TOP > コラム > 思わず夢中に!男性がつい許しちゃう女性の「かわいいわがまま」

思わず夢中に!男性がつい許しちゃう女性の「かわいいわがまま」

2022.03.25

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。スピリチュアルカウンセラーの幸川玲巳です。ARNEで連載中のソウルナンバー占いはチェックしていただけているでしょうか? 毎週日曜日の夜に更新されますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

私は、スピリチュアルカウンセラーとして活動する中で、恋愛についての相談をたくさん受けてきました。その経験をもとに今回も、読者のみなさまが少しでもハッピーに過ごせるような恋愛のヒントをお伝えします。

★週間占いもチェック★
幸川玲巳のソウルナンバー占い

男性が夢中になっちゃう女性のわがままって!?

男性が夢中になっちゃう女性のわがままって!?

画像:Shutterstock

今回のテーマは、「男性が夢中になってしまう女性のわがまま」について。実は男性は女性のわがままに対して意外と寛容なことも多いです。寛容どころか改めて「この子を大事にしたい!」という気持ちになるわがままもあるみたいなのです。

いつもお伝えしていますが男性と女性では脳の作りが違うといわれています。

男性性のエネルギーが強く働いている男性という生き物の脳と、女性性エネルギーが強く働いている女性の脳は、思考習慣・行動の違いが出るものです。そのため、女性と男性では、されてうれしいことが驚くほど違うのです。

女性側からすると「こんなことをすると嫌われてしまうかも」と思うようなことでも、男性はむしろあなたへの気持ちが燃え上がったり、特にわがままを言われて、さらに彼女のことを好きになったりする場合も。

それではここからは、実際に、どういうわがままが男性を夢中にさせるのかお伝えしていきますね。

その1:「デザート食べていい?」

男性と食事をしているとき、彼の前で小食アピールしていませんか? もしそうなら、今すぐやめましょう!

以前のコラムでもお伝えしたとおり、私のこれまでの経験上、特に仕事ができる男性は食欲のある女性が大好きだと思います。これは生命力=セクシーさを感じるからというのもありますが、この「デザート食べていい?」に関してはさらに甘いものを食べる女性=かわいい、守ってあげたくなるという男性がとても多いのです。

もし女性の皆さんが甘いものが苦手であっても男性の保護欲求を刺激して、彼に男らしく振る舞ってほしいと思うのであれば、トライする価値はありそうです。

ちなみにどうしても甘いものが苦手なら、もう一つ、秘策があります! それは彼にオーダーをお願いすること。女性が率先して店員さんを呼んでオーダーするのではなく「カクテル頼んでもらっていい?」とお願いしてみてください。

これはデザートをおねだりしたときも同じ。必ず彼にオーダーを任せるようにしてみて。特に男性はお店で、彼女にてきぱきと仕切られるのを好みません。オーダーを任せてエスコートしてもらうように仕向けてみてくださいね。

その2:「もう一回やる!」

男性とバトルして負けても闘志をみせる

画像:Shutterstock

これはたとえば彼と何か勝負をしたとき……じゃんけんや、簡単なゲームでいいのですが、あなたが勝ったときも、負けたときも「もう一回やる!」と闘志をみせるのです。男性は力勝負などで完全に女性が強かったり、口で言い負かされたりすると萎えてしまいがちな生き物ですが、ちょっと勝気、ちょっと負けず嫌い、ちょっとチャレンジャーな女性は大好きなのです。

ここでのポイントは「ちょっとだけ」というところ。彼と真剣勝負をして、彼の存在を忘れて、勝ち誇った顔で彼をバカにするということではないので気をつけて。理想的なのは彼がゲームに勝ったとき、顔を真っ赤にして「もう一回やる!」とムキになった結果のわがままです。男性はこういう女性に興奮するようなのです。

本来、男性はいじけて泣いてしまう女性より、ちょっぴりタフな女性が好きなのです。ペットのチワワが興奮してあなたに向かってじゃれてくる姿は愛おしいでしょう? もちろん、チワワとあなたはイコールではありませんが、男性は女性のムキになった姿をみると無条件にかわいくて仕方ないと感じてしまうようです。

その3:「今日は会えない」

彼からドタキャンされると悲しい気分になるから、彼には同じように悲しい気持ちにさせたくないという女性の声をよく聞きます。しかし男性は、当然女性からドタキャンされると、さみしい気分にはなるのですが、仕事が理由など、彼女が自分の世界をちゃんと持っていると感じられる場合は、むしろ、彼女のことを追いかけたくなるようなのです。

