TOP > ファッション > 2022年買ってよかった!スタイリスト大満足の「ファッションアイテム」5選

2022年買ってよかった!スタイリスト大満足の「ファッションアイテム」5選

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。スタイリストのMOTOKO TAKAMURAです。

2022年も洋服や雑貨を研究する中で、いろいろなアイテムを購入しました。今回はその中でも私が「本当に買ってよかったもの」5つをご紹介します。

1:スエードのハット

まずは、古着屋さんで見つけたシンプルなスエードのハットです。

スウェードのハット

画像:MOTOKO TAKAMURA

なんの変哲もないハットですが、色や形が気に入り、すぐに購入しました。

リボンが付いていないシンプルなデザインなので、どんなファッションのときでも気軽に被ることができて、コーディネートのアクセントとして大活躍しました。

春はロンTと、秋はスウェットと、冬はニットと。

帽子って、「どんなものでも似合う」ならいいのですが、なかなかそうはいかないもの。これ!と思ったものに出会ったときは、即購入しないとチャンスを逃してしまうので、今回も即決しました。

たまたまフラッと入った古着屋さんでのゲット! とてもラッキーでした。

2:リボン付きストローハット

続いてご紹介するのも帽子です。

こちらは、リボン付きストローハット。この夏、大活躍したアイテムの一つでした。

夏のリボン付きストローハット

画像:MOTOKO TAKAMURA

帽子は大好きなのですが、なかなか顔の大きさや頭の形に合うものがなくて普段から探していて、こちらもたまたま入ったお店のマネキンが被っていて、試着して1分で決めました。

日除けというより、完全にオシャレ優先のアイテムでしたが、どこにいくにも必ず連れて行ったほどのお気に入り。

ファッション雑貨は、オシャレを格上げしてくれるので、大好きです。

3:「Karl Lagerfeld(カール ラガーフェルド)」のバッグ

次はバッグ。

子どもとおでかけするとき用に斜め掛けのものを探していて、出会ったものです。

バッグ 「Karl Lagerfeld(カール ラガーフェルド)」のバッグ

画像:MOTOKO TAKAMURA

今は亡きファッションデザイナー、カール・ラガーフェルドが自身の名前を掲げたブランド『Karl Lagerfeld(カール ラガーフェルド)』のバッグ。大きさもデザインも軽さもすべてが「好き」で、季節を問わず大活躍でした。

コロナ禍で、ネットでファッションアイテムを購入する機会もより増えて、こちらも、ネットショッピングで手に入れたものの一つです。

ロゴやレタリングなどがしっかりと主張していて、俗にいう「シンプルコーデ」より、「アクセントありありのコーデ」が好きな、私らしいバッグに出会えたと思っています。

4:「CONVERSE(コンバース)」のスニーカー

次は、『CONVERSE(コンバース)』のスニーカー。シルバーの『オールスター』です。

画像:MOTOKO TAKAMURA

シルバーの『オールスター』には、ピカピカしたメタリックシルバーのものや、光沢をほどよく抑えたもの、そしてグリッターなシルバーのものもあるようですが、私が選んだのは光沢を抑えたシルバーのもの。

コンバースは甲高の私の足をすっきり見せてくれるので昔から好きなのですが、この、ほどよく光沢をほどよく抑えたシルバーは、とにかく何にでも合わせやすくて。ヘビロテしすぎ!というくらい、今年は頻繁に履いてました。

コーディネートにスニーカーを取り入れたいけれど、スポーティーすぎるものを選んでしまってうまくお洋服に合わせられないという話をよく聞きます。オールスターならスポーティーさが控えめなので、カジュアルに馴染むのが魅力です。

普段のスニーカー選びに困っている方は、このコンバースのオールスターで、ピカピカしてないシルバーか、レザーのオールスターで真っ白(オフホワイトではなく)のものをおすすめします。

ちなみに私は、靴の中で足が疲れないように、そしてたくさん歩けるように、あえてワンサイズ大きいサイズを選びました。

5:「GANNI(ガニー)」のチェックのブラウス

そして最後は、全体的にシャーリングを施したチェックブラウス。『GANNI(ガニー)』のものです。

「ganni」のチェックのブラウス

画像:MOTOKO TAKAMURA

コットン素材で、体にフィットしたデザインのブラウス。

そのデザインの構造から、夏涼しくて冬暖かい、優れもの。

今年はブラウス1枚で過ごせるくらいの時期が長かったので、これ1枚でコーディネートが仕上がることもあって、とても重宝しました。お仕事のときにも使えましたよ。

冬はこの上にニットを着たり、上からアウターを羽織ったりとさらにコーディネートを楽しもうと思っています。

以上が2022年私が買ってよかったアイテムでした。来年もたくさんのお洋服や雑貨を研究していきます。(文/MOTOKO TAKAMURA)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/MOTOKO TAKAMURA

#ファッション をまとめてチェック!
#コーディネート #ショッピング
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2023年上半期の運勢
【スタイリスト直伝】白靴下垢抜けコーデ
【美容師直伝】ヘアカラー長持ちテク