TOP > ビューティー・ヘルスケア > これなら毎日続けられそう!“手ぐしでOK”美容師が教える「基本の乾かし方」3ステップ

これなら毎日続けられそう!“手ぐしでOK”美容師が教える「基本の乾かし方」3ステップ

こんにちは! 天神の美容室「HEART」のスタイリスト・オギサヤカです。

お客さんから「髪の毛って絶対に乾かさないとダメですか?」という質問をよく受けます。美容師さんに質問したことがある方も多いのではないでしょうか?

もちろん、「乾かしてくださいね〜」とお答えするのですが、私自身も髪が多く、長く、くせっ毛でおまけにブリーチ毛でして。とにかく、なかなか乾きません。

「どうしても乾かさないとダメですか?」と聞きたくなる気持ちはよくわかります。

そこで今回は、ブラシやくるくるドライヤー(ブラシ付きのドライヤー)を使わない簡単な髪の乾かし方について3ステップでお伝えします。

最低でもこれだけ押さえておけば早く乾かせますし、おまけに髪の毛もまとまってくれるのでぜひ参考にしてください。

1:しっかりとタオルドライ

しっかりと頭皮をタオルドライします。髪の毛から水が滴らないくらいになるまでしっかりと。

髪の毛がまとまるドライヤーの仕方

画像:オギサヤカ

このときの注意点は、「髪の毛をゴシゴシしないこと」。特にロングヘアの方は注意してください。髪の毛は、しっかりとタオルで絞るように押さえると良いですよ。

濡れた状態の髪の毛は超ナイーブで、髪の毛同士がゴシゴシ擦れてしまうとダメージに繋がります。

もしも髪が濡れた状態のまま寝てしまうと枕の摩擦などでダメージとなってしまうので、これは濡れたまま寝てはいけない理由の一つです。

オイルやミルクなどのアウトバスアイテムを使う方は、タオルドライの後につけてください。

2:浮きやすい場所から乾かす

前髪が浮く方は前髪から、襟足が浮く方は襟足から、浮きやすい場所から乾かします。

髪の毛がまとまるドライヤーの仕方

画像:オギサヤカ

続いて頭皮をしっかり乾かし、ある程度乾いたら全体の根元を乾かします。

ドライヤーは頭皮に当てるようにしてください。

3:毛先をハンドブロー

髪の毛がまとまるドライヤーの仕方

画像:オギサヤカ

くせの強い方は空いているほうの手で髪の毛を伸ばすようにして乾かします。

そのときに、頭の丸みに沿うように手を動かしてみてください。頭は丸いので前から後ろからと頭を撫でるように乾かすと自然と髪はおさまってくれます。

ポイントはドライヤーを下からでなく上から当てることです。下から当てるとボリュームが出てしまいます(ボリュームが欲しい方は下から当てても◎)。

髪の毛がまとまるドライヤーの仕方

画像:オギサヤカ

以上、簡単な乾かし方のコツでした!

一気に全部頑張ろうとすると疲れちゃいますよね。きちんと乾かしてなかったなという方や広がるのがお悩みの方は、最初はこの3点だけ気を付けて乾かしてみてください!

髪質やスタイルによっても乾かし方のポイントはほかにも必ずあるので、担当美容師さんに相談してくださいね。ただ乾かすだけでなくてドライもスタイルづくりの大事なポイントです。

空気が乾燥する季節、頭皮も髪の毛もお肌と同じようにケアしてあげてくださいね。(文/オギサヤカ)

【参考・画像】
オギサヤカ

#ヘアケア・ヘアアレンジ をまとめてチェック!
#ビューティー #ファッション #美容
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

fukuokaparco

<こんな記事も読まれています>
テンションあがる!ご褒美アイテム5選
【ヤバイ!】マスク肌荒れをレスキュー
1つ3役でお得すぎ!ホリデー限定コスメ