これは女性のクライアントさまからよく聞く話なのですが、仕事で泣く泣くデートをドタキャンしたら、そのあと、彼が付き合い始めの頃のような勢いと情熱で「じゃあ次はいつ会える?」「こんなに会えないと寂しいね」などと言ってくることが多いのだそう。

つまり男性は自分の世界をしっかり持っている女性に対し、追いかけたい気持ちに火が付くことが多いということ。これは男性性が本来持っている狩猟本能を刺激した行動だからです。

手に入れたと思った女性が、思うようにならない。思ったタイミングで会えない。こうなると、たとえお付き合いが長い彼女であっても彼女を完全に手に入れたように思えない、スリリングな気持ちが戻ってくるのでしょう。

彼が最近、なんとなく前のように情熱的でないと感じたら意図的にデートをキャンセルしてあなたの好きなことをする日にしてもいいかもしれません。ただ、実践する場合は彼に迷惑をかけすぎないように注意して。

彼を夢中にさせたいあなたへ幸川玲巳からのアドバイス

幸川玲巳

画像:幸川玲巳

先程も少し触れましたが、多くの女性は、男性に対して、負担を掛けたくない、迷惑をかけたくないと言います。しかし男性からすると、女性が言う迷惑や負担は、むしろまったく嫌な気分にならないこともたくさんあるようです。

特に男性は自分が頼られていると、男性性特有の保護本能を満たされると感じたり、彼女が完全に自分のものになっていないと思えば男性性特有の狩猟本能を刺激されたりと、いつまでもその女性を宝物のように大切にしたくなるのです。

基本は彼に任せて。あなたが「敵」にならないように

基本は彼に任せて。あなたが「敵」にならないように

画像:Shutterstock

男性はどんなに弱く見える人であっても、頼られたり褒められたりすると「ヒーロー」になろうとする本能を持っています。もし、あなたがどうしても彼にしてほしいことがあるときは、遠慮なく伝えてみてください。多くの男性は、あなたのリクエストに応えようとすることが多いでしょう。

ただし、女性側が気を付けなければならないことがあります。

それは知らず知らずのうちに男性に対して命令口調になっていたり、いちいち彼の言葉を否定したりといったことがないようにすること。そういったことが続くと、あなたのわがままなんか聞きたくない、むしろうざくて仕方がない、嫌悪感しかないというふうになっていく可能性があります。

男性はタフな女性は好きですが、彼の男のプライドをへし折るような女性は彼女ではなく「敵」に感じる生き物。男性は一度女性を「敵」だとみなすと、急に気持ちが冷めてしまう面があります。男性にとって女性は自分をヒーローの気持ちにしてくれるかわいいヒロインでないと、異性として大切にしたい気持ちにはなれないもの。

大切なパートナーに、ずっと大切にしてもらいたいなら女性側が普段から心がけておくべきことがあります。

「尊敬」している部分を言葉にして伝えて

それは、彼のすてきな部分を言葉にして伝えること。これは何も毎日顔を合わすたびにおべんちゃらを言ったり、彼らに媚びたりするということではありません。

あなたが彼のすてきだな、ここは尊敬できる!という部分を、たとえ喧嘩していても、折に触れて必ず伝えるようにしてみましょう。

ほかならぬあなたというすてきな女性が好きになった男性なのですから、必ず尊敬できるすてきなところがあるはずです。そして、彼らがしてくれたことに心から感謝し、ちゃんと言葉で伝えてあげてください。

この2つを忘れなければ、彼らはお付き合いして何年経とうが、結婚10年目であろうがあなたのどんなお願いもたいていのことは「かわいいな」と思って受け入れてくれるでしょう。

普段からあなたの感じている彼への素直な愛を表現することで、彼の愛をちゃんと感じることができるはずです。喧嘩をしたとしても、あなたが普段から彼の尊敬できることを伝えていれば、仲直りも早くなるはず。ぜひ意識してみてくださいね。(文/幸川玲巳)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文/幸川玲巳
※画像/Kate Kultsevych、New Africa、SimonVera/Shutterstock

#恋愛 をまとめてチェック!
#幸川玲巳のソウルナンバー占い #コラム
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年上半期の運勢
【整理のプロ直伝】部屋をスッキリ見せるコツ
【福岡県内の絶景】あじさいの名所15選