TOP > ファッション > 去年の服が似合わない…! プロ直伝「30代のファション迷子」から脱却するコツ

去年の服が似合わない…! プロ直伝「30代のファション迷子」から脱却するコツ

2022.02.26

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。福岡市在住のスタイリストnatsuです。どなたでも気軽に取り入れられるおしゃれのヒントをご紹介していますので、参考にしていただけたらうれしいです。

30代になると、20代に着ていた服が似合わなくなったな……と感じる瞬間はありませんか? 年齢を重ねると、体型に変化が出てくるため、似合う服のタイプも変化すると私は考えています。といって、おしゃれは諦めたくない!

そこで今回は、30代になって感じることが多いお悩みを解消する“大人のコーディネート術”をご紹介します。

お悩み1:腰周りがもたついた印象になる

やはり一番に気になってくるのが、腰周りのもたつきではないでしょうか?

腰周りを隠そうとするあまり、上下ともゆるっとした服を選びがちですが、それではメリハリがなくなって、逆に太って見えることも……。

30代ファッションのお悩み1:腰回りがもたついた印象になる

画像:natsu

そこで、あえてボトムスは細身を選んで、シルエットにメリハリをつけていきましょう。トップスにゆるっとした長めのシルエットを選べば、気になるところはカバーできますよ。

スキニーが苦手な人は、テーパードパンツがおすすめ! アンクル丈なら抜け感も出る上に、全体のバランスが整いやすいんです。

お悩み2:顔色が悪く見える

顔映りが悪い服を選んでしまうと、顔色がくすんで疲れた印象を与えてしまったり、年齢より老けて見えてしまったりすることも。せっかくおしゃれをしても、そう見えてしまっては悲しいですよね。

年齢とともに変化する肌質に合わせて、トップスにはパッと顔色がよく見える明るい色を持ってきましょう! 黒やグレーなどの暗色を選びがちですが、顔周りだけでも色物を選んでみて。

ただ、普段色物を着慣れていない人が急に色物を選ぶのは、少しハードルが高いですよね。そんな人は、まず肩掛けスタイルから挑戦してみてはいかがでしょう?

30代ファッションのお悩み2:顔色が悪く見える

画像:natsu

着るよりも、肩に掛けるほうがより簡単。このスタイルでも、しっかり顔が映えて明るい印象を演出できますよ。

肩掛けスタイルのときは、トップスに白を持ってくると、色同士がケンカすることなく上手くまとまります。

お悩み3:似合う服のジャンルが分からない

20代のときは、トレンドや流行りで服選びをすることが多いでしょう。でも、30代になると、それがなんだかしっくりこなくなるんですよね。

そんなときは、一度原点を振り返ってベーシックスタイルに戻してみて! ベーシックなアイテムは少ない枚数でも着回しできるので、「服がない!」問題が生まれづらいです。

30代ファッションのお悩み3:似合う服のジャンルが分からない

画像:natsu

ベーシックの中でも、自分らしく個性を出すにはアクセサリーがおすすめ! 服がシンプルな分、アクセサリーをいくつか付けても派手な印象になりませんよ。ネックレスやリング、ピアス、イヤリングなど、お気に入りのアクセサリーで自分だけのおしゃれを楽しんでみて。

年齢を重ねると、今まで感じなかったファッションのお悩みが出てくることも。ですが、その歳でしか楽しめないスタイルがあるのも事実。大人女性ならではの品や清潔感を大切にしつつ、お悩みを解消できるコーディネートを組んでみて! いくつになっても、ファッションを自分らしく楽しみましょう。(文/natsu)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/natsu

#ファッション をまとめてチェック!
#コーディネート #ショッピング
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【福岡・佐賀】子連れおでかけスポット11選