」開催概要>
期間:2021年3月20日(土)~8月29日(日)
会場:BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ) 6F(福岡市中央区地行浜2-2-6)
BOSS E・ZO FUKUOKAの施設情報
営業時間:平日11時~17時(最終入場16時半、PayPayドーム野球ナイトゲーム開催時は18時半まで、最終入場18時)土曜日:10時~20時(最終入場19時半)、日曜日:10時~18時(最終入場17時半)
詳細はHPにて。
チケット:大人1,600円、小学生900円、小学生未満無料(クラブホークス会員200円引き)
HPhttps://e-zofukuoka.com/unkomuseum/
SNS:Instagram@unko_museum@ezofukuoka 


※この記事は公開時時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/ルミルミ

#おでかけ をまとめてチェック!
#ファミリー #福岡周辺エリア #子ども連れ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ミニ財布】小さいけど機能性◎3選

【プロ直伝】夏のNGベースメイク
【垢抜けヘア】涼し気ショートボブ