TOP > おでかけ > 糸島の海岸に出現!感動の絶景リゾート全貌を公開「LASPARK RESORT ラズパーク リゾート」

糸島の海岸に出現!感動の絶景リゾート全貌を公開「LASPARK RESORT ラズパーク リゾート」

2021.03.18

こんにちは。糸島出身・糸島在住ライターのルミルミです。

糸島に2021年3月31日(水)に『LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート)』がグランドオープン! 3月1日からプレオープン中なので、さっそく遊びに行ってきました。

ここはどこ?非日常が味わえる贅沢空間「LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート)」

私のイメージでは、“きっと福岡都心から一番近い複合リゾート施設”な『LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート)』!

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) 外観

画像:ルミルミ

総面積約8000坪という敷地の中には、グランピングにキャンプ場、BBQ、カフェ、マリンスポーツなどのアクティビティー、さらにはお買い物が楽しめちゃうショップまであるんです。

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) 海

画像:ルミルミ

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) ソファ

画像:ルミルミ

それぞれ見ていきましょう。

え?これがテントの中…?高級感あふれるグランピング

高級感あふれるグランピング(1棟55,000円から、最大定員6名)。

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) グランピング

画像:LASPARK RESORT

お部屋タイプは『OCEAN DOME blue』と『OCEAN DOME red』の2タイプがあります。

『OCEAN DOME blue』のブルーのドアを開くと……

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) ブルー

画像:LASPARK RESORT

ジャーン!! ドーム型のテントの中はこのように広々!

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) ブルー 室内

画像:LASPARK RESORT

テントの中からは海側が広い窓のようになっていて、エメラルドグリーンの海を一望することができる最高のロケーションです。

また、ドーム併設の専用ウッドデッキからは、夕日や朝日を堪能することができます。

『OCEAN DOME red』のレッドのドアを開くと……

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) レッド

画像:LASPARK RESORT

ジャーン!!

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) 室内

画像:LASPARK RESORT

テント内は思ったよりも広々した作りで、なんとセミダブルベッドを3台も置くことができるんですよ。

室内には、ドライヤー、冷蔵庫もあり、冬はストーブ、夏はエアコンがあるのもありがたいです。

アメニティーは、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、スリッパ、ミネラルウォーターまであるので、荷物が少なくて楽しめるのもうれしいポイント。

キャンプの常識を覆す、まさに贅沢なグランピングです。

チェックインは14時から、チェックアウトは11時なので、朝、昼、夜それぞれの時間を本当にゆっくり過ごせそうです。

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) 室内

画像:Instagram(@smallmarishan)

この奥には、ウッドデッキキャンプのエリアや、フリーキャンプ場も。自身のテントを持ち込んで、手軽にグランピング気分を味わえます(料金など詳細は公式HPで確認してください)。

この辺りは外灯も少ないので、夜はきれいな星空を楽しむこともできますよ。

あなたはどっち派?ビーチの前で楽しめるBBQ!

お次は、BBQエリアです。

こちらは、ピンクや赤が目を惹くエリア。

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) BBQ

画像:LASPARK RESORT

そしてこちらは、落ち着いた雰囲気のエリア。

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) BBQ

画像:LASPARK RESORT

どっち派ですか? コンセプトがそれぞれ違うので、どっちでBBQをしようか迷いますよね。

まずは海が目の前のロケーションで、ピンクや赤のソファーに座って、お肉を食べたいな~と妄想が膨らんでいます。

どちらをチョイスしても、すてきな家具に囲まれて贅沢なBBQを楽しむことができそうです。

映えたいあなたにぴったり!“人をダメにする”ブランコやハンモック

こちらは、SNS映えすること間違いなしのハンモック・ブランコエリア。

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) ハンモック

画像:ルミルミ

糸島の風を感じながら、のんびりゆっくり過ごすことができます。

子どもも大人も大喜びです♡

泊まるだけじゃない!食べるだけじゃない!アクティブなあなたにオススメ

この施設がある場所の目の前は海! 海水浴やマリンスポーツ、魚釣りも楽しむことができます。

また、すぐ横は森なので、探検を楽しむこともできます。

海も森もどちらも楽しめるなんて、本当に贅沢な環境に位置する施設です。

遊んだあとの汚れも心配無用。シャワールーム(屋外シャワーは無料、温水シャワー1回30分300円)があるので、安心です。

マリンスポーツなどのアクティビティーで楽しんだあとは、敷地内のカフェで一息もいいですよ。

最後はやっぱりカフェで一息

フードメニューは、パスタやピザ、カレー、タコライスなど。お子様セット(780円)もありましたよ♡

店内の窓からの景色も最高です。

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) カフェ

画像:ルミルミ

糸島の豊かな自然で育まれた新鮮な食材が使われているランチ。

『美豚のボロネーゼ』(1480円)、『糸島の恵みラズピッツァ』(1380円)をいただきました。

ランチ LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート)

画像:ルミルミ

デザートとドリンクは、ランチ料金に+300円なのでとてもお得です。

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) デザート

画像:ルミルミ

ドリンクメニューも、ソフトドリンクからビール、ワイン、カクテル、ワインなど豊富でした。

LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート) 店内

画像:ルミルミ

世代超えて楽しめる非日常空間。あなたはここで何をして過ごしたいですか。(文/ルミルミ)

<LASPARK RESORT(ラズパーク リゾート)/LAS cafe(ラズカフェ)>
住所:福岡県糸島市志摩桜井字浜田4850-1
LASPARK RESORT/LAS cafeの施設情報
※この記事は公開時時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/ルミルミ
※画像/LASPARK RESORT、Instagram(@smallmarishan

#糸島 をまとめてチェック!
#ドライブ #福岡周辺エリア #おでかけ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【掃除】自動製氷機の簡単リセット術

【恋愛】追われるオンナの共通点
【ワーママ】ラク家事&収納のコツ