TOP > カルチャー > シンプルでスタイリッシュな空間がたまらない!“コーヒーも飲める”新オープンのアートギャラリー(福岡市中央区平尾)

シンプルでスタイリッシュな空間がたまらない!“コーヒーも飲める”新オープンのアートギャラリー(福岡市中央区平尾)

2021.06.25

【2021年6月21日~7月11日、北九州市・福岡市・久留米市にまん延防止等重点措置が出されています】
この記事は不要不急の外出を促す意図があるものではありません。
“自粛疲れ”な毎日の息抜きに、 「テイクアウトで楽しみたい」「いつか行きたい」お店・おでかけ先の候補選びの参考としてお楽しみください。
また、外出の際は「3密を回避」「手指の消毒」「マスクの着用」などの感染対策をしっかりと行い、一人ひとり責任のある行動を取りましょう。

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

世界を旅することが大好きな、東雲志乃です。

たくさん雨が降ったと思ったら急に真夏のように暑い日がやってきたりと、梅雨と夏が同時にやってきたような日々が続きますね。

そんな中、お天気の機嫌に惑わされずゆっくり過ごせそうな、ニューオープンのアートギャラリーをご紹介します。

圧倒的な開放感がたまらない!広々とした空間が魅力的なアートギャラリー「other(アザー)」(福岡市中央区平尾)

other 外観

画像:東雲志乃

福岡市中央区平尾のマンションや飲食店が連なる「山荘通り」沿いを歩いていると、全面ガラス張りのNewスポットを発見! 「ここはなんだろう!?」と、好奇心を抱かずにはいられない佇まいです。

気になるこちらは、2021年6月4日にオープンしたばかりのアートギャラリー『other(アザー)』!

other ロゴ

画像:東雲志乃

中に一歩足を踏み入れてみると、予想以上の広さ! 広々とした空間があまりにも心地良くて、一気に心を掴まれます。

白・グレー・シルバーが基調のスタイリッシュな店内は、あえて剥き出しにしている空調や配管、床のコンクリートがクールな雰囲気です。

other 店内

画像:東雲志乃

現場作業用の重厚な金具をディスプレイ用の什器として使っているのも斬新で、まさに“シンプル・イズ・ベスト”を感じるかっこよさ!

other 什器

画像:東雲志乃

広い壁、そして贅沢にスペースを使って展示されているアート作品。この余裕を感じるシンプルな空間が、作品の良さをさらに際立たせます。

other 店内

画像:東雲志乃

平尾にいるのに、どこか海外のギャラリーにでも来たような気分♪

other 写真集

画像:東雲志乃

定期的に変わる展示情報は、インスタグラム(@other_jp)にてお見逃しなく! 展示作品に付随したアパレルなどの取り扱いもあるので、要チェックです。

other アパレル

画像:東雲志乃

海外から取り寄せられた珍しいZINE(ジン)や個性的な書籍も!

また、このギャラリーでは、ウェブ上で絶大な人気を博している作家の書籍を手に取ることもできます。

たとえば、爪切男さんの『死にたい夜にかぎって』や、燃え殻さんの『ボクたちはみんな大人になれなかった』など。

other 書籍

画像:東雲志乃

このギャラリーの雰囲気にもぴったりな、独特な感性を放つ作家さんたちの書籍です。

other 書籍

画像:東雲志乃

チラリと1ページでも覗いてしまった日には、きっと続きが読みたくてうずうず。そのままゲットしちゃうってこともありそう!

other 店内

画像:東雲志乃

さらに、海外から取り寄せたZINE(ジン/自主制作マガジン)にも注目です。

例えば、グラフィックデザイナーであるアーロン・ファビン氏が設立した、スイス、チューリッヒのインディペンデント出版社『innen(インネン)』のもの。

ジャンルを超えた幅広い現代作家の作品をフィーチャーし、圧倒的な存在感を放つZINEが大人気です。

other zine

画像:東雲志乃

ユニークなもの、メッセージ性の強いものなど、個性の強さと内容の濃さは抜群。

ここに設置されているZINEは、ひとつとして同じものがないので、お気に入りが見つかったらぜひゲットすることをおススメします!

1冊1,000〜2,000円前後という価格も魅力的ですよ。

アートに触れながらコーヒーブレイクはいかが?

dudly カフェ

画像:東雲志乃

ひと通りアートを楽しんだならば、ギャラリー内にあるカフェ『DUDLEY coffee(ダッドリーコーヒー)』で、ひと息ついてはいかがでしょうか。

もちろんこの季節ですもの。何よりも先に、乾いた喉へと潤いを与えたいのならば、まずはドリンクをオーダー! それからコーヒー片手にアート鑑賞をするのもまた一興ですね。

dudly コーヒー

画像:東雲志乃

ドリンクは、コーヒー類だけでなく、レモネードやココアなどもありますよ(320円~600円)。

備えられたステンレスのテーブルやスケルトンの椅子も、シンプルさがかっこよく、スッキリしていて気持ち良い〜。

other 店内

画像:東雲志乃

一切の圧迫感を感じず、こんなにゆとりのある空間で飲むコーヒーのおいしさといったら……♡ 『クッキー』(320円)や『ブラウニー』(400円)などのちょっとしたスイーツもあって、こりゃあ長居しちゃいそうな予感!

dudly カフェ

画像:東雲志乃

ギャラリーをあとにするころ溢れ出す、得も言われぬ満足感。それは、この贅沢な空間使いの心地よさを、身も心もしっかりと感じているからのような気がします。

一見、究極にシンプルなギャラリーでいて、揃えられたアートの中身はとても濃厚。ぜひ心ゆくまで開放感に身を委ね、すてきな時間を過ごしてくださいね。(文/東雲志乃)

<店舗情報>
■other(アザー)
住所:福岡市中央区平尾5-4-33
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/東雲志乃

#ニューオープン をまとめてチェック!
#福岡周辺 #カフェ #カルチャー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【美容師おすすめ】長期間楽しめるヘアカラー
【ダイソー】2児のママが手放せない便利グッズ
【無印良品】エイジングケアクリーム使用レポ