TOP > おでかけ > もう行った?“糸島の海辺ドライブ”おしゃれ雑貨店「8686」&「タリアビーチカフェ」(志摩野北)

もう行った?“糸島の海辺ドライブ”おしゃれ雑貨店「8686」&「タリアビーチカフェ」(志摩野北)

2021.03.22

こんにちは。おでかけが大好き! 糸島出身・糸島在住ライターのルミルミです。

ぽかぽか陽気の日も増え、おでかけ欲が高まる季節になりましたね。

冬の間はひっそりしていた糸島の海辺にも人が増えてきました。

今回は、2021年に入って海辺に新しくできた雑貨屋さんとその隣のカフェを紹介します♪

ハンドメイド雑貨がずらりと並ぶ「8686(ハロハロ)」(糸島市志摩野北)

2021年1月に糸島の海辺にオープンしたお店『8686(ハロハロ)』。

民家をリフォームして作ったというお店は、店主と作家が一緒に作業されたそうです。

8686(ハロハロ)外観

画像:ルミルミ

店内には、約30人の作家によるハンドメイド雑貨が並びます。

8686(ハロハロ) 店内

画像:ルミルミ

作家ごとに割り当てられたブースは、各作家がDIYしているそう。各ブースごとに雰囲気が異なり、それぞれのセンスがうかがえます。

8686(ハロハロ)店内

画像:ルミルミ

8686(ハロハロ)店内

画像:ルミルミ

アクセサリー、革小物、インテリア、洋服……ジャンルもたくさんなので、見応えがありますよ。

8686(ハロハロ)店内

画像:ルミルミ

8686(ハロハロ)店内

画像:ルミルミ

8686(ハロハロ)店内

画像:ルミルミ

なんと、雑貨屋さんには珍しく、キッズスペース・授乳室があるのも子ども連れにはうれしいポイント。

8686(ハロハロ)キッズスペース

画像:ルミルミ

これならゆっくりと買い物を楽しむことができますね。

8686(ハロハロ)インテリア

画像:ルミルミ

約30人の作家の誰かが店頭に立つ日もあり、その作家に会いに訪れる方もいるのだとか。

私が訪れた日も、店主さんは、何やら案内板を手書きで書いておられました。

店内は日々進化しているので、これからも目が離せないお店です。

水色の壁が目を惹く「タリアビーチカフェ」(糸島市志摩野北)

買い物が終わったら、『8686』のすぐ隣にあるキッチンカーのお店で休憩はいかがですか?

タリアビーチカフェ 外観

画像:ルミルミ

壁がかわいくて、思わず写真を撮りたくなります。

タリアビーチカフェ 壁

画像:ルミルミ

この『タリアビーチカフェ』は、海岸の目の前にあり、ゆったりと時間が流れるキッチンカーのカフェです。

2020年9月にオープンしたのですが、『8686』のオープンに伴い、キッチンカーの場所を10mほどずらし、8686の横(水色の壁の後ろ)に移動していますので、見逃さないようにしてくださいね♪

すぐ近くの『TALIA COFFE』で自家焙煎した糸島ブレンドを使用したフレーバーラテが人気です。

タリアビーチカフェ フレーバーラテ

画像:ルミルミ

2階のテラスからは、さらに遠くまできれいな海を見ることができます。

波の音をBGMに、ゆっくりのんびり糸島巡りはいかがですか。(文/ルミルミ)

〈店舗情報〉
8686(ハロハロ)
住所:福岡県糸島市志摩野北2277-5
■タリアビーチカフェ
住所:糸島市志摩野北2277-5
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/ルミルミ

#おでかけ をまとめてチェック!
#糸島 #ドライブ #カフェ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ミニ財布】小さいけど機能性◎3選

【プロ直伝】夏のNGベースメイク
【垢抜けヘア】涼し気ショートボブ