TOP > ビューティー・ヘルスケア > 顔を短く見せたい!間延び感に悩むアラサー必見【メイク講師直伝】垢抜けテク3つ
メリハリメイク

顔を短く見せたい!間延び感に悩むアラサー必見【メイク講師直伝】垢抜けテク3つ

2023.03.13

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。メイク講師のshinaです。私自身、30代で2人の子どもを育てていることから、Instagramではアラサー女子やママのための垢抜けメイクも発信しています。

30代になると、20代の頃にはなかった肌のたるみが出始めることで立体感が薄れ、年齢とともに伸びた印象になりがちな顔の中心部分。

最近、顔がのっぺりとしてメイクがしっくりこない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、のっぺり顔を解消する「メリハリメイク」をご紹介します。

ポイントは顔の中心部分の余白を少なく、短く見せること。立体感のある垢抜け顔に変えていきましょう。

メリハリメイクの要!下まぶたのアイメイクテクニック

まずは、頬の範囲を短く見せる、下まぶたのアイメイクテクニックから。

はじめに、下まぶた全体にベージュ系のアイシャドウを塗ります。

下まぶたのアイメイクテクニック

画像:shina

次に、笑ったときにできる涙袋の下の線に沿って、ブラウンのアイブロウペンシルやアイライナーペンシルを使って影を描きましょう。

下まぶたのアイメイクテクニック

画像:shina

このとき、黒目の下にのみ薄く細く描くと、アラサー世代でも取り入れやすい、自然な涙袋に仕上がります。

そのあと、黒目の終わりから目尻にかけて、ブラウン系などの締め色アイシャドウをつけ、目元に立体感を演出します。

下まぶたのアイメイクテクニック

画像:shina

濃すぎると不自然な印象になるため、細めのアイシャドウブラシで目尻から黒目に向かってつけると、グラデーションがきれいに仕上がりますよ。

血色&小顔効果もあるチークテクニック

次は、チークのテクニック。血色感を出すために塗るチークですが、頬の余白を埋めて小顔に見せられる効果もあります。

つける位置を間違えると頬全体が下がって逆に老けてみえることもあるため、つける位置をマスターしましょう。

まず、目尻からまっすぐ頬へ下がると頬骨があります。この頬骨の一番高い部分にブラシを置き、耳上まで少し斜めにブラシをスライドさせましょう。こうすることで、頬がリフトアップして見えますよ。

チークテクニック

画像:shina

そのあと、チークがついた部分をブラシで軽く上下に動かしてぼかしていきます。鼻より下のラインにチークがつかないように注意してください。

チークの色は、主張の強い濃い色よりも、コーラル系などの色のほうが肌によくなじみ、自然な血色感も出してくれるのでおすすめです。

また、パールが入っているチークを使用すると程よいツヤを演出でき、若々しく生き生きとした肌に見せられますよ。

間延び感を減らすリップテクニック

最後に、リップのメリハリテクニック。上唇のみ少しだけオーバーリップにすることで、顔の中心部分を短く見せられる効果があります。

まずは、唇の山から。自分の唇の山を完全に覆うようにリップを塗ります。

リップテクニック

画像:shina

このとき、リップブラシを使うと輪郭が描きやすいため、おすすめです。

リップテクニック

画像:shina

次に、上唇の口角から唇の山へリップを塗って繋げます。ただしやりすぎは厳禁。自然に見えるよう、自分の唇よりもほんの少しだけはみ出して塗るようにしましょう。

そのあとは、下唇。下唇は唇の線に沿って、はみ出さないように塗ります。

リップはみずみずしいシアーなものを選ぶか、ベージュ系のカラーを選ぶと、大人メイクでもやりすぎ感が出ずに使いやすいですよ。

仕上げに、唇の山から中央に向かってくぼむように「V」の形でハイライトを入れましょう。より唇がふっくらとみえて顔ののっぺり感が軽減されます。

リップテクニック

画像:shina

上唇のみオーバーリップにすることで、間延び感が減り、やりすぎない自然なリップが完成しますよ。

メリハリテクニックにより立体感を作ることで、のっぺり顔からメリハリのある垢抜け顔にすることができます。ぜひ、挑戦してみてくださいね!(文/shina)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/shina

#メイク をまとめてチェック!
#美容 #ビューティー
 #スキンケア
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【天神】日本初上陸!韓国明洞の人気店
【福岡家族風呂】筑紫野市のおすすめ施設
【毎週水曜更新】イヴルルド遙華の12星座占い