TOP > ファッション > 150cm台でも野暮ったくならない!バランスよく着こなせる秋のニットコーデ&選び方

150cm台でも野暮ったくならない!バランスよく着こなせる秋のニットコーデ&選び方

2020.11.15

こんにちは。FBSアナウンサーの伊藤舞です。

本格的な冬の一歩手前のこの時期は、アウターいらずでニットが楽しめる貴重な期間ですね。

とはいえニットはボリューミーになりがちなので、身長150cm台の私にはバランスが取りにくくなることもしばしば。

そこで今回は、私なりのニットの選び方やコーデのポイントをご紹介します。

「ざっくりニット」は大きすぎないサイズ感を

オーバーサイズ気味のざっくりニット。かわいいけれど、サイズ感や合わせ方を間違えると野暮ったく見えてしまいます。

このニットは『ZARA』のSサイズ。袖の長さや丈の長さ、体が泳ぎすぎないサイズ感が158cmの私にはベストでした。

ニットの選び方

画像:伊藤舞

どちらかというと普段は色物は避けがちですが、今回はあえて水色を。

全体の面積が大きくなるざっくりニットは、暖色よりブルー系などの寒色を選んだほうが締まって見える気がしています。

ニットの選び方

画像:伊藤舞

ボトムにはプリーツスカートを。歩くたびにしなやかに揺れるので、全身のシルエットにメリハリが生まれます。

ニットの選び方

画像:伊藤舞

“水色×ブラウン”は個人的に大好きな組み合わせ。秋に着たくなる色合いです。

インナーで明るい印象に見せる「黒のニットカーディガン」

秋に大活躍のニットカーデはベーシックな黒を愛用。おしりがすっぽり隠れるロング丈なので、よりすっきり見せるように意識しています。

秋コーデ

画像:伊藤舞

ボトムをストレートデニムやタイトスカートにすると、バランスが取りやすくなります。

秋コーデ

画像:伊藤舞

また、顔周りが明るく見えるように、インナーは明るい色を合わせるようにしています。

秋コーデ

画像:伊藤舞

「パフスリーブニット」は色味と小物で大人らしく

袖がふんわりしてかわいい印象を与えがちなパフスリーブニットは、あえてダークな色味のものを選びました。

秋コーデ

画像:伊藤舞

「小柄=かわいい」というイメージを抱かれがちなので、かわいいアイテムのときほど色の選び方や小物の合わせ方で、大人っぽく見せるように意識しています。

ちょっとハードな印象のシルバーのネックレスも、案外しっくりなじみます。

秋コーデ

画像:伊藤舞

コートを羽織る前の貴重なこの季節。ニットを主役に秋コーデを楽しみたいですね!(文/伊藤舞)

【参考・画像】
伊藤舞

#ファッション をまとめてチェック!
#コーディネート #ショッピング #伊藤舞

<こんな記事も読まれています>
テンションあがる!ご褒美アイテム5選
【1泊2日旅行】リアル着回しコーデ
【150㎝台】ダサ見えしないニットコーデ