TOP > ファッション > パステルカラーが苦手な人も!2021年買った「白アイテム」で作る大人の春コーデ<アナウンサー伊藤舞>

パステルカラーが苦手な人も!2021年買った「白アイテム」で作る大人の春コーデ<アナウンサー伊藤舞>

2021.03.31

こんにちは。FBSアナウンサーの伊藤舞です。

すっかり暖かくなり、ファッションも春本番ですね!

モノトーンが好きな私は、この時期多く見かける春らしい色合いの洋服が、正直あまり得意ではありません。

ですので、春は“白ベースのコーディネート”で明るく見えるように心がけています。

今回は、そんな私がこの春買った“白アイテム”を紹介します。

1:コットンティアードスカート

『CASA FLINE(カーサフライン)』のコットンティアードスカートは、この春のお気に入りアイテム。

コットンの柔らかい素材が二重三重に重なったスカートで、ふんわりやさしい雰囲気です。

コットンティアードスカート

画像:伊藤舞

アイテム自体がガーリーなので、私はスニーカーなどのカジュアルアイテムを合わせたり、モノトーンでコーディネートしたりするようにしています。

コットンティアードスカート

画像:伊藤舞

トップスのインナーやスニーカーも白系で合わせて、全体的に黒より白の面積を多く。自分らしいモノトーンのコーデでも春らしさを意識しています。

ほかにも、スウェットやロゴTでさらにカジュアルに見せたり、あえてカッチリめのジャケットとも合わせたりしてみたいなぁと思っています。

2:カジュアルもキレイめもOKな白シャツ

この春は、とにかく“白シャツ”が気になっていて、お店でもネットショッピングでも目に入るのは白シャツばかり。

そんな中、何着か購入したうちのひとつが、この『hholic』のバルーンブラウス。

生地をたっぷり使ったボリューミーな袖がかわいい1枚です。

カジュアルもキレイめもOKな白シャツ

画像:伊藤舞

実はこの洋服は「ARNE」のミニ番組で衣装としてお借りしたものでした。袖のかわいさはもちろん、さらりとした生地の着心地も良くて、後日購入!

私は、ベーシックなアイテムになりがちな白シャツこそ、ちょっとデザイン性のあるものを取り入れるようにしています。

カジュアルもキレイめもOKな白シャツ

画像:伊藤舞

きちんとしたパンツでキレイめコーデや、デニムに合わせてカジュアルコーデ。さらに、キャミワンピやジレを重ねて袖をアクセントに……と、1枚でいろいろな表情を見せてくれるので重宝しています。

3:親子でお揃いのバレエシューズ

暖かくなると、白い靴が履きたくなりますよね?

今年はオフホワイトのバレーシューズを購入しました。深めの甲と存在感のある太めのリボンがお気に入りの一足。

つま先がスクエアなので、足先に負担なく履けます。

親子でお揃いのバレエシューズ

画像:伊藤舞

実はこの靴は『ZARA』のキッズのもの。ZARAのキッズはサイズが豊富で、靴は25㎝まであるんです。

大人でも履きたくなるオシャレなデザインのものが多く、こまめにチェックしています。

親子でお揃いのバレエシューズ

画像:伊藤舞

今回は、娘とおそろいで購入しました。娘も「ママとおそろいの靴!」と喜んで履きます。小さいサイズは、脱げにくいように甲の部分にゴムがついているので娘も履きやすそう!

お揃いで購入できるのもZARAならでは。白は汚れやすいのでプチプラなのもうれしいポイントです。

白いアイテムはどんなコーディネートにもだいたいなじんでくれるので、買い物で失敗することがありません。(汚れやすさは気になるところですが……)

まさに万能! 春物のお買い物に迷ったときは、ぜひ、“白いアイテム”を手に取ってみてくださいね。(文/伊藤舞)
※この記事は公開時点での情報です(現在の在庫状況等は分かりかねます。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください)。

【参考・画像】
※文・画像/伊藤舞

#ファッション をまとめてチェック!
#コーディネート #ショッピング
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【美容師おすすめ】長期間楽しめるヘアカラー
【ダイソー】2児のママが手放せない便利グッズ
【無印良品】エイジングケアクリーム使用レポ