TOP > ファッション > 「モノトーンコーデ」が垢抜ける!スタイリスト伝授“おしゃれ見え”テクニック5つ

「モノトーンコーデ」が垢抜ける!スタイリスト伝授“おしゃれ見え”テクニック5つ

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、スタイリストのMOTOKO TAKAMURAです。

今回は、大好きな方もきっと多い「モノトーンコーデ」について。

みなさんは、モノトーンコーデをするときに何か気を付けていることはありますか?

「楽だから」という理由でモノトーンのコーデを選ぶ方も多いと思いますが、「平凡に見えがち」「堅いイメージになる」「遊びを作るのが難しい」……そんな声も聞きます。

実はモノトーンは、いくつかのポイントに少し気をつけるだけで、すぐに垢抜けるコーデに変わりますよ。ぜひ参考にしてください。

1:「柄物をプラスする」「抜け感を出す」

まず、「白ジレ(ベスト)」×「ストライプパンツ」のコーデ。

「白ジレ」×「ストライプパンツ」 MOTOKO TAKAMURA モノトーンコーデ

画像:MOTOKO TAKAMURA

「柄物」でかたさを解消

モノトーンコーデをおしゃれに見せてくれる合わせ方として、まず、無地の中に「柄物」を入れるというやり方があります。

柄が入ることでコーディネートに動きが出るので、モノトーンという“かためな雰囲気”を、いい意味で崩してくれる効果があります。

今回は、テーラードのジレ(ベスト)の雰囲気に合わせて、きっちりとしたストライプのスラックスを組み合わせました。

「足元」で抜け感を演出

このようなジャケットやジレ、ベストなど、きっちりとした雰囲気のアイテムを着るとき、これまたきちんとしたシューズやパンプスを合わせると、全体的に重く、かっちりしすぎな印象に。いまいち垢抜けないコーデになってしまいます。

そんなときは、足元で“抜け感”を演出してください。

今回はフラットサンダルを合わせました。マニッシュな中にカジュアルな印象が加わり、こなれ感が出るのでオススメですよ。

そして、ピアスをパールにすることで柔らかい印象に仕上げました。

MOTOKO TAKAMURA ピアス

画像:MOTOKO TAKAMURA

2:「雰囲気の異なる異素材で合わせる」「色のある小物をプラスする」

次に、「白いデザインブラウス」×「スポーティーカジュアルなパンツ(ジャージ素材)」の、スポーティミックススタイルです。

MOTOKO TAKAMURA モノトーンコーデ

画像:MOTOKO TAKAMURA

雰囲気の異なる素材を組み合わせる

モノトーンコーデの合わせ方として、“異素材で合わせる”というやり方があります。

白いブラウスにはスラックスを合わせたりデニムを合わせたりするのが見慣れていると思いますが、今回は、ブラウスとはまったく雰囲気が異なるジャージー素材のスポーティーカジュアルなアイテムを組み合わせて、かっちりしすぎないようにしました。ちなみに、このパンツは内側に白のラインが入っています。

そして、ジャージときたら、ついついスニーカーを合わせてしまいそうですが、足元はドレスシューズに。

カジュアル系とキレイ系をミックスして、白のブラウスを活かしたコーディネートにしました。

MOTOKO TAKAMURA モノトーンコーデ 白ブラウス

画像:MOTOKO TAKAMURA

色のある小物をプラスする

私はモノトーンの中にポイントでカラーを入れるのが好きなので、ピアスにだけブルーの要素を入れて、より明るいコーディネートにしました。

コーディネートのどこかしらに、ワンポイントとして色のある小物を持ってくるといいと思います。

MOTOKO TAKAMURA モノトーンコーデ ピアス

画像:MOTOKO TAKAMURA

3:「高級感あるシューズをプラスする」

最後に、「Tシャツ」×「ロングスカート」 。Tシャツとロングスカートの組み合わせは街でもよく見かけるコーディネートですよね。

高級感あるシューズでカジュアル感を解消

この時期は多くの方がサンダルを合わせると思うのですが、そうなると全体がとてもカジュアルな雰囲気に。

今回は装飾のあるパンプスを合わせることで、高級感のある大人っぽさを出してみました。

さらに、アクセントとしてグリーンのスマホポーチをチョイス。色のある小物でアクセントを付けて、キレイ系のパンプスを合わせたことで、全体的にカジュアル感が抜けて、よそ行きコーデになったと思います。

MOTOKO TAKAMURA モノトーンコーデ 白スカート

画像:MOTOKO TAKAMURA

モノトーンコーデを垢抜けさせるポイント、いかがでしたか?

モノトーンは、たくさんの方が好むコーディネートですが、“周りと同じ”になりがちな配色でもあります。

「抜け感を出すこと」「異素材を組み合わせること」「高級感を出すこと」「色のあるものを1点入れること」……そんなテクニックも加えてみると、いつものモノトーンコーデがよりすてきになると思いますよ。

2022年8月18日(木)のミニ番組『ARNE』でもお話しているので、番組動画もぜひご覧ください。(文/MOTOKO TAKAMURA)
※この記事は公開時点での情報です。

◆ ARNE TV #134「スタイリスト直伝!マンネリ解消モノトーンコーデ」

【参考・画像】
※文・画像/MOTOKO TAKAMURA
FBS福岡放送『ARNE』(毎週木曜24時54分~)

#ファッション をまとめてチェック!
#コーディネート #ショッピング
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【福岡・佐賀】子連れおでかけスポット11選