TOP > ビューティー・ヘルスケア > 実は間違ってるかも!? “美容師直伝”ヘアバームのNG使用法&こなれヘアの正解スタイリング3ステップ

実は間違ってるかも!? “美容師直伝”ヘアバームのNG使用法&こなれヘアの正解スタイリング3ステップ

2020.09.30

こんにちは。ヘアメイクアーティストのRumiです。

ツヤ感を出してくれたり、髪の毛をほどよくまとめてくれたり、ヘアアレンジをするときにも役立つ「ヘアバーム」。

今回はその「ヘアバーム」の正しいつけ方をご紹介します。

「ヘアバーム」「ヘアワックス」「ヘアオイル」の違い

最近は「ヘアバーム」を使う方も多いと思いますが、そもそも「ヘアバーム」と、「ヘアワックス」、「ヘアオイル」の違いについて。

「ヘアバーム」・・・“ツヤ感”と“動き”が両方叶う、オイルとワックスの中間のような存在で、ヘアアレンジをするときにも、ダウンスタイルにするときにも活躍してくれる万能アイテム。

「ヘアワックス」・・・べたつきが少なく、全体に軽い動きを出したいとき、毛先に動きを出したいときにおすすめのアイテム。

「ヘアオイル」・・・ドライヤーの前後や、しっかりウェット感をだしたいときにおすすめのアイテム。

ここに気を付けて!間違いがちな使い方

ヘアバームを使っているという方も多いと思いますが、つけ方を間違えてしまうと“べたつき感”が目立ってしまうこともあります。

その間違ったつけ方が、「根本中心につけすぎてしまう」こと。

べたつき感を出さないためには、根本中心ではなく、髪の毛の下半分からボリュームを抑えるようにつけるのがポイントです。下から上にあがるイメージでつけると◎。

オイルっぽい感じで伸びてくれるので、少量ずつつけるのもポイントです。

こなれヘアが叶う♡ヘアバームの“正しい”スタイリング方法

ヘアバームの使い方

画像:Rumi

ここからは、こなれヘアが叶うヘアバームの正しいスタイリング方法をご紹介します。

◆スタイリング動画

Step1:手のひらでスタイリング剤をやわらかくする

ヘアバームを髪の毛につける前に、手のひらを使ってスタイリング剤をやわらかくします。

このとき、手のひらだけに伸ばすのではなく、指先まで伸ばすようにしてください。

Step2:全体にヘアバームをなじませる

ヘアバームの使い方

画像:Rumi

髪の毛の下半分、根本の方からヘアバームをなじませます。

特に、毛量が多い方は、ボリュームを抑えるようになじませてあげると良いです。

Step3:前髪部分と毛先部分になじませる

ヘアバームの使い方

画像:Rumi

髪の毛をセンター分けにして、オールバックにするようになじませます。

このとき、生え際がべたつかないように、生え際から2cmくらい残してオールバックにするのがポイントです(どのくらい残すかは毛量によって調整してください)。

最後に乾燥しやすい毛先になじませたらOK!

ヘアバームが足りない場合は、“少しずつ”追加してくださいね。

完成!

ヘアバームの使い方

画像:Rumi

動画の中では、表面を無造作な波巻きに、毛先は外ハネにしてみました。

もちろん、表面を無造作に巻くだけ、毛先を外ハネにするだけでもでもOKです。かわいくもクールにも仕上げられますよ。

ヘアバームは、どんなスタイリングにも使えて便利なアイテムなので、ぜひ“正しい”使い方で使ってくださいね。(文/Rumi)

【参考・画像】

※Rumi

この記事は公開時点での情報です。

<こんな記事も読まれています>

決め手は指使い!ヘアメイクアーティストが教える“マスク時代にこだわりたい”まゆ毛の描き方

ヘアピンいらず!美容師Rumiが教える簡単「お団子ヘアの作り方」コツ3つ

福岡市内から約1時間!この秋のドライブはグルメが充実の福津市がアツい!<2020年秋の見どころ6選>(AD)